メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
幸せのラベンダー

立脇バレエ研究所のレッスン室南側には
とても香りの良いラベンダーがあります。
先日ラベンダーを頂きに行き
紘子先生にもお手伝いいただいて
ラベンダーを摘ませていただきました。
その時にレッスン室から、自由美先生の溌剌とした声が
聴こえてきて、背筋が伸び、元気が出ました。
後日私たちがラベンダーを摘んでいる時に香りがレッスン室に
運ばれて、とても気持ちが良かったと教えていただきました。
今日は、お礼の気持ちを込めて、紘子先生に
バンドルズ作りをお教えするために出かけました。
久しぶりにユーミンの曲を聴きながら片道30分を楽しみました。ユーミンの曲はいつの時代のものも好きですが
青春時代によく聴いた「荒井由美」の頃の曲が
特に胸を熱くします。
帰りにまた、ラベンダーと水路の脇の
スペアミントをいただいて帰りました。
車が揺れる度に、助手席のラベンダーとスペアミントが香り立って
「ああ、幸せ」
日常はいろいろありますが・・・・
窓に映った青空や、ラベンダーのいい香りや、そんな小さな幸せに喜んでいたら
いつのまにか、周りは幸せでいっぱいになりそうです!

学ぶということ

学ぶということは、何が欠けているか知ること。
そんな風に思います。
興味のあることだけ、都合の良いことだけでなく
系統的に専門家から学ぶこと、様々な側面からものを見る事
多様な価値観の中から選んで行く生き方
学べば学ぶほど、足りないものに気づいていく
植物の持つ有用成分
渕野先生に講演をお願いしたときに、自分の専門の守備範囲のお話なら
とのお返事でした。それで、もちろん結講です、と
お願いしたのですが、ハーブ関係者ということに沿っての
講演内容、そして事前にお伝えした質問について
詳しくまとめてくださり、大変勉強になりました。
花言葉

古い友人にカフェでばったり出会いました。
その人は40代の時に、ご主人がある朝起きて来なかった、という別れ方をされた方で、葬儀の時にはかける言葉もなく、後日ボリジの種を送った人です。
このエピソードは、ハーブ教室にいらっしゃる方にはよくお話するのでご存知の方も多いと思うのですが
******
「逆境から立ち上がるエネルギー」という花言葉を持つ種です。良かったら蒔いてみてください。春に芽が出る頃にはお元気になられますように
******
そんな言葉と共に我が家のボリジの種をお送りしました。
こぼれ種で放っておいても芽が出ることはわかっていたので
必ず芽を出し、彼女を勇気づけてくれると信じて。
ところが、この花言葉はカモミールの花言葉だったことに
その後すぐに気づきましたが、春になって、友人からボリジの芽が出た、私は元気ですよ、と嬉しいお便りをいただきました。

当時は、私も小さな子供を抱えてフルタイムで勤めていたので、ゆっくりハーブの本を見る時間もありませんでした。
花言葉が正しいかどうかなんて、人間が決めたことですから
そう信じられれば、いいのではないかと思いました。
今日は、お互いに一人だったので、ご一緒して暫く話しました。
あの時の、種をもらったの本当に良かった。
忙しくしてても、ふと、庭にハーブを植えたら元気になれるような気がするのよね、と話してくれました。
花言葉の間違いを伝えようかと思いましたが、次の予定に遅れそうでしたので、またお会いしたときに、とそのまま分かれました。
母に贈るバラ

母に贈るバラ
今年の萬翠荘バラ展のテーマだそうです。
私も、母の日には薔薇を送っていました。ゆきさんの波動薔薇に出会った時には、母はもうこの世にはいませんでしたが、白いカーネーションの代わりに白い薔薇の花束を仏壇に供えました。
赤い花束は義母へ
結婚したときから、母と義母には同じ物を贈るようにしてきました。今はもう、この世に母と呼べる人は義母だけですが
母の日だけは、同じように・・・・
少し早めの
母に贈る薔薇
「見つける」のではなく「思い出す」故郷


娘のリクエストで愛媛の観光地を探していました。

1泊2日という短い帰省を終えた娘から岡山へ帰る車窓からの夕日が送られてきて、今更ながら、ああ、そうだった、愛媛には豊かな森、美しい瀬戸内海という人の手では造ることのできない壮大な自然があった・・・と改めて思いました。

久万高原や瀬戸内海の島々

子ども達が小さい頃によく連れていきました。
何をしたか、いつ頃だったか、という記憶は無くても
子ども達の心には愛媛の山の美しい緑や紅葉
煌めく瀬戸内海の波や夕日が記憶されているのでしょう。

改めて、子どもの頃に自然と触れ合う体験をすることの大切さを感じました。
子ども達はいつか、自然とは遠い場所、関わりのない仕事に就くこともあると思いますが、心の中に故郷の自然があるということは、親がしてやれる一番の「教育」ではないかとしみじみ思いました。


プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する