メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
草風音

ベルローズさんで開催された
プランツシンフォニー 薄茶席
に参加しました。

プランツシンフォニーとは
苔玉アーティストの佐光有紀子さん
長屋敷窯の寺田薫さん
ベルローズの岡野ゆきさん
の3人の素敵な女性が植物を中心にしての活動グループだそうです。

お茶の社中のお仲間だそうで、素敵な薄茶会も開催されました。

薔薇尽くしの、今日の為に焼かれた器、掛け物、茶道具、お菓子


アメリカの動きが世界中の人を不安にしていますが
今日、この日を楽しみましょうというゆきさんのご挨拶に、なるほどと頷いて。

他のみなさんのような、賑やかなものではありませんが
私らしい、周りにある草を添えた苔玉アレンジが出来ました。

ゼロの私

植物については、少しは知識や考えもありますが
受講生として、全てをゼロにして学ぶ・・・・
そんなことを改めて意識させてくれたのは
ハーブ教室にお越しのお仲間

そして「草風音」
草風は私のテーマ。そして久しぶりに取り出して読み直した
志村ふくみさんの随筆にある「野草の音色」
野草が奏でる音を聴き、色に映して、老いて行くばかりでなく、そのどこか一部に新しい自分をみつけられますよう


たくさんの気付きを頂いた霜月の1日でした。
小説 「言の葉の庭」

2013年11月
ビデオレンタルは1週間でも見ることができず、やはり、時間を作って劇場へ行くか購入するかしかないなあと思っていた頃。
あの頃も志保さんとの約束が心にひっかかっていながら
出来ない理由ばかり数えて、永遠に先延ばしにしようかと思っていた頃でした。
買い物帰りに通りかかり、それこそ
「呼ばれるように」ふと立ち寄ると、レジ前にたった1枚あった
「言の葉の庭」が目に飛び込んできてすぐにレンタルして帰りました。
50分という短さもあって、夕食の支度を終えた後
一気に観ました。そして返却日まで、美しいシーンを
くり返し観ました。そしてブログにも書きましたが
この出会いは意味のあるものでした。
***************
世はアロマやハーブが代替医療的な期待にもてはやされていますが
自分がなぜ香草が好きなのか・・・そういうことを
「思い出せ」と目には見えない誰かに言われて手に取ったのかもしれません。
http://naturalspacetazzy.blog83.fc2.com/blog-entry-1359.html
****************
この4年の間、ずっと同じ気持ちで探していたわけではありません。
諦めかけた頃に、いつも何かが私の背中をそっと押してくれました。
天国のShihoさんに応援してもらっていると思っていましたが
お嬢さんからいただいたメッセージにあるように
寂しいという気持ちの強い方だったようですから、
励ますというより忘れないで・・・というShihoさんからの
メッセージだったように思います。
新海監督の最新作「君の名は」の公開情報の中で
前作と同じタイトルの小説があることを知り
早速取り寄せて、読んでみました。あの美しい映像がちりばめられているのかとおもいきや。全て文字ばかりの小説(当たり前ですが)。
映像では表現できないことろを言葉で表現する。見せられなかったものを言葉で補う・・・とあとがきには書かれていましたが
とても美しい言葉で語られた、完成度の高い小説でした。小説を映像にということはよくありますが、映像作家が自分の映像をベースに小説を書くという珍しい形、だからこその魅力に溢れた1冊です。
夢風船
あの日 あのカフェに行かなかったら松山を離れる中谷さんにお会いすることは無かったでしょう。
神戸に転居されると伺って、持ち歩いていた1枚の
チケットを差し上げました。
神戸布引ハーブ園ロープウエイ
その後二人のお子さんの子育に忙しくされていて
お使いになれなかったかも知れませんが
確かに手渡したチケット
当時「夢風船」と呼ばれていました。
夢の風船は久万高原天体観測館七夕コンサートへと中谷さんを運んでくれました。
素敵なピアノコンサートとプティクリフのキッチンカーによる
出前カフェ、プラネタリウム・・・・
夢いっぱいの久万高原天体観測館へいらっしゃいませんか?


7月10日13:30~
まだ少しお席があるようです。
https://www.facebook.com/events/276289569392847/
ぶどうのなみだ

絵本のような、心が喜ぶ映画を観ました。
家で細切れに観たので、その都度ワインが飲みたくなって
少しずつ飲んでいたのに、観終わるまでには空になっていました。
美しい北海道空知の空と大地
優しい人の想い
美味しい食卓とワイン
100年先へ届ける土
誰もが持っている優しい気持ちや夢


道後温泉本湯

2月末で終わる道後温泉×蜷川実花さんの窓を、やっとゆっくり見ました。
賛否両論ありましたが、私は花電車もこちらの障子も好きでした。
日本最古の温泉
次はどんなことを見せてくれるのでしょうか?


プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する