メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
旅立つ人の力

死の床にある人は、ただその日を待つだけ、と思っていましたが、
そんなことは無い、ということを親友から教わりました。
先日クロモジのことで投稿した親友真理さんは
亡くなる少し前に「よっちゃんのフルートが聴きたい」と
何度も言ってくれました。
これにはいろんな意味が含まれていたと思います。
高校の音楽科から東京音楽大学へ進み、
音楽を何より愛していた彼女が
欠かさず子ども達のコンクールやソロコンを聴きにきてくれていたので
そういう、音楽への気持ちと、
あの頃のように元気になってホールの客席に座りたい・・
そんないろいろな思いがその言葉になったのでしょう。
もう時間がないことを感じていた私は、真理さんに聴かせるために
躍起になって、息子にフルートを演奏させて録音しようとしていました。
しかし反抗期をまだ脱していない息子とはそのことで更に関係が悪くなってしまいました。
諦めていたところ
真理さんのお嬢さんから、息子が録音したCDを持ってきた、と
知らせを貰いました。
録音する設備や時間も無いでしょうし、きっとネットから拾ってきた
音源を録音して届けたのだろう、と思いましたが、
わざわざ郊外の病院に持って行ったことについてはちょっと見直したりしました。
小さい頃から、可愛がってもらっていた事は心に刻まれていたのでしょう。
真理さんとお別れする3日前、お見舞いに行くと息子が持ってきたという
CDが枕元で流れていました。
もう彼女とは話をすることも出来ず、聴こえているのかどうかも
わかりませんでしたが、それを聴いた私は衝撃で泣いてしまいました。
息子がコンクールやソロコンテスト、発表会などで
演奏した曲が、無伴奏で流れていました。まぎれも無く本人の演奏です。
長く吹いてなかったので技量は落ちていましたが
一音一音丁寧に吹いていることが、素人の私にも感じられました。
どうせ、どこかから拾ってきた音源・・・・そんな風に息子を決めつけて
信じなかった自分・・・こんなにも誰かのために一生懸命何かをする力を
持ってたという衝撃・・・・
このことを息子と話したのは、どういう交通手段で行ったのか、というだけでいまだに、演奏をどこでしたか、録音の方法など、話したことがありません。
しかし、その日、その瞬間から、私の心は全く変わりました。
かける言葉が変わったわけでも、態度が変わったわけでもありませんが
親としての自分の在り方を反省し、息子を認め、誇りに思う気持ちが
伝わったのでしょうか、その日を境にお互いに変わり始めました。
思春期の難しい時期に、ずっと心配していろいろ話を聞いてくれたり
様々な情報を集めて教えてくれた真理さんは、この世の最後に
とてつもなく大きなプレゼントで、解決してくれたのでした。
子供は家庭や学校でつまずいても、本気で関わってくれる大人が3人いれば
立ち直ることができるそうです。
そんな大人の一人になりたい、それが私の人生の次のステージへの目標なのです。
iPhoneケース
表面の液晶は丈夫らしいけれどやはり保護したい。
でも使う時は、本体のみで。
革なので、ぎゅっと締め付けてくれて滑り出る心配がありません。

そんな希望を叶えてくれるケースは
革工房 one loop design works
の後藤琢郎さん作

旅先ではカメラなどiPhoneの利用頻度が高いので、普段にも増して重宝します。

iPhoneユーザーの後藤さんだからこその作品ですね。
お手頃価格なのも嬉しいです。
ほぼ日カズン
ほぼ日手帳カズン



私は三代目になります。
娘は今年から。

革工房 OneLoopDesignWorksの後藤琢郎さんの工房で作ってもらったカバーを娘にもプレゼントしました。
ちょっと押しつけがましいかなあ、と思っていたのですが
年末に娘からカバーはまだかと連絡があり、楽しみにしているようでホッとしました。

明るい方が私、濃い目が娘 



帰省中の自宅では、いつも開いていて何か書いているようで
なんだか嬉しくなります。
今年は私の周りでもほぼ日ユーザーが増えて嬉しいです。

カズンは重いので、普段のバッグには薄いサブ手帳を入れています。
バッグの中で広がらないようブックバンドを渋谷の東急ハンズで買いました。
バンドの色とバックルのデザインはこれが好きなのでかに座生まれではありませんが
カニのデザインを選びました。
システム手帳からほぼ日手帳カズンまで
ほぼ日手帳のカズンを使い始めて3年目です。

オリジナルを使い始めたきっかけは、1ページ目からフラットに開くこと!でした。
カズンは大きいので、家に置いて、家計当座帳や簡単な日記、ちょっとしたスクラップ、
仕事のメモ、食事の献立、体調やそれに対して行った処方箋など、
記録しておきたいことは、全部書いていますが、献立などは滅多に記録していなくて
一番多いのは読んだ本のメモです。

この人のカズン、凄い・・・ここまで使い倒すのに憧れます。
使い方もユニークでいいですね!

44835_317422435051464_672274178_n.jpg


私はデジタリアン(デジタル人間)と思われていますが
手帳大好きで、「リフィル通信」は創刊から購読していました。
廃刊になったときはとても残念でした。

リフィル通信

文具が大好きなので、手帳も日記帳から電子手帳まであらゆるものを試してみました。
手帳に関しては本1冊書けるくらいです。
売れるかどうかは別として、それほど言いたいことはある、という意味で。

yPad
P1050889.jpg

朝日新聞社出版 寄藤 文平著

「お仕事は?」と訊かれると普段は「専業主婦です」で済むのですが
仕事相手にそうも言えず、「いろいろ・・・」としか答えられない
そんな雑多なことをあれこれやっている私は、
「あ~忘れてた!」と涙目になることもよくあります。
今のところ、何とか大事には至らず乗り切っていますが・・・

手帳やデジタル機器など、いろいろ試しましたが、要は道具ではなく
道具を使う私の「態度」の問題だと思っていました。
そして一番の問題は並行してやっている仕事の一覧ができない、ということです。
先日も、「The HERB」の編集担当から、
「返事くらいしやがれ」なんてお下品な言葉ではありませんが
それに近い感情のこもった、督促メールが来て、あわてました。

依頼は、「愛媛県の御雑煮、早春の行事食など新年から節分の頃までの
料理や食材などをご紹介いただきたい」ということなのですが
最初の依頼は、「できるかどうか返事して」でした。
調べて画像を用意して、書く時間があるかな・・・と思っているうちに
時間が過ぎ、すぐに「無理」といえば簡単に断れることだったのですが
返事をしなかったばっかりに引き受けなくてはならなくなりました(涙)
なので、みなさん記事をお楽しみにね~(涙涙涙)

そんな私の手元に届きました!!

朝日新聞社のサイトではこんな風に紹介されていました。

 アナログ版「iPad」ともいうべき実用書。使いやすさはiPadの上を行きます。ビジネスマンが、いくつも抱えている案件(プロジェクト)ごとの月間スケジュールと、月間31日24時間のタイムスケジュールが一目で把握できる「デュアル・カレンダー」を掲載。半透明のペーパーを活用したアイディアスケッチ用方眼ノートも添付。アナログならではの機能性を最大限に引き出した、ヨリフジブンペイ的発想が満載です。

今、抱えていることを全部書き出したところです。
見開き2週間分ですが、左ページは 日付と時間目盛、右ページは
仕事の項目が21あって、左ページの日付に連動していますから
締め切り日を記入すると、それに向けて、仕事が集中しないよう
うまく分散して計画できますし、
やらなくていけないこと、終わったことなどが、一目瞭然。
次のページは見開き碁盤目なので、表に書ききれない、覚書やTODOなどが書けます。

この本というかノート、実は、近所の書店でビジネス書棚を見ていたら、
突然頭上に落下してきたのです。
形が本棚にきっちり入らないサイズなので、落ちやすい上に
前に見た人がいい加減に入れていたのでしょうね。
頭を直撃されて、むっとしながら拾い上げたのですが
紙の感じとか、大きさ、内容など、ずっと捜し求めていたものでした。

以前、「奇跡の林檎」の著者が、書店で耕運機の本を引き抜いたら、
福岡正信さんの本が一緒に落ちてきて
見ているうちに人生が変わった、というようなことを書いていました。
脚色に違いない、と思っていましたが・・・・
あるんですね、こういうこと・・・・




プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する