メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
教育的水族館 ~長浜水族館再建をめざして
P1050316.jpg

西村兵太郎先生絆の会からの依頼で長浜水族館の再建を求める署名をお願いしています。
お声がけした方から、長浜水族館が再建されると、折角の素敵な
長浜高校水族館が廃止されるのではないか、という危惧の声をいただきました。
確かに、廃止された長浜水族館の魚を高校の理科室で「預かって」いるのですから
戻るところができれば、全国の人から応援をいただいている
長高水族館が無くなってしまうかも知れません。

一昨年、地元の方にお勧めいただいて行ってみました。
水族館フリークですが、他のどんな水族館より、魚たちが幸せそうに見え
私の中でもハナマル水族館となりました。

青木一男ギターリサイタルの打ち合わせに共演者として
青木さんのお弟子さんで長高水族館を中心となって運営されている
門田先生も来られていたので、そのあたりをうかがってみました。

水族館の再建は、高校側も地域住民も皆が熱望しているそうです。
そして、もともと学校の隣にあったものなので
再建されれば、生徒たちも管理運営に参加するという
「教育的水族館」を目指しているそうです。
門田先生曰く、観光目的の水族館ではなく、教育や、地域と一体となった
水族館をめざしておられるのだそうです。

教育的水族館!なんて素敵なのでしょう!
是非実現してほしいですね。

こちらをご覧の方、どうぞご協力ください。
長高水族館についてはこちらをご覧ください。

長高水族館HP
長高水族館 Facebook

メリッサの庭から 長高水族館

署名の用紙はデータにてお送りしますので
私のアドレスをご存知の方はメールで、ご存知でない方は
こちらへのコメントを非公開にチェックして
アドレス(PCのみ)をお知らせください。ファイルをお送りします。
署名が集まりましたら、恐れ入りますが、署名用紙に書かれている住所にお送りください!
切手代80円のご寄付となりますが、よろしくお願いします。


アクアマリンふくしま ~ご支援お願いします!
アクアマリンふくしまbnr_title.jpg

今、日本中から熱い視線を浴びている福島県ですが
ここアクアマリンふくしまは、遠く海外からも注目される水族館です。

水族館はどこも同じと思われがちですが、地域によってずいぶん展示が変わってきます。
主に、関東以西とアメリカの水族館にしか行ったことがないので、
いつか東北方面の水族館も行ってみたいと思っていました。

HPを見ながら、ふくしま水族館の「環境水族館宣言」がすばらしいなあと
思って、ぜひ、行ってみたいと思っていました。
「子供たちが「自然への扉」を開く体験的学習の場」を目指していると。
かつて子供たちは自然への扉を、子供同士の遊びや、親と出かけること、
学校教育の場で、開いてきました。
しかし、今は、親子ともに室内型の遊びに変わり、
学校教育も、危険回避や、アレルギーなど、子供たちの体調に配慮し
危険で過酷な活動はほとんど計画されなくなりました。

mixiでご案内いただき、HPは更新できないけれど
ブログで復興状況を紹介されていることを知りました。

その中に、こんな記事がありました。

生物搬出

世間では、ふくしまの放射線量について危機感を持ってみているようですが
飼育生物診療用のレントゲン機器があるため、線量計を事務所においているそうで
福島原発の事故日からの積算で数値は124マイクロシーベルトだそうです。

目に見えない放射線は怖いですが、目に見えない人が作り出す「噂」はもっと怖いですね。

訪問できる日はまだまだ先になると思いますが応援していきたいですね!
以下、具体的なご支援のお願いです。(転載)

***************

東北地方太平洋沖地震の被災園館支援について(お願い)

今回の東日本大震災で被災された方々に心中よりお見舞い申し上げますと共に、お亡くなりになられた人々のご冥福をお祈りします。
被災地に所在する当協会会員の動物園・水族館においても、かなりの被害を受け、その再建に決意を新たにしているところです。
現在、会員園館の協力のもと、被災園館への支援飼料の輸送や、飼育動物の緊急避難などについて、動き出しております。
日ごろから動物園・水族館を応援して下さる方々を始め、多くの方から、支援や協力のお申し出の声をいただき、関係者一同、感謝の気持ちでいっぱいです。
被災地区への支援が第一ではありますが、皆さまの声を受け、この度、JAZAとして、被災した動物園・水族館を支援するために、見舞金の受付を開始いたしました。
被災園館に対し、ぜひ皆さまのご協力をいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

平成23年3月14日
財団法人 日本動物園水族館協会
会長 山本茂行

■■社団法人日本動物園水族館協会の見舞金受付口座■■
(募集期間2011年6月30日まで)

みずほ銀行 上野支店 普通預金 4180763
社団法人日本動物園水族館協会見舞金

http://www.jazga.or.jp/siryo/shien_h23_03_14.pdf

長高水族館
P1050316.jpg


八幡浜保健センター教室に行くときに、長浜高校の前を通って
赤橋を左手に見ながら、情緒溢れる長浜の町並を楽しんでいます。

その長浜高校で、地元の廃止になった水族館を引き継いで
月1回公開していると知り、行ってみたいと思っていました。
先月、お付き合いくださるお二人と約束していたのですが
私は所用でいけなくなりました。

来月も、その次も予定が入っているので、
今月行かないと、たぶんもう行かないだろう、と思い立って行ってきました。

思えば、仕事でも、家族の用事でもなく、一人で遠くまで車を走らせて
「遊び」に行くのは、久しぶりというか、覚えがありません。

高校生が運営しているということで、それなり・・・と
あまり大きな期待はしていませんでしたが
水族館フリークの私にとってベスト1の水族館でした。

まず、魚たちが愛されている、ストレスを受けていないというのが
よくわかりました。
そして、ビジネスではできない、「おもてなしの心」がありました。
潤沢に予算があるとは思えませんが、水槽も手入れが行き届いていました。

P1050325.jpgP1050322.jpg
P1050313.jpgP1050327.jpg
P1050332.jpgP1050314.jpg
P1050319.jpgP1050328.jpg

「うみほたるショーやっています」と書いてあったので
うみほたるショーを見せてください、とお願いすると、
え・・・とたじろがれて、あ、悪かったかなと思いましたが
奥で誰がやるか、ごそごそ相談していたようです。
二人の男子生徒がうみほたるが入っているらしきシャーレーをもって
こちらへどうぞ、と案内してくれたところは、化学室の奥の倉庫でした。
刺激を与えると光るので電気刺激を与えるのだそうですが
真っ暗で、どこにいるのかわかりにくく、汗をかきかきやってみせてくれました。
ぼーっと光り始めた時は、感動ものでしたが・・・
びっくりさせて悪かったかしら、とちょっぴり反省。

どうして光るの?と素朴な疑問を・・・
この少年・・・
うみほたるは体内に「ルシフェリン」と「ルシフェラーゼ」という物質を持っていて
刺激を受けるとそれが反応して外に出るため、周囲の海水が酸化して
光るんです。
とすらすらと答えてくれました。楽しそうに。

P1050335.jpgP1050336.jpg


会場では、生物の門田先生が、クラッシックギターの生演奏をされていました。
水槽でゆったりと泳ぐ魚たちを眺めながらギターの響きを聞いていると
究極の癒しを感じ、いつまでもずっと見ていたい、そんな気持ちになりました。

P1050323.jpg

そして、初公開!の三線とクラッシックギターの競演
P1050329.jpg
1曲だけのお披露目、その瞬間に居合わせてラッキーでした。
曲も大好きなビギンの「島人ぬ宝」でした。
三線は、同じく生物の重松先生。楽器もナンチャッテ三線ではなく
本格的な楽器でしたし、演奏もとても良かったです。
門田先生の歌も、すごくお上手でした。
同じ職場で同じ教科の先生がこんな風に子供たちとの活動を楽しんでいるって
とても素敵だなと思いました。

詳しくガイドしてくださったUさん、ありがとうございました。
さらっと見過ごしそうな、地味な淡水魚を詳しく一対一で説明してもらって
水族館フリークの私としては大感激でした。

P1050310_convert_20100918204136.jpg

アンケートに、赤橋の開閉も第三土曜日にしてほしい、と書きました。
長浜高校に言っても仕方ないとは思いますが
折角長高水族館ががんばっているのに、赤橋の開閉は毎週日曜日、って・・・
ちょっと残念です。遠くから行く者にとっては。
須磨海浜水族園
オープンガーデンめぐりを計画して交通機関のチケットを手配していましたが
新型インフルエンザの影響で中止になってしまいました。

オープンガーデンは、その日が一番の見ごろになるように
1年かけて、丹精してきたわけですから
簡単に中止になってしまったことが、お庭を公開予定だった方は
残念でたまらないのではないでしょうか?

仕方ないので庭めぐりと並んで大好きな水族館に行ってきました。
昔から、関西の親戚に行くと、「行ってみる?」と提案されながらも
一緒に行く地元の従兄弟たちの反対にあって
いかずじまいでしたので、やっと願いが叶っていくことができました。

P1020644.jpg


古い水族館なので、海遊館や、うみたまご、エプソンスタジアムなどと比べると
地味な印象は否めませんでしたが、元祖、生態展示らしく
お魚ライブ館では、餌の食べ方を
「テッポウウオ」「電気なまず」「ピラニア」それぞれ実際に見ることが出来ました。

それにしても、この子たち・・・こんなにぎっしりで、ストレスないんでしょうか?

P1020654.jpg





プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する