メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
緊急花粉情報!
20130226


今年は例年より、辛いという人が多いようです。
本当に花粉だけの仕業なのか疑わしい気もしますし、
お上は本当のことを実は知っているのかもしれませんが、
そのあたりを詮索したところで、何の足しにもなりませんから、
できることを粛々とやっていくしかありませんね。

アレルギー症状を抑える医薬品は即効性がありますが、だんだん効きにくくなるという残念な特徴があります。
そこで、私が7年前に20年近く悩んだアレルギー症状から逃れた
(治ったわけではなく、症状がほとんど無くなった)体験をみなさんにお話ししているのですが、
ハーブやアロマは、一時的に楽にしてくれますが、それでも行ったり来たりを繰り返しながら
徐々に「自分の力で」外部環境に影響されにくい身体になっていきます。
ハーブやアロマは、そこに至る過程を少しでも楽にしてくれるアイテムです。
そこを間違うと、すぐによくならないからやっぱりダメだ、ということになるのです。

人の身体というのは、バランスを崩した時に、どこかが傷んで何とかバランスを取っているわけですから、
その部分だけを強制的に改善しようとすると、全体のバランスが悪くなるのは、
専門家でなくてもおわかりだと思います。
ですから、症状を悪化させない要因(生活習慣や睡眠不足、食生活の偏り、ストレスなど)も
総合的に理解して、辛抱もしながら自分の力を引き出して、鍛えていくしかないのだと思います。

テレビであれがいいというとそこに走ってすぐにやめ、また次に走っている人は、
いつまで経っても良くならないどころか、不満だらけで益々悪くなる一方だと思います。

今、教室ではフィトケミカルがテーマですが、健康の維持増進はケミカルだけではない
総合的なフィジカルシンキングが大切です。

天災や人災でアレルギーの薬が手に入らなくてもへっちゃらで居られる身体を目指しましょう!
精神の筋トレ
筋肉やトレーニングについて勉強していたときに
持久力について、以前から思っていたこととぴったりの話題に出会いました。

東京大学大学院総合文化研究科 石井直方教授によると
持続的運動を繰り返す時に先に疲れるのは中枢神経だそうです。
そして、身体より頭が先にイヤだと感じて筋肉に動けという指令を出さなくなるのだそうです。
しかもそのブレーキは年齢を重ねるに従ってかかるのが早くなり
運動していない人ほどブレーキがかかりやすい(心理的限界)
習慣的に運動している人やトレーニングをしている人のほうが
心理的限界に至るまでの時間が長くなるそうです。

ああ、なるほどこれか、と思いました。
ホームレスは3日やるとやめられなくなる、とか
引きこもりは時間が経つほど復帰が難しい、と言われるのも
この精神の筋力不足が身体を動かそうとすることにブレーキをかけるのだと思います。
ホームレスではなくても、無理をしない生活をしていると
なにかと億劫になって頑張れないのではないでしょうか?

石井先生は、最近いかにして脂肪を減らすかといった風潮があるが
「何かを得るには、ある程度の努力は必要」と言われています。
確かに、精神の力は必要だとつくづく思います。

子育ての頃を振り返ると、よくあんな大変なことが出来たものだ
と思いますが、おばあちゃんになった方々を見ていると
とてもお元気に子育てに参加されています。

運動をやめても、運動していたことがある人の方が、筋肉の回復が早いと
言われているのと、こちらも同じかもしれません。
昔から心身一如と言われていますが、故事成語も科学で解明されつつありますね。


腰痛緩消法 ~心も身体も柔らかく
腰痛

こういう本で良くなった、と同じ腰痛持ちの人に話すと
詳しく話も聞かないで、そんなんじゃ治らん、整体(病院)に行かなきゃ、と異口同音。
みなさんご苦労されているので、簡単に治るわけがない、と
信じられない気持ちはわかります。

また、話していると、病院に通っている人より、整体に通っている人の方が
施術者といろいろ話をするので、良い悪いは別として
施術者の考えに洗脳されて、思い込みが強いような気がします。

でも、それこそが筋肉の緊張の原因かも知れません。
心や頭の柔軟さは、筋肉にも影響があると思っています。

この本を書店で立ち読みして、納得したので買って帰りました。
私が腰痛もちだなんて、周囲の人もあまりご存じないと思います。
学生時代に傷めて、それからずっと不安を抱えていますし、
昨年別件で受けたMRIで椎間板ヘルニアと診断されました。
運よく、友人の弟さんの整形外科にかかり、手術でなくても
腰痛体操や牽引で状態をよくすることができる、治る、と教えていただきましたので
無理をしないように、気を付けながら生活していました。
しかし、疲れがたまってくると、ぐぎっ、と魔女の一撃に泣かされるのです。

この魔女は、私がやられた~と思っていると、必ず身近な誰かも
やられた~と言っているのです。
疲れ(筋肉の緊張)が溜まってくる時期というのが、似ているのかもしれません。
ハーブティーやアロママッサージも私はそれなりに有効と思っているのですが
とりあえず、病院へ行くようにしています。

人気の病院で、行ってみると2,30人は待っているようです。
お昼前に行ったのですが、午後から予定があったので
日を改めようと、病院を出て、買い物に立ち寄ったスーパーの
書籍売り場で目に留まりました。

もしも、病院ですんなり診ていただいていたら、
私はスーパーに寄る時間はなく、2階の書店を覗くこともありませんでした。

同じように悩んでいらっしゃる方々に、お教えしたくてここに紹介します。
書店に行って見てみるか、そんなので治るわけない、と頭から否定するか・・
ご自由にどうぞ。

そして、もし本を買われたら、ちゃんと最初から全部読んで試してください。
第4章だけを見て書いてるとおりにするのではなくて、ちゃんと理解してから。
理解したら、筋肉に「緊張」をためなくなりますから、いつか「完治」すると思います。

9割というと残りの1割の人がいるじゃないか、と言われそうですね。
坂戸氏によると、腰痛緩消法普及のため、全国を回っておられるそうですが
5%の方は、自分で治そうとせず、あとの5%は薬害などで
筋肉が壊れている方だそうです。

ダメ元で、560円の本代以外何もいらないのですが、試してみられませんか?
5%の自分で治そうとしない方も、ためになるお話が沢山あります。
かつてスポーツトレーナー資格の勉強をしたので、決して間違いないと
自信を持ってお薦めします。
ただ、著者が運営する腰痛アカデミーへ参加した場合は30000円いるそうです。
本に書かれていることを試すだけでも改善すると、私は思います。
栄養をどうとるか
食事の仕方については、様々な意見があり
少食にしてみたり、温める食材を積極的に摂取したり、砂糖を断ったり、
水分をしっかり採ったり、取りすぎが良くないといわれたり
昔は、身近なものを旬の時期に採るだけだった、とか。

どれも一長一短、完全な食事の仕方というのは
人それぞれ、体質や環境によって違ってくると思います。

ただ、昔からの食生活をするということは
昔のような健康状態・・・平均寿命が50歳くらい
と考える必要があるかもしれません。

日本人は、豊富な食材が身近にありながら栄養失調の人が多いそうです。

栄養が不足すると次のようなことが起こるそうです。
糖質・・・・疲れやすい、だるい、筋肉量の減少
ビタミン・ミネラル・・・新陳代謝の低下、貧血、イライラ、不定愁訴
脂質・・・・脳出血の危険、肌のかさつき
タンパク質・・・・細胞の老化 免疫力低下

ダイエットと言う言葉が当たり前のようになってきましたが
発展途上国や紛争地域では食べるものが無く、亡くなっている人がいるのですから
ダイエットをする代わりに、バランスよく食べて、
余ったエネルギーで身体を動かし、貧しい国の人たちのために
わずかでも寄付をしたりされてはいかがでしょうか?


しいたけ皮膚炎
ご存じない方がほとんどだと思いますが
もしかしたら、症状の軽重は別として、
知らない間に罹患経験のある方もいらっしゃるかも知れません。

生食や加熱不完全なしいたけを食べた後、全身に強い掻痒が発生することがあります。
これがしいたけ皮膚炎です。

この皮膚炎を知ったのは、ある日飼い犬のボーダーコリーが
転げまわって体を掻くような行動をしばらくした後、
しいたけを決して食べなくなったからです。
これは犬の病気ではありませんが、犬も同じようなことが起こったのかも知れません。

なぜ犬がしいたけ?と思われると思いますが、姑が出しがらや
残飯を昼間に与えているようです。
一度やんわりと、何でも食べられるわけではない、とお話したことがありますが
相変わらず与えているようです。

今日は3度もしいたけの話題に出会いました。
伊予教室で、しいたけの話題になり、この皮膚炎のことをお話しました。
帰宅して、犬の散歩に出ようとしたところ
餌入れに、しいたけの軸がたくさん転がっていました。
そのことを夫に伝えたときに、今朝出張先の東京でNHKの朝の番組を見ていたら
しいたけを生食しているご老人が出られていたそうです。

この方はおそらく、しいたけ皮膚炎にはなられない体質なのでしょうが
人によっては、かなり強い痒みが長く続くようですから
生食はされませんように。

それにしても、犬は体調不良の原因を自分で見つけて、ちゃんと避けています。
我々人間も、本来はそのような能力を持っていたはずですが

今日の伊予教室のみなさんのスパイス額

P1090004.jpgP1090005.jpg
P1090001.jpgP1090008.jpg
P1090020.jpgP1090011.jpg
P1090014.jpgP1090017.jpg
P1090021.jpg




プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する