メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
空っぽ
この年になると、ぼーっとしていても知識は少しずつ増えてきますから、
いろいろな講座を受けてもたまには、知っていることもあります。
でも、いつも真っ新な気持ちで受けるようにしています。それが教えてくださる方への礼儀だと思うからです。
今日はライフオーガナイザー1級講座
終日のかなり長丁場、第一回のガイダンスでは
プロとして仕事をするための資格ですからそのつもりで臨んで欲しい・・・・と。
確かに2級講座を終えたときに、そのようにはお聞きしていたけど、私は年齢的にも、新しい資格で仕事をするということは考えず、とても関心のある内容をもっと深く学び、それを自分の暮らしや生き方に活かしたい・・・程度の気持ちで参加していました。
しかし、講座の目的に従って受講することもまた、教えてくださる方や協会への礼儀だと、心を入れ替えて参加しました。
ブータンの日めくり、今日23日は、
からっぽの容器は
もっといい音をたてる
「自分が正しいと思い込んで、他人の考えを受け入れない人より、別の価値観や新しい知識を受け入れる余裕のある人のほうが、いい考えを導きだす。いくら勉強をしても謙虚でいなくてはならない」という教えが書かれていました。
朝、それを見て、まさしく今日にぴったり、黙って勉強するぞー!と思っていたのに、考えをしっかり話しなさい、とそんな課題もあり、いろいろおしゃべりしすぎたかも

自分の機嫌をとる方法

先日参加させていただいた絵本セラピーの会の方の著書
「絵本はこころの処方箋」の中にこんな話題がありました。
「人に優しくしても、自分の心が満たされていないと辛くなることがある。ときには「こんなにしているのに・・・」と相手を責めたくなることも。まずは自分を大事にしてあげましょう。
そのためには、心を潤し、自分を満たす。
自分が満たされたうえで溢れ出た部分を誰かにプレゼントする、というのがよいのではないか」と。
地元を離れると言った、言わない、やり過ぎ、賛成、反対と
メンドクサイ嵐に翻弄されることもありますが
何を言われようと、それほど気にならないのは
多分、自分をご機嫌にしてくれる楽しい事や
美味しいものや、大好きな人との語らいが愛媛にはあり
心を満たしてくれているからだと思います。
意見が違っても友達は友達
どんなことがあってもそれは人生の全てじゃない
久しぶりに講座の打ち合わせで
アローフィールドへ行きました。
大きな薪ストーブで焼いたポテトグラタンやパン
じっくり煮込んだ野菜たっぷりのスープ
その向こうで暖かい焔が揺れて、一人静かに食べる遅い昼食
温かで静かな時間は、私をご機嫌にしてくれます。

ただ働き
最近時々、何が楽しくてただ働きしてるの?と言われます。

そんな時は、ずっと前に夫から言われた言葉をそのまま伝えています。
ある時、小学校のPTAの講座に呼んでいただき、ハーブ講座を続けたい、というご希望を頂いたのですが、専業主婦になりたてだった私は、一応夫に相談しました。

「ほとんど収入にはならないけど行っていい?」

「まあ、意義があると思えばやったらいいんじゃない?意義を感じなくても嫌な事もやるということが、給料を貰うということやから。自分は給料貰って来るから、やったら」

それから夫のおかげで、ただ働きや、時には持ち出しで働くこともありますが、自分の中に意義を感じたことはやってきました。

最初は意義を感じていても、何かヘンだぞ、と思うこともあります。行きがかり上最後までやるしかない、などということもありますが、ここに来て、ただ働きとボランティア活動は違うということを、もう一度整理しなくては、と思っています。

ボランティア活動は意義を感じて、自ら求めてやることです。一緒に活動する仲間が好きで、楽しいから参加するのです。

仕事で報酬を得て、それを使って楽しいことをする、と同じです。仕事をして報酬を得て、それを使う、という過程が無いだけです。

なので、楽しくないと思ったり、疑問を感じるようになれば、無理にそれを正そうとせず、もっと楽しいところでただ働きしたらいいのではないかなあと思う今日この頃です。
自分で気づいて変えて行く
久しぶりに息子に誘われて郊外へ食事に。お店では、ゲーム音痴の私に呆れながらも、ツムツムの遊び方を教えてくれました。
反抗期の頃は、こんな穏やかな時間はもう持てないだろう、と思っていました。
読みかけた本に
人生は自分で気づいていかなければなにも始まらない。
そう書かれていました。
他人を変えることは親子でも難しい。唯一変えられるとしたら、自分しか変えられません。95%自分は間違ってないと思っても、そこに間違った結果が在れば、気づいた5%を変える努力を、本気でしなければ何も変わらないし、何も動かないとしみじみ思います。
まあ、普通はそんな努力もいらないのでしょうけど。
<img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/t/a/z/tazzygoods/fc2blog_2016072112532588f.jpg">
Thanksgiving
George Winston Thanksgiving (Piano Solo) 1982

この季節になると聴きたくなる、収穫に感謝する曲。

日本にも古来より、新嘗祭など、天の恵みに感謝する伝統行事があります。

でも、今、私たちはそれを忘れて、コンビニに行けばいつでも
喉の乾きやお腹を充たすことができると、思っていませんか?

謙虚に真摯に、自然の恵み、私たちが科学で創りだすことができない
命や季節の巡りなどに思いを馳せてみましょう。

ハロウィンとXmasに挟まれたこの行事、お子様達に伝えませんか?




プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する