メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
「見つける」のではなく「思い出す」故郷


娘のリクエストで愛媛の観光地を探していました。

1泊2日という短い帰省を終えた娘から岡山へ帰る車窓からの夕日が送られてきて、今更ながら、ああ、そうだった、愛媛には豊かな森、美しい瀬戸内海という人の手では造ることのできない壮大な自然があった・・・と改めて思いました。

久万高原や瀬戸内海の島々

子ども達が小さい頃によく連れていきました。
何をしたか、いつ頃だったか、という記憶は無くても
子ども達の心には愛媛の山の美しい緑や紅葉
煌めく瀬戸内海の波や夕日が記憶されているのでしょう。

改めて、子どもの頃に自然と触れ合う体験をすることの大切さを感じました。
子ども達はいつか、自然とは遠い場所、関わりのない仕事に就くこともあると思いますが、心の中に故郷の自然があるということは、親がしてやれる一番の「教育」ではないかとしみじみ思いました。
自分と向き合う日
鶴見先生のMーcafe読書会に参加しました。
全8回のうちの4回目
今日のテーマは
「過去への執着を手放す」
過去に起こった辛い出来事とどう付き合うか・・・・
人生は山あり谷ありですが、息子がよく聴いていたこの歌のように、今はやっと丘に登って歩いて来た道を眺めているような気持ちがしています。
「ここから見える明日を追いかけていたい」
「遠く広がる丘に登りつめた時
何よりも輝いて僕等を照らし出すから」
「ここから見える明日にエールを贈ろう」
「降り止まない雨などここにはないから」
「ここから見える明日の絵日記描こう」
言葉の力は凄いと思います。
あの頃、心に描いた「明日」が今、現実となって
キラキラ輝いています。
この講座は、私にとってはとても貴重な学びの場でもあります。
普段は一方的にお話をすることが多く、やり取りといっても質問を受けるくらいですので、自分と全くタイプの違う方の、思いや考え方をお聞きすることは、アウトプットをする者としてもとても参考になります。
出会い


所属する協会の事務局で、以前から私のブログをご覧くださっている方に
偶然お会いしました。
協会に所属する前から、たまたま見つけてご覧くださっていたそうです。
最近は、Facebookの手軽さから、ブログの方をあまり書かなくなっていました。
世の中はSNSの時代だ、そう思っていました。
しかし、Facebookの友達から、文章が長い、と指摘されたことがあります。
もっとコンパクトに軽く書いて欲しいと言われましたが、その時は
他の方のように軽妙には書けないなあ
長いなら読んでくれなくてもいいのに・・・と心の中で思っていました。
それでも、本質に気づかず、Facebookを中心に発信をしていました。
今日、ブログを読んでくださっている方にお会いして
そうだ、私はこういう方に向けて書いていたのだ、
私らしく発信して、それを気に入って読んでくださる方に見ていただけばいい
そんな、当たり前のことに気づきました。
いつも支えてくださっているお友達と、今日出会った方と3人で
美味しい昼食とデザートを頂きました。



温かな人たちに囲まれて、優しい時間が流れる素晴らしい一日となりました。



新宿の空


降水確率18%の夜空から雨が落ちて来ました。
時雨心地・・・
故島村麻里さんが亡くなった時に心に浮かんだ言葉
あの日、新宿の焼き鳥屋で、泣きながら誓い合った約束をやっと果たす事が出来ました。
http://naturalspacetazzy.blog83.fc2.com/blog-entry-296.html
やりたい事、にやっと出会えた息子の大学院入学式でした。新宿のあの焼き鳥屋で報告したかった・・・
松山から成人した息子の入学式に出かけて来たわけではなく、新宿の空に報告にやって来たのです。
息子との関係はとても難しく、苦しい日々を越えて、今、私の荷物を持ち気遣いながら歩く息子と、彼の新しい住居にやって来ました。
こんなにゆっくり話をするのは初めてかも知れません。


ゆめさんのラベンダーケーキ

ゆめさんのラベンダーケーキ
今日のおやつは、1998年ー2002年に公開されていた
「ゆめごこち」というHPの管理者ゆめさんのラベンダーケーキ 最近のさっくりしたパウンドケーキとは違ってしっとりしています。
当時は今と違ってネット上では匿名、個人情報もほとんど
出していませんでしたので、いまだにゆめさんがどこにお住まいだったのか、わかりません。
病気を治してくるので暫くお休みと、言われていたゆめさんの
HPが久しぶりに更新されて、ご主人のご報告があり
ああ、もうゆめさんが書く文章には会えないのだ・・と
寂しく思いました。
でも、今もページはそのままにされているので
見ることができます。
ゆめさんは「あたりまえの日常」の素晴らしさを時々書かれていました。何もない当たり前がどんなに素敵か。
いろいろな渦に巻き込まれて心が悲鳴を上げそうになると
ゆめさんに会いにいきます。
ゆめさんのレシピでラベンダーケーキを焼きました。
卵やバターをたっぷり使ったしっとりしたケーキです。
ひとくち・・またひとくち・・・・
ゆめさんの心が身体の中に入ってくるようです。
今、生きていること、ただそれだけに幸せを感じることが
できるようになって・・・心が回復して行く・・
そんなお菓子なのです。


プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する