メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
万年筆
万年筆

映画「クローズド・ノート」を観て、原作を読みました。
映画では簡単に紹介されていた、万年筆のことが詳しく書かれていて
以前買った万年筆を使ってみたくなりました。
すぐに影響を受けて本当に単細胞ねえ・・・と苦笑いしながら・・・・

初めて自分の万年筆を持ったのは、中学へ入学したときに父から
買ってもらったものでした。
大学まで使いましたが、下宿で見失ってとうとうみつからないままに
社会人になりました。
その頃は書きやすい使い捨て万年筆が便利でもっぱら使い捨ての
万年筆で学籍簿などを書いていました。

十数年前のある日・・・・日直日誌を書いていてふと誕生日だということに
気がつきました。
今までも仕事に追われてすっかり忘れることが多かったのですが
こんなに振り回されていて、私の人生って何?とふと思った帰り道
文具店で買ったのがこのバレンチノの万年筆でした。
ネジの具合が良くなかったのと、ペン先が堅いので筆入れの飾りのまま
使おうとするとインクが固まって出ない・・・そしてそのままになっていました。

後で知ったのですが、使い捨てでない万年筆は、持ち主が使い込んで
程よいペン先に育てていくのだそうですね。
ほぼ新品のまま、手紙や葉書もほとんど書かず、メールで済ませて
全く出番が無くなった万年筆・・・・・

スペアインクを買ってきて、それなりの手入れをして
使おうとしましたが、すぐにまた詰まってしまいます。

ふと、父がやっていたことを思い出しました。
ぬるま湯に漬けたペン先を口にくわえて思い切り吹く・・・
これを何度も何度も繰り返していました。
何度繰り返して、どういう状態になるまでやるのか
その時に聞いたわけではありませんが、手入れをしても
すぐ詰まってしまうということは、中にインクの固まりが
残っているのだと気づきました。
最初は、ぬるま湯に入れるとすぐにインクで濁っていましたが
万年筆2
だんだん漬けても濁らなくなってきました。
それでも、暫く置いておくと、じわっとどこからともなくインクが出てきます。
万年筆3
繰り返すこと、7回!
やっとインクが出なくなり、水を切ってスペアインクを取り付けてみると
今まで中途半端な手入れをしていた頃とは雲泥の差で
すらすらと滑らかにインクが出てくるようになりました。

子供の頃の我が家はとても小さくて、家族が何かしていたらいやでも
目に入りました。
父が万年筆の手入れをしていた狭い台所に、何度も出入りしながら
見ていたことが、この万年筆を生き返らせることに繋がりました。

最近は、子ども達も食事を済ませると、さっさと自室に上がったり、リビングで
音楽を聴いたりして、親がやっていることなど見る機会がありません。
娘を呼び寄せて、父の思い出を話しながら作業を見せました。
私に付き合ってくれた娘は、たぶん万年筆使わないと思う、と笑いながら
リビングに戻っていきました。
ものを手入れして大切に使う姿を子どもに見せることができたと
ちょっぴリ満足な昼下がりでした。

レモングラスのリース
081016.jpg

朝夕はすっかり涼しくなって秋めいてきました。
日中はまだまだ夏のような暑さですが・・・
みなさまのお庭のレモングラスの様子はいかがですか?
我が家では、ここ数年、レモングラスが平気で冬越しするようになりました。
寒さに弱いハーブなので、寒い地方の方は、そろそろ刈り込んで
鉢上げする時期が近づいてきましたね。

刈り取ったレモングラスはハーブティーにしたり、編みこんでポット敷きにしたり
いろいろ楽しめますが、私は三つ編みにしてくるっとリースにして
台所に飾っています。キッチンで使うハーブや唐辛子を差し込んで
実用と装飾の一石二鳥です。
流しの近くに飾ると、お台所仕事がレモンの香りに包まれて
いい気分でできますよ。是非お試しください。


プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する