メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
センスオブワンダーへの誘い
kazuoaoki1.jpg
青木一男さん HPは
こちら
鍵矢さん縮小
chikaさん ブログ オルゴールを聴きながら


レイチェルカーソンの「沈黙の春」を読んだときは衝撃的でしたが
「センスオブワンダー」は違う意味で衝撃を受けました。
感動的でした!

そんな折、縁あって、センスオブワンダーを愛する仲間が集まって
小さな活動が始まりました。
一時は大勢で賑やかにやっていましたが
月日の経過と、それぞれの環境も変わって負担が大きくなり
今では、当時の気持ちのままでいるのは
アナウンサーの河野真紀子さんと、私の二人だけかもしれません。

河野さんの同級生の方が、コンサートができる喫茶店を昨夏オープンし、
応援する気持ちも込めて、暫く活動を休止していた
センスオブワンダーと音楽を愛する会を催そうということになりました。

今日、プロギタリストの青木一男さん、ピアノ奏者(って書くよ~)の
chikaさん、フリーアナウンサーの河野真紀子さん(元テレビ愛媛アナウンサー)
と私の4人で打ち合わせをしました。

3年ぶり、もっとかな?といいながらも、話していると
同じ気持ちを持つ者同士、あっという間に、距離も時間も縮まって
コンサートの打ち合わせはトントン拍子に進みました。

詳細はこれからですが、おおざっぱな予定を書きます。
お時間のある方、是非是非chikaさんの演奏者としてのデビューを
応援しにいらしてくださいね!!
chikaさんは、青木さんとのセッションで
「風笛」と「星に願いを」の2曲を演奏します!
それ以外にギター演奏が10曲程度(曲目は未定)
河野さんの朗読があります。

*************

青木一男ギターコンサート
 ~センスオブワンダーへの誘い~

       piano 鍵矢知佳
       朗読  河野真紀子

STAFF センスオブワンダーを愛する仲間たち


会場 カフェ poco a poco
     松山市北井門3-8-12
      

2000円、ケーキセットつき
7月17日(土) 開場 18:00~
          開演 18:30
           (20時終演予定)


お問い合わせ先

089-905-1230 (カフェ poco a poco)
090-7787-2107(井上)  

**************



宗教の時間
日曜日の朝、台所仕事をしながら
時々、NHK第2放送を聞いています。

「宗教の時間」

堅苦しそうですね。
夫が宗教の時間を聞いているのを見て
変わった人・・・などと思っていました。

しかし聞いてみると、なかなかいいのです!
今朝は
「仏教のセールスマン~掲示伝道の功徳~」と題して
30歳まで証券会社のサラリーマンとして働き
その後、親戚の寺を継ぐために僧侶になられた
超覚寺副住職、和田隆恩さんのお話でした。

和田さんは、仏教の教えを掲示板に書くときに
難しい仏教用語を使わず、古今東西の著名人が残した言葉を
使って、仏教の教えを広めているそうです。
具体的に紹介されたものを読み上げられていたのですが、
とても心に残ったのでいくつか、書き残してみました。

************

お前が無駄に過ごした“今日”は、
昨日死んだ誰かが死ぬほど生きたかった“明日”なんだ。
                        AC(公共広告機構)

************ 

他人を幸福にするのは、香水をふりかけるようなものだ。
ふりかけるとき、自分にも数滴はかかる。
                    ユダヤの格言 
************

人間は一生のうち、
逢うべき人には必ず逢える。
しかも一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に。
                  森信三 

************

チャンスは、ピンチの顔をしてやってくる。
                  ビル・ポーター 

************


iPad
P1040616.jpg


大洲からApple Roseさんが、iPadを見せびらかしに来ました。
というのはウソで、昨日手に入れたと聞いていたので
ついでに是非是非持ってきて見せて、とお願いしました。

お嬢さんのものだったようで、届いた翌日の土曜日、
大事なiPadは私のために松山まで持って来ていたことを
お会いしてから知りました(涙)

それにしても、すごいです。
TVで見ていたときは、日常の携帯用にしてはバックに入らないし
PC代わりでは小さいし、中途半端なサイズ・・と思っていたのですが
現物を見て、触ってみて、すごいと思いました。

見せていただいたのは、音楽や電子書籍、辞書などでしたが
膨大なアプリケーションソフトがあるようです。
サイズの問題も、必要があればPCと接続して使えますし
携帯も、しっかりした薄型のカバーがあり邪魔にならず
持ち運び良さそうです。

P1040617.jpgP1040618.jpg


プレゼンソフトが入っていて、プロジェクターにも接続できるとなると
仕事に使えるかも・・・なんて、かなり気持ちは傾いていますが
きっと、使いこなすには、マックが欲しくなるだろうな、と思うと
iPadだけでは済みそうにないので、暫く指をくわえて見ていようと思います。

P1040619.jpg


ただ、他の家電と違って、待ってたら、安くなったり
もっと性能が上がったりは、アップル社の場合、無いでしょうね・・・
うらやましい~

ちなみに、会場は魔女カフェ
彼女のiPadとマック、私のレッツノートを広げても
余裕のテーブルで、ランチしました。

P1040620.jpgP1040621.jpg



話題もご飯も美味しい!一日でした♪


豆腐屋のご隠居
私は今、彼にゾッコンなのです。

P1040594.jpg

我が家の2歳の若造は、足元にも及びませんね

P1040137.jpg


お江戸にて
二日間、ずーーーーーーっと雨でした。
折りたたみ傘、キャスターつきバッグ、ショルダーバックを
常に持ち歩き筋肉痛になりました。
300円をケチって・・・でも出したり入れたりしていると
300円×○になりますから。

で、都会の人って気の毒・・・と思います。
朝は通勤時間帯にギューギュー詰め電車の中で、
私のようなオバサンにまで警戒して、手を身体にぴったりつけて
「触る気はありません」とアピールしないといけないなんて。

いつもは、もう少し遅くホテルを出ても会議には間に合うのですが
今日は、早めに移動する必要がありました。
渋谷駅外のマクドナルドでいつも時間調整するのですが
先日テレビで高級感を追求した店内にリニューアルした、と紹介されていました。
あ!ここ、先週行ったばっかり!と
叫んだのですが、どうも子供たちは、また方向音痴の思い込み母さんが
勘違いしている、というまなざしで、全く信用していませんでした。
ので、黒マックの看板と店内を。

P1040586.jpgP1040587.jpg

マックなんか行くの?と突っ込まれそうですが旅先ではわりと利用します。
当たり外れの心配が無いことと、懐に優しいので。

いつもPASMOを使っていますが、羽田ー品川往復は、こちらが絶対お得です。
P1040578.jpg

京急の切符売り場に、出店みたいに人が居ますから
そこで、航空券を見せると、往復600円のチケットをもらえます。
ただ、ちょいと面倒なのは、PASMOなら、ノンストップですが、
羽田の京急乗り場では有人の入場口で判子をもらいます。
品川では、切符見せても、乗り継ぎのJRの切符を見せろと言われます。
PASMOかSUIKAを見せればOK。
帰りも、一度、窓口でPASMOを使って清算してから入場するのですが
まあ時間にしたら、わずかなものです。


浅見帆帆子手帳
友人からmixiに誘ってもらったのはいいのですが
私のページは手付かずで、訪問してもらった人に愛想がないので
手帳の話題でも・・・と
日記を書き始めました・・・
が、3月28日に始めて、まだ4回目・・・
こちらとも「同期」させようと思って、同じ記事をアップします!

****************

http://www.hohoko-style.com/produce/diary2010/index.html#wrapper

この手帳の一番のお気に入りは、縦開き。
日程を調整するときに、手帳を取り出すと、
どうして、みなさん覗き込むのでしょう?

私は、日程調整をするときに、見せられない限り
なるべく相手の手帳を覗き込まないようにしています。
見てほしくないプライベートもあるでしょうし
人によっては乱雑に書いているのを恥じたりすることもあるでしょう。

隠すのもちょっと・・・と思っていましたが
こんな風に相手に向かって表紙が開くと、よほど伸び上がって
覗き込まないと見えませんよね。

毎年更新するには、お値段がちょっと高いかな、と思いますが
廉価版の手帳にも、こういう縦開きが増えることを
期待しています。

萬翠荘薔薇展
P1040534.jpgP1040535.jpg



例年、うっかりしていたら終わってしまっていた
萬翠荘薔薇展に行ってきました。

会場は切花のアレンジを中心にした室内と
愛媛薔薇会所属の育苗園の売店で構成されています。
室内も美しい薔薇が並んでいましたが
個人的には並んだ薔薇苗を眺めながら香りや
名前を確かめていく屋外イベントの方が、よかったです。

P1040548.jpgP1040549.jpg

薔薇の香りがあまり感じられなかったのですが
昔はもっとむっとする薔薇の香りに溢れていたように思います。
今は香りより、色や形に重きが置かれているような気がしました。

萬翠荘の裏手にある
正岡子規と夏目漱石が句会をしていた
愚陀仏庵も見学して帰りました。

P1040545.jpgP1040544.jpg




コミセン 気まぐれ市
松山市総合コミュニティーセンターで毎月第3土曜日に
きまぐれ市が開催されています。
回を追うごとに、充実してきています!

知人のブースをご紹介します。

* mocoのハーブ園
  ハーブ教室にお越しのMさんとお嬢さんのブースです。

P1040517.jpgP1040519.jpg

「空」という名前のかわいい石鹸を買いました。

手作り石鹸は厚生労働省に化粧品販売の許可をいただいていない限り
「雑貨」として、肌に使わないよう注意書きを入れていないと売ることができません。
もちろん注意書きありの石鹸です。
使う使わないは買った人の自由、自己責任ですから。

* あぷりこっとさんのエコクラフトバック

エコクラフトといえども、廃品利用のかっこ悪いバックではありません。
ハマナカの表紙を飾る作家さんなんですよ。
ある小学校長年続いたハーブ教室のお世話係りをしてくれました。
彼女のバックはとてもお洒落な上にしっかりしていて
踏んでも竹のように割れず、復活しますから、私には、とってもありがたく
「売るほど」持っています。
お好みのジャストサイズに作ってくれますから、自転車の前かごにぴたっと
入るよう、作ることも可能だそうです。

P1040522.jpg

* ふるさわさんのポン菓子

ピアノバー酒好のマスターが、趣味が高じて始めたポン菓子屋さん。
機械はレンタルではなく、自己所有です。すごいっ!
お米も美味しいですが、マカロニのポン菓子が食べ応えがあり、美味しいです!!

P1040523.jpgP1040524.jpg

* 南予の味

会場で出会ってびっくり、お菓子教室で一緒の方がお店出していました。
人気のじゃこかつや、鯛めし、からし酢味噌、するめキムチなど
夕飯は今日は手抜きかな~

P1040525.jpg

画像はありませんが・・・

* かわかみさんのハーブ苗

以前JHSの会員さんだった川上さんが苗を出されていました。
珍しい苗を沢山お持ちなので、リクエストしておくと
持ってきてくれます。
次回は5月20日 石手寺の境内です。
連絡しておけば欲しいものを持ってきてくれます。

* はんさんの笑筆

今回は屋外ではなく、図書館入り口でした。




美しい5月
P1040506.jpg

3月4月は本当に強風や雨が多く、
庭も散々な毎日でした。
そんな頃、朝日新聞天声人語に
イギリスのことわざが紹介されていました。
March winds and April showers Bring forth May flowers

3月の風が4月の雨を呼び、4月の雨が5月の花を咲かせる、と
いう意味ですが、確か2月の雪に耐え、なんて言葉もどこかで
見たような気がします。

北海道ファーム富田の会長が出版している写真集で
雪の下でじっと耐えるラベンダーの苗が印象的でした。
あの寒い冬を越えて、薫り高く美しい紫の花を咲かせるのだな、と
温暖な四国のラベンダーとの違いをしみじみ感じたことがあります。

この言葉は人生にもよく例えられます。
風雨(苦労)を経験して、人は開花する、幸せを掴む、という
教訓にも例えられます。
苦労のない人なんていませんよね。
それなのに、幸せになれる人、なれない人がいるのは
その苦労とどう向き合うか、どのように耐えて、自分を育てるか
で違ってくるのかも知れませんね。

我が家の庭も緑が美しく、一年中で一番綺麗な時期を迎えました。
住む者にも、小さな幸せが少しずつ近づいてきている予感がします。

P1040510.jpgP1040509.jpg





ステロイド
ちょっと重い話題ですが・・・

昨日、お教室に新しい方が見えられました。
一目でステロイドの後遺症をお持ちとわかりましたが
他の方は、「少し色黒な人」くらいにしか思わなかったかも知れません。

お茶の時間になって、ご本人が体験談を話し始めました。
子供の頃アトピーが重く、国内のいろいろな病院に入院して
様々な治療を体験したことや、結果的に今は薬の副作用と
闘っているというお話でした。
ステロイドの副作用で自殺する人の気持ちはよくわかるそうです。
体験者の言葉はとても重く説得力があります。
それも、作り話ではなく、今現に、後遺症が見て取れる
わけですから。

私自身、アトピーという言葉がなかった子供の頃、
「皮膚の弱い子」と言われていました。
父は、喘息持ちの家系は皮膚も弱い、とよく言っていましたが
それが、今でいうアレルギー体質だったのでしょう。
塩風呂に入れらて泣くほど痛かったこともあります。
そうこうしているうちに、成長するにつれて肌もだんだん元気になり
化粧品にかぶれやすいことや、毛製品の衣類が直に着られないことを除けば、
日常生活には困らなくなっています。

息子が生まれた時は、乳児湿疹が沢山出て、
小児科で塗り薬をいただき、塗れば治るけれどまた出る、
を繰り返していました。
出産時期が遅かったこともあり、周囲の友人から
ステロイドやインタールの副作用を体験者の声として
耳にするようになり、同じく乳児湿疹を抱えて生まれた
下の娘には、1日3回のラベンダー浴を続けることで
すべすべの綺麗な肌の子供に育てることができました。

経験的に思うことですが、初期にどう対処するかで
その後が変わってくるように思います。
子供をほったらかしの家庭の方がアトピーや喘息が
少ないように感じています。
自分の抵抗力や治癒力が十分発揮できない頃から
ステロイドなどを使っていると、どんどんひどくなっているような気がします。
親に治療法を調べる能力や、試す経済力があることが
かえってよくなかったのかもと思うこともあります。

息子も、ひどい時は病院の薬でないと治らないと思い込んでいました。
学校では夏場、とても辛かったようです。
痒みが出るので、寒がりなのに、冬でも上着を着ることができず
しょっちゅう鼻声になりながら苦しい思いをしていました。
私がアロマの勉強を始めたのもわが子のためですが
最近まで、まずは病院の薬できれいな肌にしてから
使ってください、と紹介していました。

息子の皮膚が変化しはじめたのは
夏井先生の「傷はぜったいに消毒するな」に出会った頃からです。
本人が、病院の薬に懐疑的になっていた頃でしたので
「卒啄の機」だったのかも知れません。
手指や足のひっかき傷にワセリンを塗ってラップをすると
病院でもらった薬を塗るよりは、悪化しないようになりました。
ところが、「完治」はしません。
消毒はいらない、という夏井先生の言葉に、今まで自分がやってきた
アロマも全て、絶って取り組みましたが、
ある日、ワセリンにティートリーを混ぜてみました。
翌日「え?かなり治っとる!」と嬉しそうな息子。
完治までもう一息というところまでになりました。

P1040512_convert_20100514114209.jpg


こんなことを書くと、病院は信用できなくて
自分でなんとかしなければいけない、というように
思われる方もいらっしゃるかも知れません。
医療も日進月歩、良い先生も沢山いらっしゃいますので
素人判断で無理をせず、病院で納得できる治療法に出会うことができれば
それにこしたことは無いと思います。

塗り薬も大事ですが
水分をよく採って、内側から潤すことや
バランスのいい食事、皮膚の健康を促進する質のいい睡眠
心の安定、そういうものもとても大事だと考えています。
たんばら園
P1040483.jpg


松山市内から1時間弱・・・
かなり遠いですが、薔薇が沢山手ごろな値段で購入できます。

ほとんど香りが無いけれどかわいい薔薇や
豪華な衣装を身に着けた貴婦人のように大輪で
香り高いものまで、薔薇と一口に言っても
様々です。

P1040485.jpgP1040487.jpg



薔薇の学名はRosa species
Rosa は赤いという意味だそうです。

どんな薔薇も美しいですが、ハーブの緑とあわせて
タッジーマッジーを作る時は、中心になる薔薇は
やはり赤が一番いいですね。
元気の素
P1040490.jpg

大好きな高平農園のお母さんから
スイトピーの花束が届きました!
スイトピーをどうぞ、というお母さんの気持ち。
そしてその花をなるべく元気なうちに渡したいと
予定の場所へ行く前に届けてくれたapple roseさんの気持ち。


嫌な出来事は、ふとした瞬間に気づくと
そればっかりに気持ちが囚われていることがあります。
いただいた花束を抱えていると、人の肌のような
ぬくもりが伝わってきました。
同じ心に入れるなら、こんな風に温かく美しいものでいっぱいにしよう!

花束と一緒に↓で盛り上がっている
長浜水族館のパンフレットも!
長浜水族館の水槽を覗き込む私が見えるようです。

P1040499.jpgP1040500.jpg



そして、もっと嬉しいのは「後継者」が出来たこと。
ご本人は、まだまだ、って言ってますが
誰でもスタートは「まだまだ」困ったり恥かいたりしながら
勉強していけますから、頑張ってくださいね!

P1040501.jpg


いつもの教室へ行くと、数秘学を勉強している
のーらさんが、頼んでいたサンキャッチャーの
ストラップを持ってきてくれていました。
たかが飾りされど飾り。
光を集めてキラキラ光るストラップは見るたびに
私を励ましてくれるようでした。

P1040498.jpg


私のエンジェルナンバーは
過去3番ー現在11番ー未来9番だそうです。
生まれた日が、運命付けられているなんて
ちょっと前の私なら考えもしませんでしたが
生年月日が全く同じ人が身近にいると
いやいや、なかなか、よく似てるな~と思うので
何かあるのかも、と思うようになりました。

その生年月日が同じ人は、元同僚ですが
今も教員の傍ら、秋山好古研究で知られていて
5月22日午後1時から愛媛大学文学部で
秋山好古についての講演をします。
興味のある方は是非聴いてみてください。
顔は似ていませんが、「二卵性ふたご」と呼ばれた
面白い事大好き人間を観察してみてください。
知能は、彼の方がはるかに上ですけどね。
第9地区
う~ん・・・
何とも。

こういう映画をあまり見ないので
まずアクションシーンの速さに目がついていきませんでした。
人というか宇宙人が残酷に切り刻まれたり
主人公がオノで腕を切り落とそうとするシーンも
うっ、と思って観たことを後悔していました。

終盤になって、エイリアンとの友情や
妻との愛、など人間ドラマも垣間見られた
ちょっとほっとしました。

3年後の約束・・・・果たされる日が来れば
いいですね。
続編に期待します。
念ずれば花ひらく
村上さん赤橋


↓の赤橋の記事、本当はちゃんと現地に行って
写真を撮ってから、アップしたらよかったのですが
思いに勢いがあるうちに・・・・と画像なしの記事をアップしました。

ネット上から、どなたかの写真を拝借しようかと思いましたが
了解を得るまでに、時間差があるので、
残念ながら・・・・と諦めていたら
準夜開けでしょうか?夜中にApple Roseさんから
写真が届いていました!

道路と並行して見える、真っ赤なかわいい橋も素敵ですが
あらし公園というところから見下ろした景色らしいのですが
とても素敵なアングルで
美しい全体像を撮影した赤橋は、橋にこめられた
そのドラマまでもが垣間見れるような画像でした。

願いが一夜にして叶うとは!

その後、赤橋らしい、写真も送ってくださいました!!

CA52RE9C.jpg

ドラマチック長浜赤橋

~日本に1つしかない、90度上がる開閉橋~

夕やけこやけラインを走っていると
肱川河口を渡るときに、上流にかかる赤い橋が目に飛び込んできます。
近代建築の橋と違って、水面近くに架かる長い橋、そして真っ赤に塗られた
風情は独特の魅力があり、どんな名前?近くに行ってみたい、
そんな好奇心をそそられていました。

以前の夕やけこやけラインのNさんのコメントの中で
「日本に1つしかない、90度上がる開閉橋」と知り
ますます興味を惹かれ、名前も長浜大橋(通称赤橋)とわかって
いろいろ調べてみました。

調べてみると、すごい橋だということがわかってきました。
「日本で現存する道路開閉橋としては最古」であり
町議会で多くの反対を受けながらも架橋に尽力した
当時の長浜町長西村兵太郎氏が完成から1ヶ月後に急逝していることなど
とてもドラマチックな歴史を持っていました。

構造形式 - バスキュール式可動橋
橋長 - 226m
幅員 - 5.5m
開閉部の長さ - 226m
開閉部分の重量 - 82t
着工 - 1932年(昭和8年)10月
竣工 - 1935年(昭和10年)8月
設計・施工 - 増田淳、細野組(大阪)、安藤鐵工所、大阪鉄工所
総工費 - 29万円
道路 - 県道

総工費29万円、というのがちょっとすごいですね。
当時のお金ですが、今に換算するといくらくらいになるのでしょう?

橋の歴史を見ていると、命を縮めてでも世のため人のために
信念を貫いた西村兵太郎氏は素晴らしいと思います。
それにひきかえ、最近の私はどうでしょう・・・
面倒を避けるために、すぐ引っ込めてしまう私・・・

夕やけこやけラインを走ると、八幡浜から松山に戻るときには
いつも目にするのですが、逆はあまり気づかないように思います。
地形的な問題か、行きは急いでいて周囲に注意がいかないからか・・
最近は行きは高速で大洲まで行くので、確かめるすべがないのが
残念です。
今度夕やけこやけラインを走る時は、赤橋を渡ってみたいなと思います。



思い出の置き所
思い出の置き所

ワイン好き・・・と思われているようです。
実際、美味しいと思うワインが1000円台ですから
ワイン好きとは恥ずかしくて言えません。

そんな私ですが、友人知人から何かの記念にワインを
頂くことがあります。

贈り物は、高価なものよりも
相手が好きなもの、邪魔にならないもの
消費して無くなるものも嬉しいですね。

でも、嬉しい気持ちは大切に取っておきたい時もあります。

ビーズ講師をしているOさんに
教室用に瓶を銀線でネット状に包んだクラフトを作ってもらいました。

P1040432.jpg


それを真似て、誕生日にいただいたワインのコルク栓を
自分で包んだことがあります。
車に吊るすと、スワロフスキービーズがキラキラ光って
今流行りのサンキャッチャーのようです。

>P1040442.jpg





今回は思い出のコルク栓を、Oさんの手で
こんな素敵なチャームに変身させてもらいました。

P1040412.jpgP1040444.jpg



思い出は心の中に・・・
子供たちにもいつも言っていますが
たまにはこういう置き所も素敵だなと思います。





プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する