メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
左手のピアニスト ~基礎の大切さ
子供の頃からいやいやピアノを習わされていた私は
家と一緒にピアノも燃えてしまえばいい、と思ったこともありましたが
昨年、ハーブ教室中に右手小指を骨折し・・・
ええ、そう、ハードな教室なんです・・・なわけはなくて
階段を踏み外しそうになって手をついたら変な具合についてしまって。

いつかは治るさと思っていたのですが、その教室の受講生@医師妻さんが
私が医者嫌いなのをご存知なので
「骨折を治せない医者はいないから是非行ってください」と
毎日メールくださって・・・腫れもひき痛みも軽くなったのに
なんだか治りがおかしいと思って、知り合いの整形外科に行きました。

レントゲンを見て・・・なかなか厄介なことになってます・・
え!!!
剥離骨折しています・・・
え?剥離骨折、いいじゃんそのくらい、とお気楽な私。
問題は割れて外れた骨にくっついている靭帯が一緒に剥がれているので
無理に動かすと、どんどん手が変形するそうなのです。
来てよかった~、知らなかったら、リハビリだ!とばかり
ゴイゴイ動かしていたかも知れません。

そこで、ハタと、これでもうピアノは弾けないということに
気づきました。もともと好きでもないし、ま、いいか。
その時はそう思いました。
でも、人間、無くしてから気づくことってあるんですね。
私も、本当は練習が嫌いなだけでピアノは好きということに
気づいてしまったのです。

ここまで読んだ方は、左手だけのピアニストもいることだし
残った9本で弾けばいいじゃない、と思われるでしょうね。
アレンジができるということは基礎がしっかりできているからで
生半可な者は、さらに生半可なことしかできなくて
ストレスの元なのです。
障害を得ても努力ですばらしい音楽を奏でたり
新しいスポーツに挑戦して頑張っていらっしゃる方もあるので
断定はできませんが・・・

そこで、基礎ということをもう一度考えてみました。
今の私が、何かを失ってもある程度できることといえば
好きで、一生懸命、頑張って基礎をしっかり身につけたことだと思うのです。
何だろ~???

これ?

iz1.jpg

指輪 ~家族のこと
新しい生徒さんが、気になっているけれど、訊き難いこと、を話してくれました。
子供がいるみたいだけど、指輪もしていないし、生活感もいまいち無いし未亡人?まさか(笑)

外食はまったくといっていいほどしません。
主人と息子が外食が嫌いだからで、二人とも居ないときに、娘と外食する程度です。
365日、いつも誰かのお弁当を作っています。
まあ、それなりにそこそこ主婦やっています。

指輪をしない理由はいくつかあります。

1番の理由は、手がむくむからで、マニキュアもしません。
2番目の理由は、指輪をしていると、お気に入りの器や、他の人の大事なものを
傷つける心配があるからです。
お茶の稽古に行って、うっかりお茶碗をカチャ、なんていわせないために。

指輪をはずしたのは、息子が生まれた時です。
傷つけたくない大切なもの・・それは子供でした。
アレルギー体質の柔らかな肌に、硬い指輪が当たるのを避けたかったからです。

ということで、すごーく変わり者の夫と息子
かなりフツーな娘、変なオバチャンの私・・・の4人家族は
ただいま、フツーになるために修行中の毎日です。

白洲次郎、正子夫妻の初孫にあたる
白洲信哉さん(文筆家、プロデューサー)が、
小さい頃は気づかなかった祖父母や親の心が、今、思い出を綴っていると
当時はわからなかったことに気づく、と書かれています。
そして、言葉で教えなくても人の思いはちゃんと伝わっていくと実感されているようです。

子供への思いは、今はわからなくても
いつか、子供が成熟したときに、(きっと私が居なくなってから)
思いを感じてくれると信じています。
子供の目に触れないここへ書いている思いは、ここを読まなくても
子どもたちの心に伝わっていくはず、と信じているのです。

で、結婚指輪の写真をここにアップしようと、探したのですが
あれれ?どこいっちゃったんでしょうねぇ・・・・
クルム伊達公子 ~体力とは?
クルム伊達

40歳にして年少のプレイヤーに連日圧勝している彼女に
勇気をもらった同年代の女性は多いと思います。
私もその一人です。同世代ではありませんが・・・
スポーツは体力勝負ですから、熟練が勝るというものではありません。

彼女の哲学者のような意志の強さに憧れます。
公式ブログのタイトル「Always Smile」も
素敵です。見習いたいですね。

体力には
身体的要素と精神的要素があります。
身体的要素の中にも行動体力と防御体力があります。
行動体力は体力測定で測れるような運動能力で
防御体力は内臓の働きや、免疫力の高さです。

それに対して精神的要素は、モチベーションと呼ばれる
意欲の高さや、ストレスに負けない耐性などがあります。
精神的要素は、身体的要素に大きな影響を与えると言われています。

いくら親から優秀な身体をもらっても、精神的要素が
脆弱であれば、宝の持ち腐れ、トップアスリートとして花開くことは難しく
スランプに陥りやすく抜け出しにくいと言われています。

優秀なスポーツのコーチは運動能力、元気さ、意欲を一目で見抜くといわれています。
水泳の平井コーチも大勢のジュニア選手の中から
北島康介の素質を一目で見抜いたそうです。

では、トップアスリートではなく、そこを目指しているわけでもない
私たちは、彼女から何を学ぶのか・・・

まずは、自分を知ること、何が得意で、どういう体質か。
そして中年以降の強みは、栄養や休養の知識を経験的に知っていて
また学ぶ余裕があることです。
そして、頑張って続けること。
な~んてえらそうに言っていますが、計画したり目標を立てることは
簡単ですが、ま、いいか、と思ってしまうんですよね・・・

白鵬
普段、相撲を見ていないので、力士のこともほとんど知らないのですが
ニュースで白鵬の優勝インタビューを見ました。

私は、決して力が強いわけではないです。運がよかったです。
運は、勉強、精進した人に神様が与えてくれるものだと思います


と言っていて、感動しました。
この世に神様の存在があるのか無いのかわかりませんが
私も自分の力ではない何か大きな不思議な力を
「神様」と感じています。

思い通りにならない時は、努力が足りないからだと思うと
人や境遇を恨むこともありません。

「魔法の言葉」で有名な五日市剛さんの講演会で
突然、大きな声で、あなたは命がけで何かやったことがありますか?
といわれて、命がけでがんばったことなど無いなあ、それなら
うまくいかないとか、運が悪いとか、言っちゃだめだ、と思いました。

五日市さんは、ある寿司職人がスウェーデンでたった1年で
現地の言葉を身につけていたので、学習法を尋ねたそうです。
「生きていくために、命がけで勉強した」と答えたそうです。
そして、「あなたは・・・」の問いかけでした。

毎日命がけも大変ですが、
本当に実現したい夢や希望に向かうときは
命がけ、くらい頑張っても、死にはしないんしゃないかと思う今日この頃です。
心霊スポット?パワースポット?
恥ずかしながら、同じものかと思っていました・・・

心霊スポットは、心霊写真が写ったりするような、オドロオドロしい所で
パワースポットはパワーをもらえるような気が満ちた場所なんですね!

今日は、、苦しい病気を乗り越えて、ぐんぐん快癒している途中の
お二人を、相乗効果で励みになればと思い、お引き合わせしました。
そして、病気を乗り越える力の話題から、パワーの話題で盛り上がりました。

そして、私の雨女伝説の話題が出て
「魔戸の滝」に行ってみよう!ということになりました。
ということで、突然ですが、「チームお百合」が結成され、
10月下旬か11月上旬に本気ツアーが計画されました!
ということで、興味本位で行ってみたい方、ご一緒にいかが?


img081.jpg

魔戸伝説はこちら
村一番の美しい娘・・・スミマセン
マッサージの科学
Journal of Alternative and Complementary Medicine.10月号によると
マッサージの免疫・抗ストレス効果が科学的に明らかになったそうです。

Cedars-Sinai医療センターのMark Rapaport 博士らが、マッサージがたった1回の施術だけで
視床下部-下垂体-副腎系の内分泌を活性化し、免疫機能を向上させると発表しました。

博士によると、施術後に採取した血液を分析した結果、攻撃行動に関わるとされるホルモンのアルギニン・ヴァソプレシンが有意に減少し、ストレスホルモンであるコルチゾルも有意に減少、循環するリンパ球の数も増加し、刺激を受けた白血球が産出するサイトカインが顕著に減少してたそうです。

この結果から博士は、マッサージが気持ちがいいだけでなく、医学的にも健康にプラスの効果をもたらすという仮説を
実験によって証明したようです。

日本では、昔から、「子どもは撫でて育てよ」と言っていますが
確かに子どもと接触している方がお互い安定したりしていたような・・・

メリッサのお勧め本


子供の脳は肌にある
講談社新書 光文社新書 山口 創

佐藤伝 ~DQ(夢指数)
夢を叶えるといえば、佐藤伝さんもいいですね。
実践的な本が多いので、手元にもっておきたいのですが
最近はTSUTAYAが、ビジネス本をDVDにして売り出しています。

「夢をかなえる成功習慣」と「夢をかなえるメモの習慣」
今50円でレンタルできるので借りてみました。
50円なんて・・伝さん、ごめんなさい!!

タイトルだけ見ると、お金儲けが好きな人向きのようですが
伝さんは、「モノサシよりもココロザシ」といって
判断基準は損得ではなく、ワクワクできるかどうかで決めることを
すすめています。

ビジネス書では、「習慣」がもてはやされていますが
私は、佐藤伝さんの薦める「習慣法」がすきです。
人はすべて習慣でできていて、効率的に動けるのも
だらしないのも、すべてそういう習慣が身についているだけだそうです。

今日は「夢をかなえる・・・」を見ました。

IQ(知能指数)
EQ(感情指数)
NQ(ネットワーク指数)

伝先生は、一番大切なのはDQ(夢指数)といわれています。
DQが高いと、些末なことでブレないそうです。

太陽光発電促進付加金いりません
電気料金を見て驚きました。

我が家は家族そろって「節電型」
夏場でもあまり電気料金が高くなりませんが
今年の夏は、体温の高い子供たちはエアコンをつけないと眠れない夜も
多かったようで、9000円台になっていました。

驚いたのは、そちらではなく、太陽光発電による「売り」電力料金です。
8670円・・・・
電太陽光発電促進付加金制度が始まってから、高額になっています。

そもそも初期のこ頃から設置している人はそんなの期待してなかったはずです。
我が家も設備投資の元はとれなくても
怪しい環境団体に寄付するよりは、子供たちの未来のために・・・
そんな気持ちでした。

わずかな金額とはいえ、電気は全ての人が必要なのですから
明日の食べるものに困る人からも一律取って、太陽光発電を設置する
余裕のある者への上乗せにするというのも気に入りません。
財源は別とはいえ、政策上、こっちに回っているのは見え見えです。

太陽光発電は増えるといいとは思いますが
設置していない人からペナルティのように集めたものを
我々の収入としていただかなくても、
そのお金を節電の教育などに使ってもらった方がいいと私は思います。

お金がいらないのではなく、筋の通らないお金はもらっても
気持ちよくない、ということです。


ベンツを買っても、海外旅行に行っても元はとれないのですから。
そのあたりの経緯を、当時のHPにこんな風に書いています。

外車一台分くらいの大枚をはたいて設置した。セールスマンは電気代がいかに安くなるかを力説したがこちらとしてはあまり興味の無い話だった。子供達の未来に少しでも安心な環境を残してやるために小さな一歩だが出来る事をしたいと思ったからだ。環境保護団体に寄付するつもりで設置した。
taiyoukouhatuden.jpg

(中略)
「太陽光発電って元は取れますか?」とよく質問される。元を取りたいと思ったら、設置しない方が良いと思う。設備投資だけではなくいずれメンテナンスが必要となるだろうし天災によって破損するかも知れない。「元を取る」ことが目的なら止めた方がいい。しかし、世の中の殆どの消費は「元が取れる」のだろうか?「元が取れるか」考えて車を買ったり、家を買ったり旅行に出かけるのだろうか?そう思うと、ガソリンを消費し、運動不足を助長し、環境を汚染し事故による不幸を巻き起こす車の購入と比較して遜色ないと思っている。




チラシ印刷枚数
今回、熊井先生の講演会では、チラシを200枚印刷しました。
会員に均等に配布しても5枚ずつ・・・
実際はお店などにおいてもらったので、会員の手元には1枚しか配布できませんでした。

印刷枚数が増えても、印刷代が格段に上がるというわけでもないのに
ケチケチしてしまった結果、
せっかく意欲満々、あちこちにインフォメーションしよう、と思ってくださった
会員さんの気持ちに応えることができませんでした。

チラシって何だろう?とふと考えました。
来てくれそうな人に配ってね、というスタンスだったのですが
来そうにもない人にこそ、「私たちこんなことやってますよ!」と
知ってもらうものでもあると思いました。

今回八幡浜や大洲の会員さんたちが、一生懸命
あちこちにインフォメーションしてくれました。
実質的には、そんな遠方から来られないと思いますが
私たちの活動を知っていただくという点では大きな意味があったと思います。

その反省から、今回、別活動ですが
11月28日に行われる、久万町でのコンサートはチラシを1000枚印刷しました。

チラシ表キャプチャー

詳しくは、またお知らせしますが、またチラシがこちらをご覧のみなさまの
お手元に届くと思います。
たかがチラシ、されどチラシ。
作った側は思いを込め、時間を込めて作っています。
大切に扱っていただけるとうれしいな、と思います。

ということで、もらったチラシも大切に、隅々まで見るようにしたいと思いました。


火の魚
テスさんから、大好きなドラマで、再放送があるので、是非、と
メールをいただきました。

午後10時というと、家族がザワザワしている時間帯なので
念のため、録画をしておきました。

映画はオープニングとラストシーンで決まる、と言われますが
始まった途端、これはなかなか良さそう、いいドラマに違いない、と直感しました。
室生犀星が原作と知り、益々。
室生犀星は、小学校の時に、父から古本店で、詩集を買ってもらい
言葉の美しさにため息をつきながら何度も読みました。

ドラマを見終わった感想は、とても良い1時間を過ごした、というのが
最初に浮かんだ感想です。
洗濯をしたり、食事の支度をしたり、本を読んだり、友達とおしゃべりしたり・・・
どれも、大切な時間ですがあっという間に1時間くらい過ぎていきます。
このドラマを見ていた1時間、とてもいい時間だったと思いました。

テーマは「命の輝き」だそうです。
民放はどこを見ても、口早に賑やかですが
ゆっくりと一つ一つの言葉を大切に、老作家と編集者との
心のやり取りが流れていきます。
まだご覧になっていない方のために、ストーリーは書きませんが

「だがそれでも、もし叶うなら、今生、どこかでまた会おう」
海に向かって力強く話しかける老作家の言葉に心打たれました。

ドラマの公式HPはこちら
いつも見る夢
P1050357.jpg

子供のころから時々見ていた夢があります。

山道を父と歩く夢です。
実際に山歩きの好きな父と二人でいろいろなところへ行きました。
父から教わった植物の名前は、時には非常に限られた地域のみでしか
通用しないものも多かったのですが、グリーンフィンガーを持つ父から教わった
植物のことは、30年以上経ってやっと小さな芽が吹き
私は植物に携わる仕事をしています。

我が家の子供たちも今は植物に見向きもしませんが
私が蒔いた種は、いつか・・・きっと私が居なくなってから
ひょっこり芽を出して花を咲かせると信じています。

その夢の中で、いつも同じ場所に来ると、父が私の背中を押して
「ここからは一人でお行き」と言うのです。
目の前の道は知らない道なので不安でいっぱいですが
振り返ると父がずっと見ていてくれるので、一生懸命前に進み
父が見えなくなっても、きっとあの場所まで戻れば
待っていてくれる、という安心感からどんどん進んでいく・・・
そんな夢です。
不思議なことに、父が亡くなってからは見なくなりましたが
今もその時に感じた、父の大きな手の暖かさが背中に蘇ることがあります。

もう駄目だ、無理、と思っても、どこかで父が「見てるよ」と
背中に暖かいサインを送ってくれるのです。

へっへ・・・きっとメリッサの作り話だろ、とこれを読んで思った人は
こういう経験が無い人ですね。
心の扉をいつも開いていたら、誰でもきっと出会えると思うのですが
ありえない、と閉ざしている人には、こういうご褒美はやってこないと思うんですよね。

熊井啓監督の「私の信州物語」の中に
妻となる熊井明子先生との出会いについて書かれた部分があります。
会ってみようと思われたきっかけは、熊井明子先生のお父様が
丁寧に作られたアルバムを見て、こういうアルバムを作る人の
娘さんなら、ぜひ会ってみたいと思った、と書かれています。

お父様のことを書かれた部分を読むと、父の姿と重なります。
熊井明子先生のお父様のように立派な人ではありませんが
子供の成長を丁寧に記録するところが、とても似ています。
植物や文学を愛するところも。
畏れ多くもそのお話をお聞かせしたところ、
画家になりたくても、そのようなことが許されず、教師になったお父様の夢を、
作家になった熊井明子先生が叶えることができたとお話くださいました。
作家という立場を利用して、出版社に頼まれたそうですが
絵を見た編集者は、出版に価する作品と即決されたそうです。

残念なことに、出版される前にお亡くなりになったそうですが
出版されることを知って楽しみにしながら亡くなられたそうです。
その大切な画集を、イギリスから帰られてすぐに、お送りくださいました。

絵葉書に、ロンドンで見た虹や楽しい出来事が書かれていましたが
最後に、「でもその前の愛媛の旅と出会いも最高でした。皆様によろしく!」
と書かれていました。

そんなこと、社交辞令に決まってる、という、そこのあなた!
私は心から信じて喜んでいるんです。

ところでこの画集、想像以上のとても素晴らしい画集です。
鉛筆で書かれた植物が、素晴らしく、独り占めするわけにはいきません。
二冊お送りくださったので、一冊は多くの人に見ていただける
松山市立図書館に寄贈しますので、是非ご覧ください。


子規の庭
sketch.gif


今日は子規が没した日 糸瓜忌です。
松山は市長以下「ことばの力」を発信し、俳句の町として
市内のいたるところに俳句ポストがあります。
子供たちも、学校では俳句に触れる機会が多く、さまざまなコンテストがあります。
俳句甲子園では、娘の通う学校が、開成、灘、など並み居る強豪を退けて、優勝するなど
子供たちは俳句に親しんでいます。

昨年の坂の上の雲ブームから、NHKの番組で
子規の庭を再現保存している人たちが奈良にいらっしゃることを知りました。
この子規の庭はもともと東京にあったので、松山にある必要はないのですが
これだけ子規を観光の目玉にしている松山にも是非、と
昨年より、呼びかけをしています。というか周囲の数人に言っているだけですが・・・

子規の庭のすばらしいところは、庭本来の、住む人の心を和ませるという
目的の極致ではないかと思うのです。
寝たり起きたりの子規のために妹さんが、座って眺めて一番美しい庭をつくり
寝たきりになると、寝た姿勢から一番美しく見える庭に造り替えたそうです。
そんな優しさにあふれた子規の庭を、ぜひ松山、特に道後に、と思っています。
ご賛同いただける方、(心だけでOK)応援、よろしくお願いします。



長高水族館
P1050316.jpg


八幡浜保健センター教室に行くときに、長浜高校の前を通って
赤橋を左手に見ながら、情緒溢れる長浜の町並を楽しんでいます。

その長浜高校で、地元の廃止になった水族館を引き継いで
月1回公開していると知り、行ってみたいと思っていました。
先月、お付き合いくださるお二人と約束していたのですが
私は所用でいけなくなりました。

来月も、その次も予定が入っているので、
今月行かないと、たぶんもう行かないだろう、と思い立って行ってきました。

思えば、仕事でも、家族の用事でもなく、一人で遠くまで車を走らせて
「遊び」に行くのは、久しぶりというか、覚えがありません。

高校生が運営しているということで、それなり・・・と
あまり大きな期待はしていませんでしたが
水族館フリークの私にとってベスト1の水族館でした。

まず、魚たちが愛されている、ストレスを受けていないというのが
よくわかりました。
そして、ビジネスではできない、「おもてなしの心」がありました。
潤沢に予算があるとは思えませんが、水槽も手入れが行き届いていました。

P1050325.jpgP1050322.jpg
P1050313.jpgP1050327.jpg
P1050332.jpgP1050314.jpg
P1050319.jpgP1050328.jpg

「うみほたるショーやっています」と書いてあったので
うみほたるショーを見せてください、とお願いすると、
え・・・とたじろがれて、あ、悪かったかなと思いましたが
奥で誰がやるか、ごそごそ相談していたようです。
二人の男子生徒がうみほたるが入っているらしきシャーレーをもって
こちらへどうぞ、と案内してくれたところは、化学室の奥の倉庫でした。
刺激を与えると光るので電気刺激を与えるのだそうですが
真っ暗で、どこにいるのかわかりにくく、汗をかきかきやってみせてくれました。
ぼーっと光り始めた時は、感動ものでしたが・・・
びっくりさせて悪かったかしら、とちょっぴり反省。

どうして光るの?と素朴な疑問を・・・
この少年・・・
うみほたるは体内に「ルシフェリン」と「ルシフェラーゼ」という物質を持っていて
刺激を受けるとそれが反応して外に出るため、周囲の海水が酸化して
光るんです。
とすらすらと答えてくれました。楽しそうに。

P1050335.jpgP1050336.jpg


会場では、生物の門田先生が、クラッシックギターの生演奏をされていました。
水槽でゆったりと泳ぐ魚たちを眺めながらギターの響きを聞いていると
究極の癒しを感じ、いつまでもずっと見ていたい、そんな気持ちになりました。

P1050323.jpg

そして、初公開!の三線とクラッシックギターの競演
P1050329.jpg
1曲だけのお披露目、その瞬間に居合わせてラッキーでした。
曲も大好きなビギンの「島人ぬ宝」でした。
三線は、同じく生物の重松先生。楽器もナンチャッテ三線ではなく
本格的な楽器でしたし、演奏もとても良かったです。
門田先生の歌も、すごくお上手でした。
同じ職場で同じ教科の先生がこんな風に子供たちとの活動を楽しんでいるって
とても素敵だなと思いました。

詳しくガイドしてくださったUさん、ありがとうございました。
さらっと見過ごしそうな、地味な淡水魚を詳しく一対一で説明してもらって
水族館フリークの私としては大感激でした。

P1050310_convert_20100918204136.jpg

アンケートに、赤橋の開閉も第三土曜日にしてほしい、と書きました。
長浜高校に言っても仕方ないとは思いますが
折角長高水族館ががんばっているのに、赤橋の開閉は毎週日曜日、って・・・
ちょっと残念です。遠くから行く者にとっては。
子供の情景 ~鑑賞時間1分~
img1_1236148544.jpg

子供の情景というと、シューマンの音楽をまず連想しますね。
私もピアノのおけいこで弾きましたから、すぐそちらを思い出しました。
中でも「異国から」という曲のメロディーがエキゾチックで、かつ
とっても弾きやすいので、大好きでした。
たぶん今でも弾ける数少ない曲のひとつです。

でもこちらは、18歳のハナ・マフマルバフ監督の映画、子供の情景なのです。
会員になっている「マネキネマ」さんからチケットが届いて初めてこの映画を知りました。
ニュースに流れない、本当のアフガニスタンを描いた作品です。
アフガニスタンの子供に本を贈るキャンペーンも同時進行していたようです。
映画の内容を知り、ぜひとも見たいと思いましたが、9月になると、夏休みで
先延ばしにしていた、仕事や教室などぎっしりで、なかなかいけませんでした。
今日が最終日。遅れても行くと心に決めていました。

12時終了予定の教室を11時半には終わるぞ!と心に決めていましたが
今日の講座は、幼稚園ママたちなので、後片付けはやっておくからいいわ、と
結局一人で机や、食器を片付けて、会場に到着したときは12時半でした。
シネマルナティックの人は、終わりました、とツレナク言いましたが
顔見知りのマネキネマの方が、残念そうに、「後数分・・・」
「じゃ、数分でも見せてください」と劇場に入ると
主人公の6歳の少女の「自由になりたければ・・・・」と叫ぶシーン、
これがラストシーンでした。
鑑賞時間1分。
でも、なんだか知らないけど、来てよかった、とじわっと心の中に
熱いものが溢れてきました。

必ず、ちゃんと全編みようと思っています。
いっしょうけんめい生きましょう
P1050302.jpg
永井次代著 永井道雄編 講談社

県東部の大規模校に勤めていたころ、
高校生に、朝のショートホームルームで紹介しようと買い求めました。

読み終わって、紹介するのをやめにしました。
人生経験の少ない高校生がこの時期に出会うのは勿体無いと思ったからです。
たぶん、「鬱陶しい」とか今でいう「ウザイ」と感じて
将来本当に必要な時期に、この本と出会うチャンスを
奪ってしまうかもしれないと思ったからです。

苦労や悲しみが人を深くするのは、それを乗り越えたからで
不遇な人の精神が豊かとは必ずしもいえません。
自らを内省したり、書物や人の教えに道を求めたり
そうやって歯を食いしばって、足掻いて、泣いて、初めて何かを
見つけて自分が育っていくのだと思います。

熊井先生の講演会にこられた「しまんちゅ」さん・・・佐伯悠汀さんですが
が、講演会の記事へコメントを書いてくださいました。
その中に「皮膚が汚いからって、心まで汚れているわけではない」という言葉に
はっとしました。
そして、「一生懸命生きてたら、いいこともあるもんだ」というメッセージに
本棚の隅で、埃を被っていたこの本を思い出し、取り出してみました。

読み返してみると、出口日出麿の「生きがいの探究」も、
ああ、この本からたどり着いたのかと、思い出されました。
しかしやはり、私もまだまだそれほど大きな苦労をしていない時期でしたので
齢82歳にして筆を執った永井次代さんの美しい思いを
理解できていないことが多かったようです。

永井次代さんは、次男の永井道雄さん(元文部大臣)から勧められ
5年半の歳月、毎日日記のようなエッセイを書かれ
88歳を目前にご逝去されましたが、息子さんの手により出版されたものです。

あのころの「私」ではない「今の私」には、永井次代さんの美しい言葉が
当時よりもはるかに優しく、そして重厚に胸に響きます。
この本はすでに絶版で手に入らないようですが
お名前のとおり「次代」の人たちのために、復刻されることを心より祈ります。

ご本人の了解を得て、しまんちゅさんのコメントを
略さず、全文掲載させていただきます。
彼女も若い頃から熊井先生に憧れていたお一人だったようです。

(このブログの数少ない読者のみなさま、そうちょくちょく引用しませんので
ぜひぜひ、コメントしてくださいね!)

本当にあったかくてためになる、そしてこれから生きていく上でのアドバイスも頂いた、良い会だったと思います。会の内容や印象って、主催者・講演者はもちろんやけど、来る人たちの波長とかエネルギーで随分違うと思うから、今回集結(!)した人たちが持ってるエネルギーが、ああいう雰囲気を醸し出したのかも(^-^) …あ、私も含まれとった(笑)

長年使用したステロイドを抜くために、一日に3~4回の温泉湯治を何年も自宅でしてたんですが、お湯の中に居る方が体が(皮膚が)楽だったので、湯船に浸かったまま寝たり読者したり… 睡眠に関しては、横になったり暖まると激しい痒みで眠れなかったので、湯船につかるとスーッと…撃沈! たまに溺れ死にそーになりながらの命懸け(笑)  その時に濡れてもオッケーのいろんな冊子や情報誌なんかを持ち込んで読んでたんですが、オルビスって通販会社の冊子に、連載していた熊井明子先生のお話が楽しみで… 見開きにバーンと大きな写真付きで、いろんな物語や人物に絡めたハーブやポプリのお話。島に暮らして、しかも病気治療中のヨレヨレボロボロの私には、到底縁のないよーなキレイで可憐な世界だったけど、今回のシェイクスピアのお話のよーに分かりやすい解説が楽しくて、熊井先生の世界に引き込まれ、湯船で瞬間癒されてました。その先生にまさかお会いする事ができるなんて、しかも泉先生の優しい計らいでしまなみの本もお渡しする事ができるなんて… ホンマ!人生、何が起こるか分からんもんじゃ(笑) 熊井先生がおっしゃって下さった「皮膚は11ヶ月で入れ替わるから、大丈夫、あなたはもうすぐ治るわよ」って言葉、嬉しかったです。アトピーや薬害は、見てすぐ分かる病気だから、肉体的にはもちろんやけど、精神的に参ってしまう人もたくさんいます。みんながみんな病気に理解がある訳じゃないからね~。ただ、最近、私が思うのは、皮膚が汚いからって心まで汚れてるわけじゃないんやから、なるべく美しいものを見たりいい音楽を聞いたり、お話する人も魂を磨きあえるよーな人と会話を楽しむよーにしたり…って。そんな思いで生きてたら、ひょんなご縁で泉先生に逢いました…そして熊井先生のお話を聴くチャンスも頂きました。一生懸命生きてたら、いいこともあるもんだ~(笑) 調子が悪いと気持ちも下がる…これは人間仕方ないと思うけど、気持ちを切り替えながら上に上に…自分で自分を引っ張りあげてやる日々…修行ですな(笑) 熊井先生や泉先生から聴いたお話に癒されたり、ためになるよーなお話、元気が出るよーな言葉、気分良くなるよーな場所、幸せな気持ちになれるご飯やスイーツ…こんなんをたくさんの人と共有する事でも、私なんか随分引っ張りあげてもらってます。要は魂が喜ぶことが、豊かに生きるエネルギーになるって事なんでしょーかねぇ… 今ごろ、熊井先生はイングリッシュガーデンを妹さんと散策してるんかな? 私もなんちゃってアフタヌーンティーでもするかな…一人で(;^_^ (笑)


人は、親子や師弟の関係を除いて、
一方的に片方だけが厚意を寄せることは難しいです。
その存在や、生き方や、行いなど・・・
「あなたが好きだから、あなたの力になりたい」のです。
季節感
ああ秋だな~と思うのは
人それぞれ違うと思います。
私は夕暮れの空気の匂いや空の雲で、秋を感じます。

でもイヤシイので、お菓子にとても反応してしまいます。
夏のはじめは桃、真夏はメロン
そして、葡萄のケーキが出てくると、
秋だな~と思います。

みなさんはどんな時に秋だな~と思われますか?

P1050301.jpg

人から人へ
今日のNHK文化センター三越教室では
後半を、熊井明子先生講演会の話にしました。

美味しいフォレスタ(はなみずき店)のドーナツとローズブレンドティー(ローズ、レモンバーム)を
いただきながら。


教室の2/3の生徒さんが講演会に来てくださっていました。
講演の内容でよかったところをそれぞれ話してもらうことによって
聞きに来られなかった人も共有できたらいいと思いました。

講演は、ただ聴くより、人に伝える方が
記憶にも残りますし、再発見もあり、また自分のものにもなります。

Mさんは、何かひとつ好きなハーブを見つけたい、と思われたそうです。
ご自分の葬儀には百合を沢山飾って欲しいと思っていたけれど
ハーブもいいな、と思いましたと。
でも、Mさん、まだまだ百合に囲まれちゃだめですよ~

Apple Roseさんは、熊井先生のお話に
これまでのご自分の体験や学びを確認されたそうです。

Yさんは、ハーブの楽しみというのは
いろいろな楽しみ方があるとわかったそうです。
これが一番私も言いたいこと!
熊井先生は栽培も、珍しいハーブの名前を覚えることも苦手ですが
生涯、文学の中のハーブをテーマにハーブと付き合ってこられました。
私の生徒さんたちにも、オールラウンドなハーバリストより
何かひとつ、ハーブの楽しみ方を見つけて、気楽に長く楽しんでいただきたいのです!

Kさんは
15年前に熊井先生の講演を聴かれたそうです。
15年経って、そのお姿が少しも変わらず若く美しいのに驚いた反面
中身がさらに豊かになられたことを感じて、良い15年を過ごされたのだな、と
思われたそうです。
15年の間の一番大きな出来事は、来世も結婚したい、と思われるほどの
熊井啓監督との別れだったと思います。
悲しみを乗り越え、さらに魅力が増したのでしょうね。

FさんJさんは
講演の内容を披露してくださいました。

途中からchikaさんも参加され、熱心に聴いてくださいました。

いつも、慌しいこの教室、今日はのんびりと時間が流れました

が、しかし!!私って喋りすぎ?
喋って講師料いただいているんだからOK?








酔芙蓉と木葉天目
P1050296.jpg


平日の午前中、お茶のお稽古に通える幸せ・・・
これは、長くフルタイムの仕事を、ため息まじりに続けた者が
特別に感じることだと思います。

今日のお床は
ほんのりと灯りがそこにあるような純白の酔芙蓉が一輪、
お軸は、悠々の悠という文字が使われていました。
師匠が昨日の講演会にお越しくださり、生活の豊かさを感じて
今日のお稽古には悠という文字が相応しいと思われたのだそうです。

P1050298.jpgP1050299.jpg


「悠々千古心」
千古とは、後世まで伝わるという意味だそうです。
悠々とした心が後世まで伝わる・・・お茶の真髄のような言葉ですね!


お稽古が終わるお昼には、その名のとおり
佳人が少し酔ってほんのり頬を染めたように花びらの先がうす桃色に染まっていました。

酔芙蓉・・・
なんと素敵なネーミングなんでしょう!

大洲で買い求めたお茶碗を持参しました。

P1050082.jpg

選ぶときは、掌に載せて、好みのサイズ、重さを選びましたが
お手前に使うと、高台が浅すぎて、茶巾で拭くときに手がかりに不安があります。

器を選ぶときには、お手前の手順を再現してみて、
扱い良いかも考えて選ばなくてはと思いました。

師匠から、木葉を焼きつけた器は「木葉天目」といって
天目茶碗の中でも人気の高いものだと教えていただきました。

天目茶碗は中国から伝わった製法で、鉄釉のかかった茶碗だそうです。
種類は「曜変天目」(ようへんてんもく)・「油滴天目」(ゆてきてんもく)・「灰被天目」(はいかつぎてんもく)・「禾天目」(のぎてんもく)・「木葉天目」(このはてんもく)などがあるそうです。
今日もまた、勉強になりましたが、すぐ忘れてしまうんですよね~

だって、一番活発に働いているのは、脳ではなくて、胃袋ですから

P1050295.jpgP1050297.jpg

三種類の落雁 そしてFさんのお土産のほろほろ?クッキー
クッキーのほうじ茶味というのが、すごく美味しかったです。


青い花にあこがれて
今日は待ちに待った熊井明子先生の講演会

大和屋本店に9時にお迎えに行き、開演30分前に会場の
旧花きセンターに到着しました。
会場はまだ閑散として、どのくらいのお客様が見えるのか
ちょっと心配していましたが
開演時刻が近づくと、大講義室が満席状態、
思いがけなく多くのお客様が来てくださっていました。

講演は熊井先生のメッセージのとおり
難しいと思っていたシェイクスピアが、身近な問題の教訓を示してくれていることを
知り、参加者は大きく頷きながら、先生の講演を熱心に聴いてくださっていました。

P1050270.jpgP1050267.jpg

面白かったのは、当時、神が絶対だったので、
起こることは全て神の意思のはずですが
シェイクスピアは、人生も庭と同じで、一生懸命世話をすれば
美しい花を咲かせ、怠けていれば荒れ果てた庭になる
神の意思ではなく、自分の生き方の結果だ、という
今なら誰もが納得することを、「悪人」の口を使って言わせているところです。
悪人が言えば、神を尊重しなくても問題ないですものね。

ロミオとジュリエットも、現代人は、携帯電話があれば
誤解して死ななくてよかったのに、と思いますが
本質はそうではなく、親が良かれと思って子供に干渉することで
一番望まない結果を招く、という教訓なのだそうです。
あの時に首尾よく駆け落ちが出来たとしても
引き裂こうとする親の干渉は、子供の命を奪ってしまうでしょう。

熊井先生は、お嬢さんの結婚相手をご主人が気に入ってないかも知れないと
心配したときに(男親ってどんな人でも気に入りませんものね)
一緒に見よう、とご主人を誘って「ロミオとジュリエット」を見られたそうです。

熊井先生のメッセージ

シェイクスピアは、時を超えて、私たちに幸せに生きる秘訣を語りかけます。
ハーブをはじめ、さまざまな香るものを通じて。そのメッセージは今を生きる私たちにぴったり。
例えば「ロミオとジュリエット」は親の立場にある者にとっては「転ばぬ先の杖」。「リア王」は相続問題と老親とのつきあい方について教えられます。夫婦間に秋風が立っている時には「夏の夜の夢」はよい薬になり、初心にかえって仲良くしたくなります。それらいくつかのドラマの「面白くてためになるポイント」を、バラ、ローズマリーなど、具体的なハーブとのからみを中心にお話ししたいと思います。ハーブ香るシェイクスピアの故郷の美しい庭の写真もご覧ください。


昨日の食事会の後、私の古い本にサインをいただく約束をしていました。
講演会場に到着したときに、「講演が終わってからでは、紛れて出来なくなるかもしれないから
始まる前にサインしましょう」と言ってくださり、喜んで
ボロボロになった「私の部屋のポプリ、続、続々」の3冊を抱えて控え室に伺いました。

P1050291.jpg

私は1冊だけで十分と思っていたのですが、せっかく3部作持っているのだから全部に、と
二冊目には「夢は実現する」そして三冊目には「青い花をみつめて」と書いてくださいました。
その時点で、私はこのメッセージが特別なものであることに気づきませんでした。

熊井先生をお送りして、その夜、懐かしいその3冊をパラパラと見ていたら
大事にしていた本にただ一箇所、書き込みをしていました。
それは、「青い花にあこがれて」のページ
先生の本を読みながら、行ってみたい、とあこがれていた
英国王立キューガーデンを歩いたと書いていたのです!!!!!!!
熊井先生は裏表紙を開いて書かれただけなので、この書き込みを
ご存知のはずはありません。

P1050294.jpgimg077.jpg


高校時代から憧れ続けた熊井先生にお会いできて、
夢が叶ってしまった、と言うと、熊井先生は
夢は沢山あるはず、ひとつ叶えば、次々叶うわよ、といわれました。
先生は未来を予言されたわけではなく
そうなればいいわね、きっとそうなるわよ、というお気持ちで言われたと思いますが
心に強く思うことは、実現する、という先生のお考えそのものでした。
とても嬉しくなって、どんな夢もあきらめずに
心に強く思っていよう!と思いました。

8センチのピンヒールを軽やかに履きこなした熊井明子先生は
温かい笑顔を残して東京へ帰られました。

P1050289.jpg

20年後、こんな素敵な女性でいたい、と心から思いました。
勉強して、お洒落して、いろんなことに興味を持って
熊井明子先生のように・・・・・

そして、今日は憧れのもう一人の女性に会うことが出来ました。
愛媛バラ会にお渡しした招待券を持って、
愛媛バレエ協会会長の立脇紘子先生がお見えになっていました。
講演が終わって、そのままお帰りになるところでしたが
ひょんなことから、お名前を伺わなくてはならない事態になり
名刺をいただいてびっくりしました。


tatewaki.jpg

こちらの不手際だったのですが、穏やかな表情で少しも
怒った態度もせず、その様子をご覧になった熊井先生いわく
何かを成し遂げた方のお顔をしている、と。

本当に偉い人は、偉そうにしないんだな、と感心しました。
写真と本をお届けするのが、楽しみです!

講演の後、生徒さんからこんなメールいただきました。
転載許可いただいております。

ステキな熊井先生の講演会をありがとうございました! 泉先生が高校生の頃から憧れてた人にやっと逢えた~って喜びがものすごい伝わってきて、良かったね~良かったね~ってこっちまで嬉しくなりました。先生、高校生にかえってましたよ~♪ 私には高校生の頃からずっと憧れてる人なんていないから、ちょっぴり羨ましかったです(^-^) 純粋な想いや願いは叶うんだな~という事も教えてもらいましたし…夢が叶うってどんな感覚なんでしょ? またゆっくりお話聞かせて下さいね!

今回はかなりの規模だったから、準備やらスタッフとの打ち合わせやら大変だったでしょーねぇ。でも、あんだけ満員になって、みんな熱心に聴いてたし、熊井先生の優しさや泉先生の想いも重なって、ホントにいい会でした。しまなみの本も紹介して下さってありがとうございましたm(__)m 裏に書いてた『感謝』の文字を見て、ずっとこの気持ちを持ってると必ず治るからと言って下さいました。人の体は十一ヶ月で変わるから、もーすぐ治るんじゃない?って。有り難いなぁと思いました(^-^)

夢の扉
20100911192422.jpg

高校時代から憧れ、今も同じくらいの情熱で大好きな
熊井明子先生をお迎えしました。
空港でお迎えしてから、食事場所のもにこど2まで、
もにこど2からホテルまで、私も沢山喋りましたが
先生から素敵なお話を沢山聴かせていただきました。



ファンレターを書きたいとは思ったことはありませんでした。
ただ遠くから憧れる存在でした。

熊井先生は憧れの人に会うために、文筆家を利用した、と話されていました。
あなたもそうでしょ?と言われて、確かに言われてみたら
私はこの仕事をして、仲間と一緒に活動することで
個人では親しくお会いすることが出来ないような方々と
会うことができ、また親しくお話をすることができることに気づきました。

もにこど2のみちこさんも
熊井先生に憧れた少女だった人。
今日は腕によりをかけてお料理を用意してくれました。

P1050237.jpg2010091101.jpgP1050239.jpg

P1050241.jpg20100911204841.jpg



ホテルに帰る車の中で、熊井先生は
本当にお料理が美味しかった、普段の4倍食べたと
何度も言われて喜んでくださいました。

夕食のテーブルで、熊井先生から素敵なおまじないを
教えていただきました。
「あ~幸せ」と言ったときには、必ず、テーブルとか、
木のものをトントンと叩くのだそうです。
幸せな人は、魔物が妬っかんで、邪魔をしようとするから
そうさせないおまじないなんだそうです。
早速私もやってみました。

明日、どんなお話がうかがえるかとても楽しみです。
熊井明子先生にお会いしたい・・・
夢の扉の前に立って、きっと他の夢も美しく花開く、と
心から信じられます!

P1050256.jpg

コープ久米店
ふれあい講座(カルチャー)講師の交流会に行ってきました。
今日は日程的にタイトなのですが
会場を使わせていただいているのに、欠席も失礼と思って参加しました。

普段は時間帯がずれているので
(同じ会場使うのだから当たり前ですけど・・・)
お目にかかることのない、他の講師の先生方とお会いできてよかったです。
たくさんの生徒さんを抱えて先生をされている人って
やっぱり人が好きで、感じのいい人が多いですね(私は別として)

何かご不満は?と言われても、みなさんニコニコされて
特に文句を言う人も無く、スムーズに終わりました。

私は、単発を含めると市内のほとんどのコープで教室をしていますが
コープ久米は店長さんをはじめ、店員さんが例外なく
みなさんいい感じでとても好印象です。
お店によっては、店長さんとはスムーズに話しが進んでいるのに
店長より偉い?と思われるような、お局様が、面倒だったりします。

スムーズに終わった会議のあと
「わださん」という担当者の方が、お茶菓子の説明をちょっとさせてくださいということで
チップスターと共同開発のチップスと個別包装のピーナツチョコの
紹介をされましたが、仕事に対する愛情、誇りが感じられて
ちょっと無理して、来てみてよかったなと思いました。
同じ職種、同じものに興味を持つ人と交流がほとんどですが、
ちょっと違った職種の人の、仕事への愛、意気込みを見せてもらうと
自分の仕事にも新たなやる気がわいてきます。

個別包装のピーナツチョコを紹介する和田さん
(肖像権、了解済みです)

P1050229.jpg

個別包装はエコに反するようですが、一度にたくさん食べてしまったり
余ったものを捨てることを考えると、個別包装も悪くないのでは?
と言われていました。私もそう思うので、個別包装よく買います。


お勧めされた商品はとりあえず、全部食べてみようと
買って帰りました。

P1050232.jpg


左からステーキスパイス、野菜が入ったチップス、個別包装のピーナツチョコ
右側は、紹介されなかったけれど、私の好きな
わいわいスティックゼリー、ナッツ&セサミ
あ、ナッツ&セサミにジッパーつけて、と言ってくればよかった。
3回に1回は、ジッパーがないから買うのやめてるので。

たくさんおやつを買ったので、今日は買いませんでしたが
海藻バーも大好きです!

532589000X0.jpg


ステーキスパイスはマヨネーズと混ぜて豚肉にまぶして
フライにすると美味しいそうなので、今晩のおかずに・・・
私は憧れの熊井明子先生とお食事会♪!!!







ハーブリキュール ~放映時間変更のお知らせ~
今日、山越教室に行くと、Oさんが、南海放送の特番を
出席者のみなさんにお知らせしてくださっていました。
他人の娘のことを、こんなに大事に思っていただいてとても嬉しいです。

そこで、放送時間の変更をお知らせします。

「東京六大学野球 オールスターゲーム」
 南海放送テレビ デジタル4ch 特別番組
 9月11日(土)15:25~15:55



今日は、ハーブリキュールのレッスンでした。
ハーブ療法はヨーロッパで発達しましたので、個人の体質には
あまり着目せず、症状が同じなら対処法も同じです。
そのことに違和感を持ちつつ、ハーブを楽しんでいましたが
中医学に出会って、体質や季節に応じた楽しみ方利用の仕方を
考えるようになりました。

今日は、いつも「初お試し」になってしまうクラスのレッスン。
熱心で寛大なみなさんの愛に支えられて、いろいろ冒険したり
試してみたりさせてもらっています。

まずは、市販のハーブリキュールの香りを楽しみました。

P1050220.jpg

左は養命酒酒造から出ている、ハーブの恵み
13種類のハーブが入っています。おいしいです。
アルコール度数も14%とワイン並です。

右は、ベネディクティン
フランス・ノルマンディーにあったベネディクト派の修道院で作られたものが始まり。
フランス原産のブランデー・ベースのリキュールジュニパー・ベリーやハッカなど
27種類のハーブが使われている。アルコール度数は40度とかなり強いお酒です。
病気の治療目的で使われていたようです。

ベニシアさんのレシピを参考に好きなハーブで
ハーブリキュールを造ってみました。
甘い香りで、駆風効果のある、ディルシードが人気でした。

P1050218.jpg

体質的に、偏りが発生している人は、リキュールや漢方薬などが
必要ですが、大きな偏りの無い人は、それぞれの体質にあったお茶を
習慣として飲むのでいいと思います。

今日のお茶は、
万能のローズとこちらも万能のレモンバームのブレンドティー
ローズから抽出された赤と、レモンバームの金色が素敵なコントラストを醸し出していました。

P1050221.jpgP1050222.jpg



一人ひとりを大切に 
P1050212.jpg

こんな素敵な葉書をもらって、いや~そんな~ポリポリ・・・と
ちょっと自分のことかと勘違いしていい気分になっていたのですが
ここ数日、周囲の人の気持ちを大切にしてたのか、反省することがありました。
人の心というのは理屈ではありません。
周囲の一人ひとりの人が、何をどんな風に感じるか、ということに
心を配らず、忙しさに感けて誰にでも同じように対応してしまいました。

両親がもう居ない私は、生前の父の言葉のとおり
周囲の人が親の代わりでもあり、また誰かの親代わりになることもあります。
母に言えなかった感謝やかければよかった労いの言葉を
かけることができていたか、一人ひとりを大切にできたか反省しています。


後部座席シートベルト
アシスタントその1さんは
後部座席シートベルトにやたらうるさいのです。
昨日も、助手席に座ったその1さん、後ろを振り返って
後部座席のその2さんに、「後部座席もシートベルトしないと減点よ、運転手が」と。

運転手の私はどきっ!
その2さん「え~!!そうなんですか」
メリッサ「4月からそうなんですって。その1さん、さすがポリ妻ね」
その1さん「じゃないんですよね。両親が捕まって・・・
      で、主人に話したら、そんなん4月から一般道路でも後部座席の
      シートベルトは義務付けられとるって当たり前やろ、って・・・」
その2さん「キャー!そうなんですか、私から引いてください」
その1さん、メリッサ「え、引くって・・・免許の点数?」・・・大爆笑
幼稚園講座
幼稚園のお母さんたちにハーブやアロマの楽しみを伝える講座は
とても楽しみにしている活動の一つです。
これから子育てをする人たちに、失敗も含め、体験をお話して
自然と共に暮らすことを始めていただきたい・・・そんな気持ちで
いつもお邪魔しています。

今日呼んでいただいたのは、姪っ子が保護者役員をしている幼稚園でした。

P1050194.jpg


最近は、よほど強い意志を持って、時間をかけて子育てができる
環境にいる人でなければ、抗生物質やステロイド剤を避けることについて、
神経質に気にしない方が良いかも知れないと思って
あまり触れないようにしていました。

今朝の新聞で、新型耐性菌の話題があり、取り上げてみました。
我が家は子供たちが小さいころから解熱剤や抗生剤を
極力使用せずに子育てをしました。
理由は、重症でもないのに、薬剤の力に頼っていると
本来持っている免疫力が怠けて弱くなってしまうからです。
これから先、社会情勢の悪化などで、そういう薬剤が
手に入らなくなる可能性もありますから、本来持っている
免疫力を鍛えることが重要だと考えていました。

では、痛い、痒い、苦しい子供に免疫力が発揮されて楽になるまで
我慢しろ、というのも可愛そうな話です。
そこで私の専門のハーブやアロマが、免疫力が働くまでの間
楽に過ごさせてくれるのです。

今日も、みなさん熱心に話を聞いてくださり
活発に質問もいただいて、充実した会になりました。

モイストポプリつくりも、丁寧に取り組んでみなさんとても素敵なものができました。

P1050198.jpg



私の講座はいつも評判がいいのですが(自分で言うな~!)
これは、私の話術というより、
有能で「感じのいい」アシスタントに支えられているからなのです。

P1050190_convert_20100907195344.jpg

夢は実現する ~希望をいれる箱~
9月12日、講演会にお越しいただく 熊井明子先生
私は高校時代から、熱烈な読者でした。

熊井先生


先生のエッセイに一貫して書かれていることは
「夢は実現する」ということです。

私が最初に手にしたのは「私の部屋のポプリ」
続、続々、と続く3巻からなるものですが
最初の本に、「夢は実現する」というタイトルで
ヴェニス・ブラッドワスの「幸福の心理学」を引用しておられました。

人が思考することによって、潜在意識にきざみつけたことは、必ず現実に現れる。
夢は実現する

あれから、私は20数冊の先生の著書を買い求めて、繰り返し読みました。
いつか熊井先生にお会いできたらいいな、そう思っていました。

講演会にお越しいただくために、何度も電話や手紙のやり取りをしました。
携帯に着信した「熊井明子」という名前を、深呼吸しながら見つめます。
これは現実なんだろうか?と。
先生が書かれた私への郵便物の宛名、差出人・・・
これは本物?と見るたびにドキドキします。

熊井先生の、夢は実現する、が私の思考の中心にあります。
無理と思って心に描かないことは叶わないから、決して諦めずに
望みを持ち続けることを教えていただきました。

私が初めて手にした「私の部屋のポプリ」
大切に読みましたが、何度も取り出していたので、外紙が破れてぼろぼろになっています。
A6版の1ページで完結する短いエッセイたちですが
そのタイトルがどれも素敵なのです。
ほんの一部、ご紹介しますね。


二月 虹を織る
言葉に乗ってもう一つの世界へ
鏡は心の手帳
青い花をみつめて
十七歳が二度ある人
なくてぞ人の恋し
幸福のおまじない
幻の琴の音のように
花火は天に咲く夕顔
サプライズから喜びが生まれる
薔薇の風かすかに
いにしえの木の香をきくとき
妖精の距離
風の中のりんごのように・・・
心の中に秋の実りを
欠点は指環の玉のように
夢は実現する
手袋は冬の花びら
今年は新しいあなたが生まれる年
希望をいれる箱
すべての人の幸せを夢みて

体重増!
平気な顔してますが、ここ1ヶ月で5kgも体重が増えました。
小型犬1匹飲み込んだような・・・・

普通ならこの猛暑で夏バテするはずなのに・・・

そこで、気づいたのですが、汗をなるべくかかないようにと
家事も手抜き、すぐに車に乗って炎天下を歩かないようにしていました。
犬の散歩も最小限・・・
そのくせ、栄養学など、ちょうど学び始めたところだったので
バランスよく「食べる」ことに気持ちが向いて
あれを食べなきゃ、これも食べなきゃと食品群のことばかり。

ふと、あれ?最近空腹感、体験していないな~と気づきました。
運動量が極端に減っているのに、食事の量と質を高めて・・・
これも熱帯化して、脳がお休みしているから気づかなかったのでしょうか??

ということで、帰宅後、普段ならちょっと何かつまんで
水分をたっぷり採るのですが、身体が求めるまで待とう、と思いました。

今のところ、まだお腹からお呼び出しはありません・・・・
痛恨! OVER THE TOP
以前勤めていた学校の運動会でした。
というか、娘が参加しているからなのですが・・・・

イカレタお兄さんやお姉さんが一人もいない、という
東京なら、花丸の良家のお子様が揃った学校のようでした!

とっても気持ちよく見ていたのですが・・・・

娘が入学して3年目、変えてくれ~といい続けた競技名があります。

「OVER THE TOP」

ott1.jpg

新設高校が3学年やっと揃って一人前の学校になった年、
生徒会担当で、役員と一緒に新しい競技を考えました。
よそには無い独自の競技を、ということで少し前にタイトルだけ見た
映画のタイトルを勝手に「頂上を目指せ!」みたいに勘違いして
5人組で、4人が棒を支え、一人が登って・・・・
当時は帽子を載せ、次のチームが取ってくる、を繰り返す競技を考えました。

運動会が近づいた頃、この映画をレンタルして見てみました。
映画そのものがB級いえ、超駄作・・・
(ラズベリー賞に3部門ノミネートされ、2部門が受賞しています。
最低主演男優賞 ノミネート
最低助演男優賞 受賞
最低新人賞   受賞

本家「OVER THE TOP

そして、この言葉は、腕相撲の掛け声だったのです。
つまり、一番高いところを越えろ、という・・・・

その年、タイトルを変えるよう、担当者に言いましたが
もうプログラムが印刷されているので
来年から、変えよう、と言われました。
そして職場結婚で転勤したのですが・・・・
娘が入学してびっくり、そのままなのです。

私としては「トップをつかめ」とか「頂上を目指せ」とか
もうちょっと感じのいいタイトルに変えて欲しいのです!!

内容とマッチしない、間違ったタイトルですし、
こんなダメな映画のタイトルですし・・・本当に痛恨の足跡なんです・・・

でかパン競争とか横ムカデなんて種目があるのですから
英語でないといけない理由は何一つありません。

開校からなじんだ競技名ですが、誰も苦情を言わないのは
この映画を見た人が誰一人いないからかも知れません(涙)

さすがパナソニック ~レッツチャット存続決定~
タイトルのとおり、まだ署名も届いていないのに
存続が決定したと発起人の山元さんに電話があったそうです。

8月27日の私のブログを見られた方が、パナソニックの社長と友達?と(爆)
友達ではありませんし、見たことも会った事もありません!

ただ、あの時点で、存続は確信していました。
パナソニックは他の大半の企業が借入金で運営しているのと違って
自己資金で会社運営をしているそうで、
社会的に意義のある、小さな赤字は補って余りあるのかも。

いずれにしても良かったですね。

みなさんの署名は、パナソニックにお届けるすそうです。
ありがとうございました。


プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する