メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
ギャラリー風の道
kazenomiti1.jpg

最後にお邪魔したのは10年も前でした。
友人に誘われてお邪魔したギャラリー風の道は
清々しくてセンス溢れる個人のお宅でのショップでした。

高価そうな器も、実際に手にとってみると
オーナーの高須賀さんが言われるように
主婦の方がお小遣いでお買い上げいただけるような、お値段
2000円台から、小さなものは1000円以下のものもあります。

何より、「素敵な暮らし」のお稽古に通うような気分で
四季折々伺うのが楽しみなギャラリーでした。
生活が慌ただしくなって、ご無沙汰していましたが
娘の恩師のお宅の近くということで、時々前を通るようになり
またお伺いしたいなあと思っていました。

玄関には、素敵な暖簾・・・と思ったら
荷造り紐に、実を挿してつるしただけなのです。
とても素敵でした。

P1090995.jpgP1090994.jpg

右側のスカーフ、染めてないシルクです。
染めに使おうと思って購入したのですが、染めなくてもとても
感じのいい白なので、このままの方がいいなと思います。

P1090990.jpg

小さな小物も見ているだけでも楽しいので、おススメですよ。
P1090993.jpgP1090987.jpg

一番目を惹くのは、冬は火鉢、夏は金魚が泳ぐ大きなテーブルなのですが
写真を撮り忘れました。

ご自宅なので、前日に予約する必要があります。
お買い上げしなくても、美味しいお茶とお菓子いただけますよ!




ヴァリエーションの会 ~自分を正しく評価する
201207292.jpg

立脇バレエ研究所の河野自由美先生からご案内いただき
ヴァリエーションの会へ行ってきました。

昨年、この会について、立脇先生よりご紹介いただいたときに
是非、拝見したい、と思ったのですが、台風の影響で予定変更を余儀なくされ
見せていただくことができませんでした。

今年も、本当は県外に居る予定だったのですが、直前に予定が入ったため
念願のヴァリエーションの会を拝見することが出来ました。

自由美先生のブログは、バレエの研究者だけでなく
教育ということに携わる人はもちろん、一般の私たちにも、学ぶところの多いブログです。

今日の会は、小学校5,6年生の子どもたちが、短いソロを踊るために
「大変な努力」をして臨む会なのだそうです。
その努力の先にあるものは何か・・・
自由美先生のブログを是非、ご覧ください。
一部を転載させていただきます。以前了解をいただいています。

この会で子供たちは 大変努力します。一人で踊るという責任感と緊張感から 自習が上手にできるようになり「先生にやらされる練習」でなく「自分でしたいからする練習」の仕方に変わります。また、毎日一緒に練習する事で自然とお友達の良いところを認められるようになり、自分の得意な事、良い所も見つけられるようになります。1人1人が”「人と競べる」という方法をとらずとも自分を正しく評価できるようになっていく事を願ってそのような方向で指導をしています。

ブログを読ませていただいてから、会場に向かいましたので、
16名のお子さんたち一人一人を、ああ、この子の得意なところ、良いところは
これね!と頷きながら拝見しました。
経験の長さは違うでしょうが、それぞれのお子さんの良いところが見えてきました。
立脇紘子先生は、一人ひとりの個性に合った衣装を自らデザインされるのだそうです。

ソロの舞台に臨んで不安いっぱいの子供たちも、
先生が愛をこめて作ってくださった衣装に励まされ、胸を張って舞台に向かったことでしょう。

人を育てるということは、その人が一番輝くような後押しを、惜しみなくするということ・・・
自由美先生のブログと、舞台で輝く子どもたちから、教えていただきました。

お昼は、吹奏楽部のママ友たちと、お友達がオープンしたという
素敵なベーグルのお店「cafeラクダピクニック」に行きました。
子どもたちはもう大学2年生、それぞれ県外へ進学しましたが
こうやって親たちは松山で仲良くしてるよ~
ベーグル美味しかったです。スープも具だくさんというか
具にヒタヒタのスープをかけている感じ?
駐車場が無いのが残念ですが、是非行かれてみてください。

201207291.jpg

ベルクマンさんとの4日間
201207261.jpg

7月25日の打ち合わせで初めてフライブルグ市にある
エコステーション館長ベルクマンさんにお会いしました。
ハーブを愛する、素敵な女性で一目惚れしました。

翌26日は市内の中学校で中学生とハーブ園をつくり
午後は教育関係者にハーブを利用した環境教育の講演をされました。
以前PTA研修でお伺いした番町小学校の清水校長先生はじめ3名の
先生方がお越しになっていて、とても嬉しく思いました。
また、午前のハーブ園づくりでは、一般市民も見学可能ということで
コムズで講座を受けました!とか、お世話をさせていただいた
食品会社の担当者の方のお顔も見え、私が蒔いた小さな種が
あちこちで芽を出し花を咲かせていることを知りとても嬉しく思いました。

201207262.jpg

27日は松山都市環境センターで
市内の子どもたちとハーブ園をつくりました。こちらも、10年近く前に、ベビーのママ講座に参加された方が
小学生になったお子さんを連れてこられていて嬉しい再会となりました。

201207271.jpg

午後からは一般市民向けに環境教育の講座がありました。
頭で考えることよりも、自分の手や身体を使って体験したことが
心に刻まれていく、というお話、自分が目指すものがそこにありました!

201207275.jpg




最終日、まつやまRe.再来館とのフレンドシップ協定式
P1090965.jpg

その後、記念ハーブ園を市内の親子の方々と作りました。

201207287.jpg


私たちジャパンハーブソサエティーは、参加者にハーブティーを提供しました。
全くのボランティアで、手弁当ですが
生きるために休みなく働いていらっしゃる方も大勢おられる中で
このような時間を使えることに感謝した4日間でした。

傍で拝見していて、ベルクマンさんの包容力は適応力
優しさや豊かさにすっかり魅了されました。
ハーブティーを提供するだけのお付き合いで終わるはずでしたが
ひょんなことから、私たちジャパンハーブソサエティーのメンバーは
ベルクマンさんと、もにこど2でお食事をご一緒する機会を得ました。
会に所属するということは、こういう素敵な恩恵を受けられます。
講演を一聴衆として聴かせていただくだけでなく
親しくお話ができ、講演会では聴けないようなお話をきかせていただき
質問し・・・・
愛媛大学の宇和川先生の上品で温かな通訳のおかげで
言葉が通じないとは思えないような親しみを持ってお話することができました。

201207273.jpg201207274.jpg

みんなで、ドイツのエコステーションに行ってみたいね、とかなり
本気で話しました。
願わくば、ベルクマンさんとドイツ語でお話ができたら・・・・
第二外国語ドイツ語を履修したんだっけ・・・
99%忘れていて残念でした。

私たちが講師としてお招きする先生方に共通することは
とても人柄に優れていることです。
知識や経験はもちろんですが、講師として長く活動をされる方は
人を魅了する人間的魅力が大事なのだなあと思いました。

きっと、またお会いできると思います。
ドイツに伺うか、またお越しになるか・・・・・
ハーブを紹介する活動をしていることを誇りに思える4日間でした。
嬉しいこと ~必見!ラプソディー・イン・ブルー@84台のピアノ
夕方からは、ベルクマンさんを囲んでの懇親会。
所用で遅れることにはなっていたのですが、急いで支度をしていると
まるふく農園の楠瀬さんからお電話がありました。
「嬉しいことがあって、ご報告したいのですが、お時間ありますか?」
「はいはい、ありますよ、何ですか?」ワンピースを着ながらワクワク・・・・
以前、世界が尊敬する自然農法を提唱された福岡正信氏の
お孫さんで後継者でもある福岡大樹さんをご紹介したのですが
ブラジルからの訪問者が、一方的に話をされて、大変失礼なことになってしまったかも、と
ご報告いただいていました。
ところが、「今日、その福岡大樹さんのお父様たちを含めたご家族15名で
楠瀬さんの農園を尋ねられお食事をされて、今お帰りになった
悪い印象は持たれてなかったから来てくださったと思うと嬉しくて報告したくてお電話しました」と。
少年のように弾んだ声に私も嬉しくなりました。
嬉しいことを人に伝えるって、いいですね!

今日はPCを開かずに寝よう・・・と思っていたのですが
返事を急ぐメールが来ていたらいけない、と思ってPCを開いてみると
オリンピックの開会式関連で私の過去の記事に辿り着いた方が
私が夢にまでみたロサンゼルスオリンピックの開会式
ラプソディーインブルーの動画
をお知らせくださいました。
感動です。
ナンデらむちょ様 ありがとうございました。
魅惑のガーデンづくり
愛媛県花き総合指導室趣味園芸講座と
ジャパンハーブソサエティー愛媛支部月例会を合同で行います。
参加無料ですが、会員以外の方の受付は8月15日以降に予定していますので
会員さん、なるべく早くお申込みくださいね。
定員は人数ではなく、車80台です!

1部の紫竹おばあちゃんの講演は、ジャパンハーブソサエティーのセミナーでなさったものの
DVDです。
2部の宮本里美さんは、チラシに書かれているとおり、今年の国際バラとガーデニングショーで
大賞を受賞した「欧州建材」にチーフガーデンデザイナーです。

このチラシ、会員のapple roseさんに一昨夜お願いして
昨朝データを送ったら夕方にはできてきたものです!!!
ありがとうございました!!!

20120909.jpg



自然エネルギーと原発のこと
我が家は早くから太陽光発電を設置しているので
原発反対派だとみなさん思っておられるかもしれませんね。

賛成、推進ではありませんが、「どうしようもない悲しみ派」
というのが一番近いかもしれません。

20年前、自宅の南屋根と西屋根に設置した太陽光発電の費用は350万円でした。
ゆとりがあるわけではありませんでしたが、子どもたちの未来のための投資として、
わけのわからない環境団体に寄付をするよりは、太陽光発電を設置しよう、と決めたことです。
原発を無くすというより、「これ以上増やさない」ことが願いでした。

しかし、その期待は裏切られ、山の中の、人が居ないような場所にも
自動販売機が煌々と輝き、大型娯楽施設は不夜城のように電気を使っています。
自分がこれから座る便座の蓋を電気を使って開閉し、手を使わなくても
自動的に掃除をさせます。
大江健三郎さんが侮辱の中に生きている、と言われているお気持ち
私とは全然違うと思いますが、願いを踏みにじられていることには
私も同じ思いを抱いています。
今よりも少ない原発で高度成長を遂げてきた日本人は、贅沢や楽をすることのために
沢山の電気を必要とするようになりました。

太陽光発電の設置を検討する人から相談されることがあります。
一番の関心事は、「元が取れるか?」ということです。

海外旅行をしたり、ベンツを買ったりする人たちは
元が取れるか考えてお金を使っていらっしゃるのでしょうか?
海外へ行って楽しい、かっこいい車に乗って嬉しい・・・
それと同じように太陽光発電にして嬉しいだけなのです。

今、我が家は自然エネルギーの買い取り価格が上がって
買い電力金額より、売り電力金額の方が上回っています。
お金がいらないというわけではありませんが
もっと大切なことに使っていただきたいと願います。

こんなことを言うと偽善者と思われると思いますが
こんな原発だらけの日本に、子どもたちを残して先に死ぬことが
とても悲しいのです。
一度抱えてしまった核は、今のところ、消し去ることはできません。

願いは、「私たちが想像する以上に人間は丈夫で
放射能の影響も、今想定しているほどのことは無い」こと
そして、叡智に溢れた人がこの状況を打破してくれる日が来ることです。



音楽を楽しむ場所 ~流星そして慕情
20120722.jpg

Cafe poco a poco 開店3周年記念コンサートに行きました。
今日は他の予定があり、2時からのコンサートへは行けそうにありませんでした。

マスターからのお誘いに、ちょっと別の用があって、と話すと
人がなかなか集まらない、と肩を落とされていました。

吉岡さん、渡部さんのJAZZライブはいろいろなところで聴いているのですが
マスターのため、というより、生の音楽を気楽に楽しめる場所を応援したい、
と思って、ギリギリ・・・いえ、ちょい遅れてお店に滑り込みました。

ジャズの王道、スタンダードナンバーをたっぷりと聴かせてもらった後に
吉田拓郎の流星
慌ただしく流れていく日々の中で、あなたは何を目指し、何を求めているの?
考えてごらん?とボーカルの大石玲子さんに問いかけられているような気がしました。
ン十年ぶりに思いがけなく客席で出会ったSさんと
拓郎より、大石さんの歌の方が心に沁みたね・・・と話しました。
拓郎さんすみません・・・

慕情は、直近の記事で話題にしたところ・・・
あの丘のシーンが蘇り涙腺がゆるゆるになりました。

アンコールは、「黄昏のビギン」
音痴の私が唯一、カラオケでモゲずに歌える曲でした。
ちあきなおみさんの・・・と紹介されましたが
ちあきなおみさんはカバーで元々「水原弘」さんの曲だと
M先生から教えてもらったことがあります。

楽しい時間でした。
それにしても、演奏会スタイルでジャズを聴くって・・・・どうなんでしょう?
身体のどこかが動きそうなのを我慢して、お行儀よく座っていましたが(^_^;)

ケーキセットつきで2500円。
主婦のお小遣いではちょっと贅沢な昼下がりでしたが・・・
ちょっと贅沢に2500円のお小遣いを使えるのは
ちょっと贅沢を楽しんでいるからに違いないと思っています。
え?意味不明?(^_^;)
八幡浜教室・・・ですが・・・
八幡浜教室でした。

午後1時半からなので、12時に家を出れば間に合いますが
第三土曜日、長浜高校水族館に寄るために
午前中から出発し、長高水族館名物コラボパンを入手!

P1090870.jpg

その後、八幡浜に12時過ぎに到着して、お世話してくださっている
kyonnさんと待ち合わせて、ちゃんぽんツアー第4弾
スカイホテルの焼ちゃんぽんを完食。
焼き、といっても普通のちゃんぽん麺でお汁が無いという感じ。
見た目に味が薄そうでしたが、しっかりと美味しい味がついていました。
なんといっても八幡浜名物削り蒲鉾のピンクと葱の緑が目に鮮やか。

P1090871.jpg

最上階のレストランからは、市内が一望でき、kyonnさんから
日の丸みかんのことや、港湾施設など、教えていただきました。

そして、八幡浜教室!
メインのここは写真がありません(^_^;)
ハーブティーのブレンドレッスンでした。

そしていよいよ、1年越しのお楽しみ、
会場の八幡浜保健センターの目の前「ぶるまん」の
コーヒーフラッペをいただきました!
昨年、教室の後、kyonnさんから、いかにこのコーヒーフラッペが
美味しいかをレクチャーされながら、口の中はまだ見ぬフラッペへの
期待が高まっていたのですが・・・・
臨時休業(T_T)

夢にまで見たコーヒーフラッペは、コーヒーシロップがかかっているだけではなく
中に薫り高いコーヒーゼリーが入っています。
あずきをトッピングすると+50円だそうで、
ここまで来たら、心残りなく、いただきましょう!と
私はあずきをトッピングしていただきました。
左が私のあずきトッピング 右がkyonnさんのあずきなし
P1090877.jpg
そして、見えますか?大きなコーヒーゼリー!
P1090878.jpg

アイスクリーム以外に甘味が無かったので
甘党の方は、あずきをトッピングされるのをお薦めします。

帰りには地元で人気の和菓子屋後藤さんに寄って
和菓子を購入、大満足で帰途につきました。

え?グルメツアー?
いえいえ八幡浜保健センターの教室です(^_^;)
八幡浜のみなさま、ありがとうございました!

人口密度は松山に次いで県下2番目の中核都市ですが
市内を走るバスの後ろには、こんな表示が・・・
驚きました。
201207215.jpg

リーダーシップについて
リーダーシップについて、面白い動画を佐藤伝さんのメルマガで紹介していただきました。
ある程度仕組まれたものなのかどうかは別として
リーダーは、フォロアーによって育てられるのだ、ということが
わかり易く示されています。

日本が変わるスイッチが入っている裸の男とリーダーシップ」←こちらをクリックしてご覧ください。

私は今、小さな組織ですが「長」とか「代表」とか名のつくことに関わっています。
自分自身、リーダーシップは全くないと感じています。
ただ、私は、フォロアーに恵まれたと思います。
私のような者を、支えてくださる人たちのおかげで
イメージの良い会として成長を続けています。

3つの組織は、始めた頃は、尻すぼみですぐやめることになるかも、と思っていました。
確かに衰退期もありましたが、今、周囲から好感を持って迎えていただけるのは
ひとえに、初期の頃から私を支えてくださった方、そして
その後仲間として参加してくださった方々の努力や人柄の賜物です。

かなり以前に、永井路子さんの、「はじめは駄馬のごとく」をこちらで
ご紹介したことがあります。
リーダーは、本当は無能なくらいの方が周囲が伸び伸びとして
しっかりとサポートし、力を発揮していくのだと思います。

この動画でも語られている一番大切なこと・・・
それは、フォロアーを対等な立場で大切にすること・・・・
私はマヌケなリーダーですが、それだけは出来てるかも、と思いますが
周囲のみなさんいかがでしょう???

ところで、以前ご紹介した感動的な動画も
クリックしたら見られる、ということがおわかりでない方が
多かったようですので、再度ご紹介します。
こちら←をクリックしてください。
報恩!
いつもイベントチラシ等で、ボランティア価格で協力をしてくださっている
熊さんへ、私たちのチラシをご覧になった「青銅之廻廊」から
パンフレットデザインのオファーをいただきました!

熊さんは、写真のプロですが、印刷物のデザインやHPデザインも
お仕事としてなさっていかれる方ですが
「あまりお金がない」私たちのオファーを快く引き受けてくださった上に
私たちが紹介している「センス・オブ・ワンダー」をその日のうちに
書店で購入して読んでくださったそうで、とても感激しました。

今回もチラシの文字が濃茶なので、理由を伺うと、木のイメージだけど
読み易くするために、ギリギリまで濃い茶色を使った、とのこと。

そんな熊さんですから、謝礼をたっぷり払うことはできなくても
いろいろな方への紹介を頑張ってきました。
今回、青銅之廻廊は、先方から、パンフレットの改訂にあたって
昨年、今年の私たちのチラシがとてもいいので
デザイナーを紹介して欲しいとお声掛けいただきました。

熊さんの実力が認められたからなのですが、頑張ってより多くの人の目に触れるよう
配ったことも、少しは効果があったかもしれません。

とにかく、お世話になっている熊さんに、まともなお仕事を
ご紹介できたことが、なんともうれしく、打ち合わせの様子を写メしました。

kumakuma.jpg


また改めてご紹介しますが、11月のイベントチラシもこんなに素敵です!

20121104info.jpg

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面
2012070919010000.jpg


息子が小さい頃から、永遠に交わることのない
不毛な言い争いをしてきました。ゲームについて。

息子はゲームが大好きで、私はゲームが嫌い・・というか興味がない。

何が面白いのか、理解できず、理解しようともせず
息子と衝突ばかりしていました。

息子は、やってみれば面白いはず、と私にいろいろ勧めたり
一緒にやろうと誘ってきたりもしていましたが
完全拒否・・・・
これでは話し合いにはなりませんね。
理解しようとしていないのですから。全否定なのですから。

で、いろいろあって、やってみることにしました。
メリッサは忙しい、とみなさん思っておられたと思いますが
ここ半年くらい、一番時間を取られたな日課はゲームでした。
でも、ふと思ったのです。私も若い頃、親が理解できないような
騒音のような音楽を好んで聴いたり、岩石集めに熱中したり・・・・
反対されても、友達と旅行に行きたかったり・・・
父は、私が無駄なことに時間を使うことを頭ごなしに反対せず
河原の石拾いに付き合ってくれたりしました。
話し合いの同じ土俵に立つためには、そしてこちらの意見を
聴かせるには、相手が投げたボールをキャッチして投げ返す必要があります。

最初は、コントローラーをどう動かしてもまっすぐ進まず
息子に尋ねると、同じことを何度も聞くな、やる気はあるのかと
昔、私が息子によく言っていたような小言を言われました。
永遠にできないかと思っていましたが、
毎日やっているとなんとかいろいろわかってきて
持前の運動神経・・・と言いたいところですが
あんまり無い運動神経を総動員して、最後は大ボスを倒すことができました。
絶対無理と息子も思っていた、様々なイベントもなんとかクリアできたのです。

ゲームをされたことの無い方には、この画面がどれほど
汗と涙の結晶かご理解いただけないと思いますが
私にとっては、それはそれは大変な道程でした。

思わず、写メしてしまいましたが
エンディングムービーにはまだ欠けたところがあって
もっと埋めることもできますが、
The End の画面を見たときは、ほっとして涙が出そうでした。

で、理解できたか?ですか?
価値観の違いでしょうが、私は同じ時間を別のことに使いたいと思いますし
新たなゲームをやる気にはなれません。

ただ、ゲームも私たちが若いころに熱狂した、若者音楽や踊りなどと同じように
何の足しにもならないように見えても、いつかは何かの形で
新たな道に歩みだしたときの力になる・・・と信じたいですね。


大塚さんのお味噌
伊予教室にお越しの大塚さんは、保育士のお仕事を辞められて
お母様と二人三脚の農業を頑張っておられます
そんな大塚さんが作ったお味噌は保存料や添加物の無い本当に美味しいお味噌で
教室でお会いするたびに、分けて頂くのをとても楽しみにしていました。

ところがお味噌を卸していた道の駅が
販売許可を持った大手のところの物しか置かないようになったそうで
個人のお味噌は置けなくなり今年は作るのをやめようかと考えているそうです

そこで、欲しい人が予約してくれたら(まとめて買わなくても、必要なときに買うのでいいそうです)
作ろうか、と言われています。

1Kgで580円~600円だと思いますが、欲しい方、いかがですか?
まつやまRe.再来館ハーブ教室
20120714.jpg

お声掛けいただいて、ハーブとはあまり縁のなさそうな
リサイクル館で、教室をさせていただくようになって
隔月の教室も4回目を迎えました。

当初は、ハーブについての入門ということで、初めての方対象の
単発のつもりでした。
ところが、気に入ってくださって続けて受講を申し込みしてくださる方もいらっしゃって
それはそれで嬉しいのですが、テーマは変わっても、お話することは
「初めてのハーブ」なので、初めての方を優先的に参加していただくようお願いしました。

最初は慣れない環境でいっぱいいっぱいでしたが
優秀のアシスタントも同行しているので、開始まで施設をのんびり
見学させていただく余裕も出てきました。

松山Re.再来館・・・シルバー人材センターも併設しているので
年配の方が多いのですが、若い人にも是非施設を見に来て欲しいと思いました。

たとえば、研修室の前には、こんなタペストリーがあります。
普段容器に入っているのを当たり前と思って買っているものも
容器代にこれだけ払っている、とわかれば、詰め替え用を買いたくなりますね。


映画好き必見! シネマなび ~sasabenet 
シネマなび
佐々部監督のホームページが閉鎖されることになりました。
フェイスブックに監督ページが出来たのでそちらに移行されるのかと
思っておりましたが、発信の方法をいろいろと模索されているようです。

監督のほろ酔い日記や、ロケレポートなどファンにはとても嬉しいサイトでしたが
中でも、映画ファンには垂涎のページ「シネマなび」が何かの形で
残るのか、一旦無くなるのか心配しています。
映画がお好きな方は、今のうちに是非ご覧ください!

「誰よりも沢山映画を観ている」佐々部監督が毎月2本の映画を
解説つきで薦めてくださるこのページは、今まで食指が動かなかったジャンルの映画を
再発見する機会になりました。
モバイルサイトもありますので、レンタル店に行き、シネマなびを
参考に映画を選ぶ愉しみもありました。

ご紹介されている映画の中で、私が観ているのは1/4以下ですが
ご紹介いただく前から観ていて心に残っているのは・・・・
「パピヨン」「薔薇の名前」「つぐない」「竜二」「ある日どこかで」
「小さな恋のメロディ」「博士の愛した数式」等々

「慕情」や「ローマの休日」がありませんが、たぶん誰でも
観ているので薦める必要がないのでしょうね。

嬉しかったことは、監督が松山にお越しになった時にご紹介した
「サマーストーリー」をVol60で取り上げてくださっていたこと。
「ファンに」ではなく「友人に」紹介されたと書いてくださっていたので
とても嬉しかったです!
監督のお人柄でしょうね。ファンなんて言葉お使いにならないのでしょう。
まるでヨン様ですね~  私ヨン様ファンじゃないですけど・・・・(^_^;)



えのき氷
o0800060012056502675.jpg

えのき氷ってご存知ですか?
私は塚本有子先生のブログで初めて知りました。

えのき3パックセットで安かった、そんな日は作ってみられてはいかがでしょう?
詳しくは
ジャパンハーブソサエティー資格認定委員長の塚本有子先生のブログで!
http://ameblo.jp/charis-yuko-t/entry-11291479721.html#cbox
塚本先生は以前愛媛支部にも薬膳のご指導に来ていただいたことがあります!

とってもセンスが良くて、お料理上手の塚本先生のブログはおススメです!
日経おとなのOFF ~ジョブズと禅
1206l.jpg

友人が営む歯科医院の待合室で見て、とても興味を持ち
取り寄せてみました。

特に、スティーブジョブズと禅についての記事が面白かったです。
失意の時期を禅が支えたエピソードや
伝説のスピーチが、禅のどのような思想に裏付けられているのか、ということが具体的に
分かりやすく紹介されていました。
禅僧 知野弘文師の片言の英語からジョブズはその言葉数の
数十倍もの気づきを得、自らの心と向き合う座禅の時間は
真に欲するものと不要なものを見極める思考スタイルを得る原動力になったようです。
そこで得られたシンプル思想が、やがて無駄を省いたiphoneやipadの誕生
へとつながったのかも知れません。

また、茶道の中に生きる禅の思想も私には新しい知識でしたし
禅を生かした偉人たち、のテーマでは
宮本武蔵 上杉謙信 山岡鉄舟 世阿弥
松尾芭蕉 西田幾多郎 平塚らいてう 夏目漱石 川上哲治
の生き方が紹介されていました。

超訳ニーチェの言葉の著者 白取晴彦さんによる
「超訳 禅の言葉」というコーナーもありました。
禅の本来の考えは、体得しなければわからない世界ですから、
簡単には理解できませんが
禅僧の言葉や、禅の言葉はなるほど、と心に響く言葉がありました。

日経おとなのoff 1冊読むと、その世界がある程度網羅してわかるよう
まとめられていて、なかなかいいなあ、と思います。

脳に悪い7つの習慣 ~人を嫌って、得することは何もない
脳に悪い

2009年に発刊された本ですが、話題にしたときに
具体的に内容を尋ねられたのですが、薦めておきながら
7つを全部言えなくて・・・ブログに紹介するから見てね、とお約束しました。
脳のパフォーマンス低いな・・と思いつつ、手元に用意して書いています。

脳・・・関係のHOWTO本が最近は沢山出版され
脳科学者という人も沢山メディアでお見かけするようになりましたが
私は、林成之先生が書かれているものが一番好きです。
林先生は、競泳の北島康介さんなど、北京オリンピック競泳チームの
メンタルトレーナーとして、選手の精神力向上に貢献されたとして
一躍有名になられましたが、医療の現場ではそれ以前から大変な功績をお持ちの方です。

林先生が「脳のパフォーマンスを上げる」ことに
強く関心を持たれたきっかけは、著書によると
救急医療に携わっておられた頃に
「瞳孔が開き、呼吸が止まった」人の命を救い、社会復帰できるまでにするには
スタッフの脳のパフォーマンスを上げて
「疲れた」「無理だ」「難しい」と言わない空気の中で
救命措置をすることが大事だと気付かれたからだそうです。

林先生が書かれている脳に悪い7つの習慣は
  興味がないと物事を避けることが多い
 「嫌だ」「疲れた」と愚痴を言う
  言われたことをコツコツやる
  常に効率を考えている。
  やりたくないのに、我慢して勉強する。
  スポーツや絵などの興味がない、
  滅多に人を褒めない。

だそうです。他の6項目はなるほど、と思いますが
え?効率を考えたら脳に悪いの?と不思議に思いますよね。
ちょっと誤解を受けそうですが、林先生のご専門分野からの
例によると、林先生は、
「瞳孔が開いて、脳波がない患者は脳幹が壊れているのだから
「命が助かっても植物状態になり社会復帰など無理、治療できない」
だから、あれこれ考える必要がない、という「効率」を重視せず、
脳幹の細胞は生きていて、細胞膜の機能が落ちても
脳波は消えるのだから、瞳孔が散大し、呼吸や、脳波が停止していても
脳幹の神経細胞が死んでいるとは限らない」という効率を無視した
ところから、「脳低温療法」を発見されたそうです。
考えても時間の無駄、と思われるようなことも、繰り返し考える習慣が
脳を活性化させる、と述べられています。
確かに、効率がいいということは、何も考えずに、スムーズに
事が運ぶということで、車の運転なども、本来は常に
燃費良く走るのは?とか、より安全な停止距離は?とか考えればいいと
思いますが、ついつい、普段の癖で自動的にやっていることが多いですね。
その間、脳はあまり活性化してないかもしれません。

この本を読みながら、7つの悪い習慣を持っていない人がすぐに何人か
浮かびました。
共通するところは、どんなことにも否定的でなく、人が好きで
愚痴や悪口を言わず、創意工夫が大好きで、いつも元気いっぱい
活き活きとしている・・・・・・・
こういう人になりたいと思いますが、それは難しくても
こんなタイプの人を眺めていることはできますよね。
そのお一人、ハープ奏者の古佐小基史さんとは11月にいくつかの
イベントでお世話になるため、あの元気いっぱい、好意に満ちた
古佐小基史さんとお会いするのがとっても楽しみです。

この本の中で、心に残った一言は
「人を嫌って、得することは何もない」です。
林先生は、それでもどうしても好きになれない人もいた、と
その時に対処を書かれていて、私たちと同じ等身大の人間林先生の
姿が書かれているからこそ、読者は引き込まれ、安心して先生の言葉を
心に注ぎ込んでいけるのだと思います。

余談ですが・・・
この本をスキャンしようとして、スキャナーを開いたら
探していた書類がそこに・・・・涙
この本を再読して脳のパフォーマンスを上げたいと思います
岡山県古代吉備文化財センター
貝塚岡山

岡山県古代吉備文化財センター
岡山埋蔵文化センター

吉備津神社の近くにひっそりと佇む建物の中には
面白い物が沢山ありました

中でも本物の貝塚を特殊な薬品を使って剥ぎ取った展示は一つ一つ貝の種類まで判別出来
とても興味深かったです

所員の方に許可を頂き、撮影しました。

今日は七夕。
貝塚が天の川のように見えてワクワクしました。

とてもいい施設でしたが、松山の考古館と同じく閑散としていて、
勿体ないなあと思いました。

吉備津神社からのアクセスは美しい緑に囲まれた山道。
歩いて登ってもいいかもしれません。

岡山埋蔵文化センター周辺





栄養をどうとるか
食事の仕方については、様々な意見があり
少食にしてみたり、温める食材を積極的に摂取したり、砂糖を断ったり、
水分をしっかり採ったり、取りすぎが良くないといわれたり
昔は、身近なものを旬の時期に採るだけだった、とか。

どれも一長一短、完全な食事の仕方というのは
人それぞれ、体質や環境によって違ってくると思います。

ただ、昔からの食生活をするということは
昔のような健康状態・・・平均寿命が50歳くらい
と考える必要があるかもしれません。

日本人は、豊富な食材が身近にありながら栄養失調の人が多いそうです。

栄養が不足すると次のようなことが起こるそうです。
糖質・・・・疲れやすい、だるい、筋肉量の減少
ビタミン・ミネラル・・・新陳代謝の低下、貧血、イライラ、不定愁訴
脂質・・・・脳出血の危険、肌のかさつき
タンパク質・・・・細胞の老化 免疫力低下

ダイエットと言う言葉が当たり前のようになってきましたが
発展途上国や紛争地域では食べるものが無く、亡くなっている人がいるのですから
ダイエットをする代わりに、バランスよく食べて、
余ったエネルギーで身体を動かし、貧しい国の人たちのために
わずかでも寄付をしたりされてはいかがでしょうか?


森へ出かけましょう!
今年もフォトグラファー熊さんのデザインによる、素敵なチラシが完成しました。
本当は、もう出来上がっていなければならないのに、すみません。
これから印刷に出しますので、来週くらいから、みなさんにお配りしますが
大人も子供も、トンネルが抜けて近くなった久万高原へ、そして
知る人ぞ知る、素敵な青銅之回廊美術館と周辺の森へ是非お越しください。
久万高原町入り口手前なので、松山インターから30分です。
お子さんの夏休み自由研究にも最適!同じテーマで数年前に自由研究で優秀賞を
受賞したお子さんが複数いらっしゃいますよ!!!
2012miura0804.jpg

幸せパズル ~映画愛好会へのお誘い
siawasepazuru.jpg

会員の末席に入れていただいている「マネキネマ」の定例会兼総会に行ってきました。
今日の定例会観賞映画は「幸せパズル
映画のCMと写真で、私なりにストーリーを想像していったのですが違った展開でした。
好い悪いではなく、CMと本編って、印象が違うことが多いですよね。
映画制作者でない人が、より多くの人に興味を持ってもらえるように作るからでしょうか?
場合によっては、その違いが命取りになることもありますね。

「サイン」はとてもいい映画でした。私は感動しましたが
多くの人が「ミステリーサークルの謎が今解き明かされる!」という期待で
劇場に行かれたようで、肩透かしされたような、残念な映画になってしまったようです。
また、本当に宇宙人が現れたのに鼻白んだ人も多かったでしょう。
語られているのは、家族の愛、時間や生命を超えた守る心・・だと私は思うのですが。

「幸せパズル」
エンドロールが始まると、え?これで終わり?とつい思ってしまいました。
彼女のささやかな秘密が家族に知られて、修羅場になり、そしてそれを乗り越えて
家族の本当の幸せに気づく・・・・のかと、思っていたので。

自分の誕生パーティーなのに、自分ひとりで大勢の食事を作り
朝方まで片づける・・・日本の家庭なら奥さんは怒り出しそうな光景も
アルゼンチンでは当たり前の風景なのでしょう。
ここで、この女性はひどく虐げられている、と思うと映画を見誤るような気がします。
外国映画を観るときは、その国の国民性や習慣を知らないと大筋を見誤ることがあります。
それなら、ちゃんと勉強して観るのか?
いえいえ、目くじら立てずに楽しんで観るのがいいと私は思います。

あるシーンで、私はわおーと思いました。(もちろん心の中で)
以前こちらでもご紹介した楽器「口琴」がBGMとして効果的に使われていました。

地方都市では、大手配給会社の作品しかスクリーンで観られないことが多いのですが
松山ならマネキネマなど映画の愛好会に入ると
良質な映画を大画面で観ることができます。
年会費は4000円ですが、最低でも4回は無料で定例会での映画鑑賞ができます。
また、会報誌も、映画をディープに掘り下げとても面白いです。

今、日本の小さな映画館はデジタル化によって、存続が危ぶまれています。
また、往年の名画もデジタル化されていなければ観られなくなるかもしれません。
日本の映画文化を守るためにも・・・なんてそんな大げさなことではなく
映画がお好きな方は是非、マネキネマにご入会をお薦めします!
会費だけ払って、好きな時だけ映画を観に行っている私が偉そうには言えませんが(^_^;)

定例会は平日の夜と日曜日の午後の2回実施されています。
私には、日曜日の午後2時40分からというのが、家族の昼食の世話を終えて
夕飯の支度までに帰宅できるので、ちょうどいい時間になります。
主婦の方は平日の日中がいいと思いますが、またそういう要望も
事務局に求めていけばいいと思います。

定例会で過去にどのような映画が上映されたか、HPでご覧になって
是非是非ご参加くださいね!

マネキネマHP
http://www5f.biglobe.ne.jp/~maneki/




プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する