メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・




まつやまRe.再来館でのひとこま

資料をお配りすると、何人かの方が、いきなり最後の方を探しておられたので
何かな~?と思っていたのですが
ミニ自己紹介で、「本の紹介を楽しみに来ました。
今日は無いのですね・・・とても残念」と言われた方がいらっしゃいました。

最近中身がてんこ盛りで、本のお話をする時間が無く、暫くやめていたのです。

その方は、抽選なので、いつも参加できるわけではないけれど
参加できた時には私がご紹介する本を読まれているそうで、
とても良かった、と言ってくださいました。

みなさんに喜んでもらおう、と始めたわけではなく、
いいと思ったものを、共有したい!それだけなので、押し付けがましくならないよう
気をつけながら、ちょうどその頃のお気に入りの本やそれに関連した本を紹介しています。

ですので、月の前半と後半ではご紹介するものも違っていたりしますが
どうしても必要なものではないので、資料にはタイトルを書いていても
ご紹介せず終わることもよくあります。

よく考えると、私はオマケで講座に取り入れていますが
本を紹介するだけのカルチャーなんて、無いですよね^^;

小さい頃から本を読むのが好きだったので(そんなに難しい本ではないですが)
取説や、JAFの機関誌、航空会社の月刊誌など
目の前に活字があればついつい読みふけったりします。

私の読書には何の脈絡も無く、目的も無く、関心があるものを楽しんで
読んでいるだけですが、内容に感動したり、文章の美しさに感動したり
時間の無駄と思うことはありません。

普段は、誰かの本の中で紹介されている本を派生的に読むことが多いのですが
時々書店にふらっと入りたくなることがあります。
そういうときは、入ってすぐにお気に入りの本が目に飛び込んできます。
呼ばれて入ったのかも知れないな、とよく思います。

今日は「ジヴェルニーの食卓」モネが愛した庭のご本家ジヴェルニー、
著者も原田マハさん、きっとハズレは無いだろう、と立ち読みもせず
購入して嬉しそうに抱えてかえってきました。

いつか、二階の私の部屋が本ごと落ちてくるのではないかと
戦々恐々としている夫ですが、蔵書は夫の方が多いので
まあ、割れ鍋に綴じ蓋、変わり者ですが、似た者夫婦。
本が沢山ある人生に理解を示し合えて、まあいいかなあ

そんな私ですが、手放す本もあります。
ブックオフには行きません。
Amazonのマーケットプレイスに出品します。
その本をピンポイントに検索して、読みたい、欲しいと思った人の
手元に届けたいからです。お値段はこちらが赤字にならない
Amazonへの手数料と送料だけの金額、自分の懐には何も残りませんが
大切な本が、それを求めている人に届くことが嬉しくて。
スターアンビエンス
スターアンビエンス




8月にお帰りになる時に、また是非愛媛へ、久万高原へ来たいです。
と言われた小松先生を松山駅にお迎えに上がりました。

久万高原天体観測館での体験をエネルギー源に、半年もたたないうちに
スターアンビエンス ~プラネタリウムのための音楽~ が完成しました。
先生のひたむきな創作活動が、愛媛再訪の機会を生み出しました。

夢や希望は、「行動する」人こそが実現できるもの
そう信じられる出来事でした。

小松先生はアルバムを作ることが直接再訪に繋がるとは思わず
制作に励まれたことでしょう。
その結果、リリースされたアルバムを記念して久万高原町が
先生をお招きしたのでした。

満席のお客様が、食い入るように小松正史さんの演奏を聴いていた2時間
沢山の友人が松山や西条からいらしてくださいました。
音を吸うように聴いてくださっている・・・・小松先生の言葉はまさにその通りでした。

中村さんの、28年前にご自身が体験された、臨場感溢れる星の音のお話

宇宙人は理論的には必ず存在するという中村さんから小松先生への質問
我々と同じような知的生命体が、音楽という概念を持っていると思うか?
あらかじめ宿題を出されていた小松先生はご自身が考えたことをお話くださいました。

穏やかで美しい時間が流れ、アンコールの時間になりました。

本当に素晴らしい会でした。
こんなに心が温かくなる会は初めてでした。

久万高原町の職員の方々、道の駅さんさんレストランのみなさん
そして、はるばる八幡浜や西条から駆けつけてくれた私の大切な仲間達

本当にありがとうございました。
心に温かい宝物をいただきました。

<

苦しみも悲しみも人生の模様
歩く足にしか泥はつかない

全国ハーブサミット石垣大会 基調講演の最後に
ジャパンハーブソサエティ八重山支部長 嵩西洋子さんは、こう締めくくりました。

石垣サミットは、前年の南城市大会の後を受けて準備期間はたった1年
それも大半は戸惑いながらの手探り状態だったそうです。
しかし、私たちが目にしたサミットは大変素晴らしいものでした。

その立役者である嵩西洋子さん
この日ほど、私はジャパンハーブソサエティの一員であることを
誇らしく思ったことはありませんでした。

個人的にそれほど親しいわけでもありませんでしたので、
当日の八重山支部のみなさんのハーブに対する想いや知識の素晴らしさとともに
ご指導されている嵩西さんの積み重ねられてきた実績を目の当たりにしました。

後の片付けに忙しい中、お礼のお電話いただきました。
その中で、個人的なことも伺いました。
16歳の美しい盛りのお嬢さんを交通事故で、その後まもなく
頼り切っていたご主人を思いがけない病で亡くされた彼女が
どうしてこんなに元気に活き活きとしているのだろうと不思議に思いました。
話しているうちに、彼女の口からは次々と素敵な言葉が溢れ出してきました。

ご主人と共に10年間営んだ胡蝶蘭生産の仕事。
ある日、大切な胡蝶蘭の花を運搬中に折ってしまったそうです。
ショックで座り込んだ彼女に周りの人が言った言葉は
「胡蝶蘭は花が折れてもお腹の中に芽を持っていて
新しい花を咲かせようと必ず出て来るから心配ない。」
それを聞いた洋子さんは
「希望や夢を叶えるために自分の芽を引き出そう」
と思ったそうです。

その後、つい先ほどまで一緒におせち料理を作っていたお嬢さんが
友達に誘われて初詣に行った帰りに飲酒運転の車に乗せてもらったばかりに
世間の人がおめでとうというその日に、お嬢さんを抱くこともできず奪われたそうです。

その事件の後始末に辛いこと苦しいことが沢山あったそうですが
生きているからこそ、苦しみや悲しみを感じることができるのだ、と思うと
これも人生の模様みたいなものだ、と思うようになったそうです。

太陽の光は、誰にでも公平に降り注ぐけれど、
活動する人、自ら動く人だけが
活動能力、行動力という強い力を得ることができるのよ、と
きっと電話の向こうではあの元気な笑顔なのだろうな、と思いました。

2年前に、選ばれたというよりは渋々引き受けた支部担当理事でしたが
こんな風に全国の素敵な支部長さんたちと巡り会い、
元気をいただけて、本当に幸せです。

洋子さんが亡きお嬢さんに宛てて書き続けた手紙を
周囲の勧めで出版された時の記事です。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-96338-storytopic-86.html




プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する