メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
トガニ ~幼き瞳の告発
togani.jpg

佐々部監督のお薦めの映画が、四国で大街道シネマサンシャインただ1館だけで
上映されているというので、観てきました。

実話であり、また裁判は現在進行形であるということで
とても重く受け止めながら観ました。

日本でも、似たような事件はよく耳にしますが
主人公のような勇気ある行動をとれる人は少なく
保身や家族のために、不本意にも目をつぶってきた人も多いでしょう。
今自分が彼と同じ立場であったとしても、できないだろう、と
思う人たちに代わって、映画は、正義を見せてくれます。
何もできないけれど、映画を観ることで(より多くの人が観たという事実)
少しは自分が何か出来たという気持ちにさせてくれます。
そして、それが、力となり運動となって人を救うこともできるのでしょう。

日頃、理不尽だ、と思うことがよくありますが、
あの子どもたちが受けた仕打ちを思うと、私が経験してきた
理不尽さなんて、とるに足らない、と思いました。

気に入った映画はパンフレットを買うのですが、
作られてないのか、置いてないのか、ありませんでした。
私は、ショーケースの中を探していたのですが
前後して出てこられた女性が、トガニのパンフレットは無いか尋ねていました。

階段を降りながら、作ってないんですね、とどちらからともなく話をしました。
お一人でいらしていたようでしたので、
ちょっと興味がわいて、どうしてこの映画を観にいらしたのか伺ってみたところ、
映画がとても好きで、良さそうな映画があるとよく観に来られるのだそうです。
この映画館は、大街道という一番の繁華街に面しているので
何日か前に通りがかりにポスターを見て、興味を惹かれたのだそうです。

家族に同じようなハンディを持った人がいる、とか
人権問題に関心がある、というお返事なら、そこでお別れしたと思うのですが
どちらの方向へ帰りますか?と尋ねてくださったので
三越に車を駐車していると答えると、同じ方向だから一緒に行きましょうと
映画の話をしながら向かいました。
三越の手前で、お時間があったらもう少しお話したいけれど
お夕飯の時間ですよね、と名残惜しそうにその方が言われるので
30分くらいなら、とサンマルクカフェに入りました。

短い時間ですが、映画の話でとても楽しい時間を過ごしました。
仕事の都合で、最初を少し見逃したのですが、見始めたところまで教えていただけました。
帰り際に、名刺をお渡しして、知らない人にあまり渡さないんですが・・・
と言うと、その方もお名前、住所、電話番号をメモに書かれて
私も初めて会った人に電話番号なんか渡さないんですけど、とにっこりされました。

今ベネチアとモントリオールで映画祭が開かれていることに
話題が向き、映画祭って、政治と同じで何か大きな力が
働いていそうね、と話しました。
私が北野映画は嫌いだと言うと、その方も大嫌い、と。
外国人が何もわからずいいと思うのは、仕方ないにしても
国内で評価されるのが、わからない、自分の周りで
いいと思っている人は居ないのに・・・と。

いつも思うのですが、映画賞で評価される映画が
私たちの印象とかけ離れていることがよくあります。
私のブログでは、できるだけネガティブな話題や
個人を批判する内容は書かないようにしているのですが
北野武氏は、映画監督である前に、公人として、眉をしかめて眺めています。
ちょっと変わったオタクっぽい人や一生懸命な人を笑いものにしたり
前向きの発言を小バカにした発言をします。
日本にこれほど苛めが蔓延したことも、彼の番組が少なからず影響しているのではないかと
思うほどです。

かくいう私ですが、北野映画はDOLLしか観たことがありません。
観終わって、「はあ?」と思いました。一方的に、自分のやりたいことだけをして
観客が理解できなかったら、理解できない方がボンクラだと言わんばかりの。

家に帰って、北野映画について少しネットで検索してみると
全く同感と思える、こんなブログがみつかりました。

LACROIXのちょっと辛口映画批評

http://d.hatena.ne.jp/LACROIX/20100605/p1#c

そしてその辛口のLACROIXさんが佐々部監督映画をこんな風に
書いておられて、ちょっと辛口ですが、いい人だな~と思いました!
http://d.hatena.ne.jp/LACROIX/20120328/p1


この記事に対するコメント

私も観ましたよ。
メリッサさんもご覧になったということで嬉しいです\(^o^)/
パンフレット、私は買えました。
知っていたら2冊購入できたのに・・・(>_<)

北野監督の映画は私も苦手です。
観客が理解できなかったらできないほうがボンクラ…
小気味いいメッセージですね。
私は自分がボンクラなんだなって思っていました。
それでもいいかって(笑)

もっともっと辛口なコメントもお待ちしております(^^)v
【2012/09/07 10:16】 URL | maru #- [ 編集]

Re: タイトルなし
maruさん

maruさんもご覧になったのですか?
佐々部監督ブログをご覧になってでしょうか(*^_^*)

パンフレットあるのですね!
大街道シネマサンシャインは小さな劇場なので、売らなかったのですね。
残念でした。
またいつかお会いする機会があったら、見せてくださいね!

辛口コメント・・・が、頑張ります!
【2012/09/07 12:26】 URL | メリッサ #- [ 編集]

もう一つの「トガニ」
メリッサさん、こんにちは。
こんな題材の映画が大ヒットする韓国の映画土壌が羨ましくもあります。

僕も北野映画は苦手です。でも「キッズ・リターン」や「あの夏、静かな海」なんて
素敵な作品もあります。
ただ、北野武作品や松本人志作品、ジャニーズ主演作品はマスコミ挙げての大応援。
決して辛口批判はありません…残念ながら。
この人達を敵に廻すとTV局が立ち行かなくなりますよね。大人の事情です(笑)。

あと、カンヌやヴェネチアは毎年同じ監督作品が日本代表作品…これも悲しい。
これにもいろんな裏事情があるのですが…
僕が海外の映画祭に全く興味をなくしたのもそういうことです。

「キネマの神様」、素敵な小説でした。
ラストの映画、あれしかないって思ってました(笑)。

一番大切なことを書くのを忘れていました。
もう一つの「トガニ」。
下関にいる僕の友人が作った3分の短編、『月日貝』とても良い作品です。
http://kerouac.at.webry.info/201209/article_2.html
【2012/09/08 00:52】 URL | K.SASABE #/pdu0RA. [ 編集]

Re: もう一つの「トガニ」
佐々部清監督さま

良い映画をご紹介くださってありがとうございました。

北野映画より、もっとひどいのが松本人志映画・・・
でもこちらは、私は「映画」と思っていません。
こういう映画の観客の多くが、若い人たちだと思うと心配になってきます。
映画祭も、裏事情がありそうなのは、素人目にも明らかです。

私の周りにも映画が好きな人は沢山いますが、
映画好きなりのプライドを持って、良い映画を自分の目で選びたいですね。

「キネマの神様」早速お読みくださるなんて、感激です。
きっと監督はお好きだろうと思いました。
ラストのあの映画は、映画史に残る名作なのに、たぶんちゃんと観たことは
無いと思います。有名すぎて、観たような気にはなっていますが。
確かに監督が仰るように、映画化なら、楽園のカンヴァスですね。
佐々部清監督のメガホンで観てみたいです!
なんて・・・楽園のカンヴァス読んでいませんが、監督の受け売り・・(^_^;)

当面の楽しみは、1週間遅れの「痕跡や」。楽しみです!

それから、こちらのコメントでmaruさんが
監督にご挨拶しております。よろしければご覧ください。
http://naturalspacetazzy.blog83.fc2.com/page-3.html
【2012/09/08 01:03】 URL | メリッサ #- [ 編集]

映画史に残る名作
メリッサさま
「キネマの神様」のラストの映画、その通りです。
未見なら、是非ご覧ください。
公開時に大ヒットした通常版と3時間近い完全版があります。一般的には通常版が名作とされますが、
僕個人は完全版が大好きです。きっと10回くらい観たでしょう。
助監督時代に撮った故郷・下関の行政ビデオ「下関的景観」。劇中の音楽をすべてこの映画の音楽に
しました。予算が全く足りなかったので、世界的大作曲家に手紙を書いて、こちらの予算に合わせて
もらいました。懐かしい思い出です。


この場を借りて…maru さま。

以前のcommentsも読んでいました。
今年のタイガースは、早く来年の準備にして欲しいです。

タイガースをモチーフにした映画…
「ミスター・ルーキー」をご存じでしょうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ミスター・ルーキー
僕の友人がプロデューサーでした。監督の井坂さんも友人ですが、彼はベイスターズファン、
どうして僕に監督をさせてくれなかったのか恨んだものでした。
主演が長島一茂ってのが、どうよって疑問もありました。
【2012/09/08 12:12】 URL | K.SASABE #/pdu0RA. [ 編集]

Re: 映画史に残る名作
佐々部監督さま

ありがとうございます。
レンタルしようかと思ったのですが、アマゾンで完全版が1000円ほどで買えるようでしたので、
そちらにしようと思います。
10回も!余程素晴らしいのですね。
私も、タイトルにシネマが入っているので、いつかゆっくり観たいと
思っていました!
世界的大作家のお手紙書かれたのですね!素敵です〜。
私もとても好きなので、楽譜持っています
【2012/09/09 01:08】 URL | メリッサ #- [ 編集]


  遅いレスでお目にしていただけるかわかりませんが…。

ミスター ルーキーの紹介ありがとうございました<(_ _)>
ウィークデイ、毎朝聞いているラジオのパーソナリティ^-道上洋三さんがエキストラで出演ということで
関西では話題になった映画です。
けれど個人的には一茂さんが主演ということであまり魅力を感じていませんでした。
今日TSUTAYAにレンタルしに行きましたが取り扱いされていませんでした。
残念!(>_<)

今日は大洋(夫は今でもこう呼んでいます)との1戦
1回から覇気のない試合をやっていますが今鳥谷の三塁打で逆転しました。
もう終わりよければで…でやっぱり観てしまうのが野球の魅力ですね。
金本さんがファンに感謝しますと言わなかったのが
ファンの声援は吉にも凶にもなるってことだなと思いました。

佐々部監督のタイガースがらみの映画作品 是非観てみたいです\(^o^)/
【2012/09/17 20:59】 URL | maru #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する