メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
桑原教室サロン
tamai1.jpg

この教室は、Tさんのご好意で、ご自宅を使わせていただいています。
趣味のいい器が沢山あって、いつも目の保養をさせていただいていますが、
今日はなんとご主人様のお気に入りの大皿がテーブルにおかれていて、
とっても素敵なBGMまで流れているではありませんか!

ハーブ教室のBGMにと、ご主人が朝からリピート演奏でかけて出かけられたそうなのです。
不動産会社を経営されているので、顧客サービスとして相手の好みを見抜くのに長けておられるのでしょう。
初めて聴くチェロの巨匠Mischa Maisky、帰りにCDを買って帰ろうかと思うほど好きな感じの演奏で、
参ったなあと思いました。
どんな仕事でも自分が得るためだけの行動は簡単に見破れますが、
そこに相手への好意が込められているから「参って」しまうのでしょう。

その方はお気に入りの作家さんに作品について熱心にお手紙を書かれるそうです。
作家が酷評された時にはいっそう熱心に長い手紙を書かれるそうです。
単なる励ましではなく、批評家よりも遥かに沢山彼の作品を見て
実際に手元に置いている人だからこそ伝えられる作品への評価を。

芸術はどんなに立派でも作家の手元に眠っていたのでは育ちません
人の目や手を経て、それを愛する人達に育てられるのだと思います。
批評家ではなく、作品を愛するファンによって。
これは陶芸だけでなく、文学や音楽、映画や舞踊などにも通じることだと思います。

豊かな社会に暮らしたいのなら、好きな作家や芸術家を応援する、
それは社会のためというより、自分自身のためであるということを教えていただきました。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する