メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
ソローと漱石の森 環境文学のまなざし 稲本正著
51F7ZS5FX7L__SL500_.jpg


イベントに講師としてお迎えする稲本正さんの数多いご著書の中で10数冊は持っていますが
お迎えする当日までにできるだけ多くのご著書を読んでおこうと思っています。
今手にしているのは、前々から興味を持ちつつ、時間のあるときに、と思っていた
「ソローと漱石の森ー環境文学のまさざし」
私たちが活動のメインにしているセンス・オブ・ワンダーの一節が引用されていますし、
漱石の足跡を追って若い頃に松山にもお越しになったことが詳しく記されています。
何より、私にとって目から鱗だったことは、人はそれぞれに内的環境
(どんな本を読み、何を見、どこへ行き、なにを感じて何を実践しているか)が違う、
そんな当たり前のことですが、その違いによって、伝わったと思っていることも
ちっとも伝わってないことがあるのだ、ということです。
ソローを理解してその暮らしを「体感」している稲本さんと、難解で投げ出した人では、
内的環境が違うのだと読み進めるにしたがって感じるようになりました。
それはかなりのカルチャーショックでした。
この程度のブログでも、長い文章を読むのは苦手、という知人が多く
そういう人にいくらいろいろ思いを伝えても伝わりようがない・・・・
そんな当たり前のことに気づいて愕然としています。

稲本正さんは、そういう人に向かって粘り強く発信を続けていらっしゃることに感動しています。
稲本さんにとって人生を変えた二人の作家がソローと漱石なら、
私は30年近く前に一度、そして今、再び別の側面から稲本さんの本に衝撃を受けています。

この著書については、読了後改めてご紹介したいと思っています!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する