メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
気づき
稲本古佐小対談

娘が背中を押してもらったことは、森林系でも音楽系でもありません。
問題意識があれば、違う分野の人の話からも気づきや学びがあると思います。
自分に関係のある話や、興味のあるジャンルの音楽しか聴かないという人もいらっしゃいますが
短い人生、勿体ないと思います。

立脇バレエの河野自由美先生のブログで、お子さんに指導をされるときに、
どんなジャンルの踊りにも敬意を持つように指導していると、書かれていて、素晴らしいと思いました。
きっとその賜物でしょう、公演を拝見して、お子さんたちの謙虚さと真摯さがひしひしと伝わってきました。
クラッシックバレエが頂点で、それ以外のジャンルの踊りを見下げる人もいますが、
どんなことからも学びはあります。
正直私もフラダンスなんてオバサンの趣味、誰でも簡単にできると、思っていました。
でも実際に学んでみるとフラの心やハワイの文化などに奥深さや敬意を感じますし、
昔我々日本人が持っていて、今は失いつつある自然崇拝を、
今も生活の中で大切にされていることをうらやましく思います。

その道を究めた人のお話を聴いたり、会えるチャンスがあれば、
時間の許す限り出かけていきたいと思っています。
写真は、古佐小さんの「稲本さんへきいてみたいことが沢山ある!」というご希望から実現した対談のシーンです。
終了時間の関係で対談は10分程度でしたが、アンケートには「もっと対談を聴きたかった」
というご意見が多くみられました。

大学卒業してほどなくアメリカへ移り住まれた若い古佐小基史さんは、稲本正さんのことを
全くご存知なかったそうです。私たちのイベントに演奏者としてお願いしたわけですから
その時間にいらして、お願いした部分で演奏をしてくださるだけで十分なのですが
古佐小さんはアメリカで稲本さんについて、ネットを中心に勉強され、
「素晴らしい実践と経歴をお持ちの方なんですね!」
と感激されて、次々とイベントに対してもご提案をいただきました。

帰国後の打ち合わせで数多いご著書の中から最近の2冊をお貸ししたのですが
1日も休みの無い、連日のコンサートの合間に(合間があるだけでも驚き!)読破されていました。
熱心に柔道や音楽をされながら、愛光ー東大理科2類に現役で進んだ人というと
生れながらに才能に恵まれていたのだと、誰もが思いますが
一番の才能は、何かに興味をもち、すぐに行動すること、時間をうまく作ること
誰とでもすぐに友達になる柔軟さ、そういう根っこの才能があれば、
何でもできるんだなあと思いました。

そして、若い頃には花開かなかった人も、何かに興味を持ち
すぐに行動し、億劫がらずに行動して、時間のコントロールを学べば
諦めていたことにも手が届くかも、と私のような者もワクワクしてきました。

いろいろな人に会う度に、へえーと感心して畏れ入るだけでなく
その人のすごいところを、自分に必要な形で吸収していきたいと思います。

いつもぽかんとへえ~ すご~い と言っている私ですけど・・・いつかは・・・・
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する