メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
素敵を重ねる日々 ~広田せい子先生
雨露201212172

昨朝、広田せい子先生からお電話をいただきました。お時間大丈夫?と言われて、はい!と言ったものの、
お茶の稽古に間に合うためにはそろそろ出かけなくてはならない時間でした。
でも、ここで電話を切れば、私からお電話できるような方ではないので、
お稽古の時間が始まる時間を過ぎてもお話をうかがっていました。

先生のお部屋からなのでしょう、素敵な音楽が流れていました。
娘の話題の後、ふと思い出されたように、フランスから買って帰った
四季咲きミモザの芽が出たというお話をなさいました。
娘が生まれたときに、内祝いの品に、ちょうど満開だったミモザの花をメインにした
「なおこのポプリ」を添えたのです。もちろん広田先生に、そのことをお話したことも、
娘が3月生まれということをお話したこともありません。
驚いて、実は・・・とお話すると、まあ、素敵なお話ね、と言ってくださいました。

私がHNをメリッサと名乗っているのも、広田先生が「ミセス・メリッサ」と呼んでくださるからなのです。
メリッサはレモンバームの学名です。広田先生はずっと植物を学名で呼ばれます。
この日もミモザという名前は最初の一言だけで以降、学名のアカシアでお話をされました。
そんなやり取りから始まった一日、何を見ても、先生の「まあ、素敵」が心の中に響いていました。

広田せい子さんをご存知ない方も沢山いらっしゃるようです。
私 たちハーブ愛好家には神のような人ですけど。
NHK趣味の園芸でよくお見かけしていました。広田先生のお庭でハーブレッスンを受けるのが夢でした。
腰痛が悪化されて、もう叶わぬ夢かと思っていましたが、お元気になられて、
今はお手玉を持って東北を回っておられるそうです。広田先生にお会いするたびに、
もっと勉強しなくては、と思い、熊井先生にお会いするたびに、素敵に暮らしたいと思います。
今はイギリス人のベニシアさんがもてはやされていますが、ベニシアさんは生き方の先生。
ハーブの栽培や利用の第一人者は広田せい子先生だと思っています!

広田せいこハーブブック




この記事に対するコメント

こんばんは。
広田せい子さんのキッチンガーデンの本は大好きで 西洋野菜の 虜になりました。
有機栽培を始めて20年近く・・・、その途中で巡りあったその教書で 取り入れ栽培した
色とりどりの野菜の中で 「男前・・」と賞された紫キャベツ・・・、特に他の色との組み合わせの妙が楽しめました。
今年は  ゴールデンさやえんどうが新顔です。ロマネスコは 美味しかったので 再度
育てています。

これから霜が降りると 広田先生のような 写真・・・撮ってみたいですね。
素敵な方たちとの 交流は 財産ですね~。
【2012/12/21 22:37】 URL | 花追人 #VefHeiZQ [ 編集]

Re: タイトルなし
花追人さま

広田先生の本は本当に素敵ですよね。
写真は鉄道写真家のご主人が撮られるので本当に美しいです。

広田先生は他にも多肉植物や辛子など、ブームに先駆けてご紹介くださった方ですよね。

また愛媛にお越しいただきたいと思っていますので
その折には、先生に会いに是非いらしてくださいね。

【2012/12/21 23:48】 URL | メリッサ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する