メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
大晦日ですがサンタクロース

大晦日ですが・・・

普段真面目にやってないので、途方に暮れています。
ちょっと掃除の手を休めて、お気に入りのブログを覗いてみました。
逃避行動・・・(^▽^;)

maruさんのページでは、「サンタクロース」の話題があったので
先日知り合いに送った昔の日記の一部をこちらにも。


ハーブ教室の生徒さんのお宅で、子供たちがサンタを信じているかどうか
という話題になりました。
帰宅後、我が家はこうやってサンタさんを卒業した、とメールで送りました。
それぞれのご家庭で子供さんたちとの関わり方も
暮らしぶりも違うので、何の参考にもなりませんが、
7年前、子供たちの年齢が二桁になった頃の出来事です。

***************

2002年12月16日

「今年からサンタさんは来ません」
子供達にそう宣言しました。
「えー、そんなー、何で!」という子供達。
「サンタさんを信じてないから?」と娘が恐る恐る聞きました。
「信じてないの!?」「ううん、信じてる、兄ちゃんは居らんというけど
私は信じてる!」「オレも本当は信じてる!」必死の子供達。
「プレゼント欲しいからそんなこと言ってるのと違う?」
「違う、去年お母さん言ったやんか、サンタさんは信じている子供の
心の中にいるんだって。あれウソなん?」
「ウソやないよ。サンタさんは本当に信じる心さえあれば、いつでも
どこにでもいるんだけど、子供達が大きくなると、自分で欲しいものは
お金を貯めて手に入れたり、もっと大きくなると恋人からプレゼントされたり
そういう楽しみをサンタさんは与えてくれるのよ。だからね
いい子でなければ、お仕事をしてお金を貯めることもできないし
素敵な恋人にも巡り会えないのよ。これからはね」
「でもまだ仕事もしてないし・・・」「だからね、いただいたお小遣いを
無駄遣いせず、大事なものを買うために貯金するのよ。でもね、まだ当分は
サンタさんの代わりにお母さんがプレゼントしてあげようと思うんだけど何が欲しい?」


「ねえねえ、お母さん、私が欲しいものをいつもツリーの下に置いてくれたのは
お母さんだったのよね、今までも。」「そうよ、サンタさんに頼まれてね」

いつかは越えなくてはならない夢と現実をなんとか越えて
ほっとしました。街ではユーミンの「恋人はサンタクロース」が流れています。

*************

細々と、たまに更新している、こんな「しょぼい」ブログに
お越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。

来年は、ボケ防止も兼ねて、もっと頑張って更新したいと「今は」思っております。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する