メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
3人称の死  ~NHKこころをよむ「文学・美術に見る仏教の生死観
20130331.jpg

よく通る道からすぐなのに、小学校以来、一度も行ったことのない場所があります。
その森は私が死体の第一発見者になった場所です。
小学校を卒業して中学へ入る前、桜の美しいちょうど今頃の季節でした。

松山の方ならご存知でしょうが、古川から和泉へ抜けるあたりにあるマルナカの裏です。
私が子どもの頃は、昼なお暗い鬱蒼とした森で、子どもは近づかない場所でした。
友達と石手川河川敷にあった交通公園へ行った帰り、大勢ということもあって
あの森を通ってみよう、と 友達を誘いました。

やめとこうよ、という女の子もいたのに、さっさと森へ入っていきました。
なぜなら、一度父親と来たときに、コロボックルの物語でイメージしたのと
そっくりな場所や切り株、繁みなどがあり、また行きたいと思っていたのです。

 詳しいことは書きませんが、目の前に転がっている死体って強烈な存在感です。
このように、身内でもなく自分でもない死を「三人称の死」と呼ぶことを
金岡秀郎先生のラジオ講座で知りました。
現代の日本では「二人称の死」・・・つまり身内の「ご遺体」以外に死体が目に触れることは
ほとんどありません。

小学校以来、一度も行かなかったこの場所に、行ってみました。
拍子抜けするほどに明るく開けた場所になっていて驚きました。

仏教の学びを得て(などというとおこがましいですが、とてもわかりやすくお話いただいたので)
 恐ろしい、怖いと心の中に固くしまっていたことが
そうではない、自然のこととして受け入れることができました。

これからは、マルナカに買い物に行けそうです。
世の中、カウンセリングや占い、新興宗教などが盛んですが
まずは、先祖が守り伝えてきた、仏教や神道を知ることで解決することは沢山あると思います。

戦後教育で、日本人が自国の宗教を学べないなんておかしいと思います。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する