メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
やわらかな脳のつくり方
iyawarakananou.jpg

書籍、特に自然科学系のものは、経年によって
価値がほとんど無くなるものも多くあります。
この「わやらかな脳のつくり方」も単行本の方はアマゾンの中古で
1円で買えるものもあります。

では、古いものは価値が無いのか・・・・というと
そうでもない、と確信できる本です。
過去に語られているとおりなら過去のものでよいわけで
新しい本は、目新しい情報を示そうとするあまり、
折角全体によくまとまったものを崩して、枝葉の充実に目が行き、
本来の大事なことがぼやけてしまっていることもあるように思います。

私は、ベビーマッサージの指導者や施術者を目指す人たちに
いつもこの本をお勧めしています。

この本は、皮膚を通して新生児や子どもたちが、
また、マッサージをしている大人が掌を介して享受できるものについて
専門的な内容を平易に述べていて、とてもわかりやすいのです。

皮膚と脳の繋がりについては、古くから様々な研究がなされているにもかかわらず
医療の場では、それぞれ独立に取り扱われることがほとんどです。
皮膚疾患は皮膚科で患部のみを見て、その部分のための投薬がなされます。
皮膚疾患が、どのような時に重くなり、何をきっかけにそういう症状が
出たかということなど、精神的な部分を含めて診療されることはほとんどありません。

小さい子供をバランスよく育てるために、「擦る」ことが
いかに大切か、ということが理解できます。
そして、それは、昔から皆知って実践してきたことだったのです。

でも、私たちは、新しい育児法を親や祖父母ではなく、本から学び
子供をベビーカーに乗せて、身体接触を避け、面倒なことは他人に月謝を払って
任せようとする・・・そのツケは目に見えないうちに忍び寄ってきます。

私もそのことに気づいて手に取った本です。
間に合ったのか間に合わなかったのか、それはもっと先でないとわかりませんが
著者の吉成真由美さんがあとがきに、このように書かれています。

人間の脳は個々に必ず差異がある。
差異があるからこそ、文化に多様性が生まれ、社会が豊かになる。
多様性を包括しない種は、僅かな環境変化に対応できず、絶滅に危機に瀕する。
脳の視点から社会や人間関係を眺めると、混沌の中に構造が見え
往々にして問題に別の光を当てることができる。


この本は、1999年、今からほぼ15年前に書かれています。
しかし、提起されている問題はいずれも過去のものではなく
今、まさに私たちが直面し、出口を求めている問題ばかりです。
この記事に対するコメント

こんばんは。
華やかな 季節がやってきました・・・。
>脳の視点から眺めると 混沌の中に構造が見え 問題に別の光を当てることができる・・・。
う~ん なるほどね~、それって 物事を当事者の視点からではなく 客観視することの重要性を 説いてます・・・? 人間関係に がっかりした時、自己中心型の考え方から 抜け出し 距離を置いて 自分を見つめなおすことに しています。そうすれば 相手を 少しばかり理解できます。

常に相手を思いやる・・・ことは 大変難しいことで 自分自身もしかりですが 自分が良いと思っても 相手の思いは  はかりきれない~と最近思います。

メリッサさん なんだか 愚痴っぽくなりました・・・。
家庭人としてだけの生き方に 前向きであるべきと ありふれた思いにかられる日々です。
 
【2013/04/15 23:10】 URL | 花追人 #VefHeiZQ [ 編集]


近々、息子のところに行く用があるので
この本を買って持って行こうかな!!
昨年度はお勉強ばかりでしたが
今年度からは施術も勉強するので(息子)
親子で読んでみたいと思いました♪
【2013/04/16 00:08】 URL | chika #oh4NkpYI [ 編集]

Re: タイトルなし
花追人さま

こんばんは
庭が急に賑やかになってきましたね!
5月12日のモネの庭ツアーをとても楽しみにしています。

お申し越しの部分ですが、視点を変えると見えてくるものがある、ということでは
ないかと私は思います。

人間関係にがっかり・・・そういうことは多いですよね。
そんなときは、がっかりしない人たちと楽しく過ごすようにしています。
そうして時間を過ごしているうちに、がっかりしたこともなんとなく薄れてきますよね。

こちらの意図が正しく伝わるとは限らない、ですよね。
金岡秀郎先生の仏教のお話の中に、ブッダは話をするときに
相手に合わせて、内容や伝え方を変えた、というエピソードがありました。
私たちはブッダみたいな洞察力が無いので、誤解のないように伝える努力が必要かもしれませんね。
でも。本当に難しいことですよね。

> メリッサさん なんだか 愚痴っぽくなりました・・・。

いえいえ、そんな風には思いませんよ。日常を真面目に生きていらっしゃるなあと思います!
【2013/04/18 23:43】 URL | メリッサ #- [ 編集]

Re: タイトルなし
chikaさん

そうか、息子さんにもきっと何か参考になると思います。
古い本ですが、おススメです!

私も改めてまた読んでみて、いいなあと思っています!
【2013/04/18 23:45】 URL | メリッサ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する