メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
忘れないよう大切に大切に・・・  ~ギャラリー華
1011891_480258125387591_265255674_n.jpg

ギャラリー華

亡くなられたお嬢さんの遺作を展示し、土日にお母様がカフェをなさっている、ギャラリーカフェ。
昨日初めてお尋ねして、今日も遠足でお伺いすることができました。

オーナーであるお母様に、いろいろとお話をうかがいました。
13年前の11月28日夜、バイクで走っていたお嬢さんは後ろから来た車にはねられて亡くなられたそうです。
その日はご両親で岡山に暮らすお嬢さんのところへ、内定した就職先を見に行かれたのだそうです。
夕食を一緒にとって、長浜に帰宅したところへ、知らせが入り、すぐに岡山へ取って返したそうです。
何を着ていったのか、どんなふうに駆けつけたのか、今も思い出せないそうです。

亡くなってから、デザイン関係の勉強をしていたお嬢さんのパソコンの中にある作品を
お姉さんが見つけて、本にしたり作品として整えたりされたそうです。
その作品を飾ってお仲間がいつでも来られる場所を作ろうといろいろ探して、見つけたのがこの場所で、
お嬢さんに見せてあげたい景色だったそうです。

ご自宅なら、暫くはご友人が訪れてもやがて疎遠になりますが、このような場所を作ったことで、
今も毎年お友達が家族連れで遊びに来てくれるそうです。
少し涙ぐみながらも、落ち着いて当時のことをお話になる様子を見て、涙でいっぱいになりました。

そして、ふと思い出したのは、似たようなシーンで涙ぐむ私を見て、
ある知人が、「がっかりした」と言ったことです。
「そんな話はゴマンとあって、本人にとっては辛いかもしれないけれど、
いちいち共感しているあなたに呆れた。あなたはもっと知的な人だと思っていた」そうです。

彼女は理系の優秀な大学を出て学力は高いのですが、私は五万人の同じ話を聞いたら、
きっと五万回泣くでしょう。

お母様の許可を得て、ギャラリーの写真や、フワフワでとっても美味しいケーキをご紹介させていただきます。

「華」はお嬢さんのお名前の中の一文字のようです。忘れようとするのではなく、
いつまでもお嬢さんを大切に大切に、忘れないように慈しんでおられるお母様のお話を伺いながら、
5時から予定があったのですが、今はここで一緒に涙を流したい、と思いました。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する