メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
映画 食堂かたつむり
img_lineup.jpg


恋人に裏切られて声を失った娘。母との確執。そして雪解け・・
どんな風に描かれるのか楽しみでした。
個人的には佐々部清監督のメガホンで見たかったなあ、と
思うのですが、富永監督はシリアスな内容も軽いタッチで、
複雑な説明も、イラストをフレームにした画面で
簡単にわかり易く「料理」していました。
最初は、え~こんな感じじゃないよ、と思っていましたが
すぐに、ああ、こんな感じもいいなあ、と思って楽しめました。

映画は、倫子が豚のエルメスに追いかけられ
気づいた母親から泥棒と間違われて、あやうく鎌で切られそうになる
そんなコミカルなシーンから始まりました。

いつのまにか、心がどんどん温かくなる、
帰ったら、家族に美味しいものを作ってあげよう、家族を大事にしよう・・
そんな気持ちになる映画でした。
原作を読みながら涙涙涙でしたので、ハンカチを握り締めていましたが
一滴も涙は出ませんでした。
きっと監督はそれを狙ったのでしょうね。
原作と違うところで感動させる・・・とても可愛くて、素敵な映画です。
女性の方、また母娘、恋人同士、ご夫婦におススメです。

原作については↓に。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する