メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
葉っぱの緑はエコロジーの神髄 ~「 心に木を育てよう」より

稲本正著「心に木を育てよう」は
植物の生きる知恵を通して、人間がどのように生きるべきかについて
多くの気づきを示しています。

地球上に降り注ぐ太陽光をエネルギーとして光合成を行う植物は
最も多く降り注ぐ「緑」を反射しているそうです。
人間の浅はかな合理主義に基づけば、「黒」を反射することが
最も効率的ですが、わざわざ効率の悪い「緑」を選んだ理由は
「共生進化」・・・どちらかが「利」を得、どちらかがその「害」
に苦しむのではなくどちらにも「利」のある「相利」の関係を大切にしているからだそうです。
そして、そのような関係にある植物が
繁栄をしているということが分かってきたのだそうです。

人間も自然界の一員ですから、元は「共生進化」を図ってきたはずです。
ところが、いつのまにか「競争進化」を追うようになり、自らの利益を追求することが
自らの足元を崩していくという愚かな結果を招いているように思います。

この著書は2007年に記されていますが、その頃に発表された
「不都合な真実」を取り上げ、地球上の70%を占める海水に
変化が起きたら、我々は手のほどこしようがない、と警鐘を鳴らしています。

それから6年の月日の中で、我々は海水温の上昇対策に、全地球を挙げて
向かうべきだったのです。
それなのに、ゴア氏の自宅が電力を大量消費しているとか、
温暖化など実際には存在しない、「環境ビジネスの世迷言」のような潰しを受け
大切なメッセージが、競争社会、経済最優先社会の闇に葬り去られたといっても
過言ではないと思います。

地球の危機に直面してもまだ、小さな陣取り合戦や争いを繰り返すしていますが
絶滅への道を回避するためには、繁栄している植物からの共生進化、相利の生き方から
学ばなくてはならないと、思います。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する