メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
神扉閉じ給う時窓開け給う


この言葉からいろいろな格言が語られていますが、私は
グラハム・ベルの
「1つのドアが閉まると、別のドアが開く、しかし私たちは
閉まってしまったドアをずっと後悔して見つめているので
私たちのために新しいドアがすでに開いていることに気づかない。」

という言葉が好きです。

道後公園内にある、子規記念博物館の坪庭整備プロジェクトについて
文化庁の規定なども考慮しながらの提案をしていましたが
埋蔵されているかもしれない文化遺産を傷つけるような根の張る
植物は一切植えられない、したがってこの活動もやっても意味がない、
とのお返事がありました。
しかし、私たちは、あの坪庭整備が活動目的の全てではありませんから
本来の、松山に子規にちなんだ庭を造る、という活動は続けていきます。
地中に眠って永久に掘り出されないかもしれない文化遺産にも敬意を払いますが
未来永劫、松山のみならず日本の文化に影響を与え続ける
正岡子規を、
その場所に来ると想えるような庭をこれからも目指します。

実は、仲間がその悲しい報告を受けている、まさに同じ時に
私は、とても素敵な候補地を提案してもらいました。
同じ日に、というのが、神様、と思ってしまうのです。

皆様に良いご報告ができますよう、頑張りますので
これからも、ご支援よろしくお願いいたします。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する