メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
看護師

自閉傾向の障害を持つ次男さんを育てながら看護師を続け
365日24時間休みなしの中から
時間をやりくりして教室に来てくださっているMさん。

息子さんをショートステイに預けて自分の時間を作り、
その大切な時間を私と一緒に、と言ってくださったので
もにこど2でのランチと七折梅祭り見物にご一緒しました。

もにこど2では、ゆったりとした空間で美味しいランチを
いただきました。
作っていただく料理は何でも美味しいけれど、特に美味しいと
喜んでもらいました。

P1040073.jpgP1040074.jpg

七折の梅はこの雨で全部散っていましたが
帰り道に素敵なお宅を見つけ寄ってみました。

P1040081.jpg


明賀涼子さんがご自宅に明賀窯を開いて
砥部焼きと、絵付け用の絵を書いておられます。
お地蔵さんをテーマに書かれていました。

P1040076.jpgP1040079.jpg

心がほっこりほのぼのとなるような絵でしたが
小花の柄にとても心惹かれカップ&ソーサーを買い求めました。
厚かましくも抹茶茶碗をオーダーしてしまいました。
オーダーを受け付けてるわけではなかったのですが
このお茶碗で、この柄がいいな~と言っていたら
確約はできないけど、作ってみようか、と言ってくださいました。

七折の梅を見た人にちょっと寄ってもらって
美味しいコーヒーを飲んでもらって、作品も見ていただけたら、と
この時期に合わせて自宅で個展をされているそうです。
とても優雅なひと時を過ごして帰途につきました。

厳しい現実の中で、束の間の時間はかえって辛いかも知れませんが
だからといって四六時中、戦っていては、切れてしまいます。
短くても現実的でなくても、違う時間を楽しんで
「力」にしていく方がいいな、と思います。

私は、励ますとか、支えるとかそんな大それた気持ちではなく、
ただ、ゆっくり話したいなあ、と思ってご一緒しました。
苦しみの無い人は、優しさが足りないとよく言いますが
足りないのではなく、人が何を苦しく思うか、
そういうことがわからない、想像がつかないだけで
気づかないうちに人を傷つけたり、苦しめたりしているのでしょう。

個人的に人に会うたびに、今日の私は相手にとって
どうだったのだろう、と思います。
折角時間を共有するのですから、楽しい方がいいに決まっています。

それにしても、教室にお越しになる看護師さんたち
みなさんタフで明るく可愛らしいのですが
看護師という仕事はとても過酷のようです。
ハンディのあるお子さんを持つ確立も高いそうですし
平均寿命はとても短いのだそうです。
人の命を支える人たちが、病気に苦しみ短命だなんて納得できません。
せめて身を削って人の命を支える人たちに、
より多く休めるよう、より多くの手当てが受け取れるよう
そうなってほしいと願います。

親から毎月1500万円小遣いをもらっている人を見ていると
共産主義の方の気持ちがわからないでもないなあと思います。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する