メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
イラクサ


今月の教室では、この本を話題にしたいのですが・・・・

みなさん村上春樹さんがノーベル賞を逃したのはご存知でも、
受賞者アリス・マンローはご存知ないようです。

私は発表の報道の時に「イラクサ」に耳そばだてました。
イラクサは、私たちはアレルギー症状の救世主としてお世話になっている
ハーブ、ネトルのことだったからです。
分厚く嵩張るこの本を購入した理由は、装丁がとても美しかったからです。

短編集ですが、どれも素晴らしいです。
ただ、私の力不足だと思いますが、逐語訳的な読み難さを感じました。
同じ英語圏、イギリスの短編小説の名手 ロザムンド・ピルチャーの作品
と印象が重なりますが、そちらは翻訳が私好みでとても読みやすいです。

他の人の翻訳を読んでみたくなって探してみたら・・・・・
なんと、よりによって村上春樹が翻訳している短編集がありました。
「恋しくて  Ten Selected Love Stories 」
といっても9編の短編ラブストーリーを村上春樹が選んで翻訳しているうちの
1編だけですが、「ジャック・ランダ・ホテル」


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する