メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
愚陀仏庵崩壊跡地
まつやま子規の庭プロジェクト



正岡子規にちなんだ庭づくりを通して
松山市民はもとより全国の方々に
文化人としての子規に親しみ再発見していただきたいと願って
活動をしています。

今回、その活動の一環として、重要文化財 萬翠荘裏の
愚陀仏庵跡地に庭をつくろう、と願って
萬翠荘館長であり、またNHK俳句王国の司会者として
長くご出演されていた八木健さんに応援をお願いしました。

14時から15時のお約束で伺い、15時には萬翠荘を後にしたのですが、
まずはご挨拶、と思っていたら、ものの10分で私達の想いや意図をご理解いただき
賛同してくださり、現地を見に行こう、と「立ち入り禁止」の札を超えて
(館長だから可能なので、良い子は真似してはいけません(^_^;))
現地であれこれと構想を巡らし、階段を下りながら
「では、企画書を書こう」と仰るので、え?今日ですか?今からですか?
と驚いてお訊ねすると、「忙しいから後にすると、忘れる」そうで
口述筆記宛ら、八木さんの言葉を福井さんが書き留めたら
もう素晴らしい企画書が出来上がっていました!
企画書はもちろん八木さんが、私達と協力して企図すると言う形で
しかるべきところへご提出くださるそうなのです。

がけ崩れによって崩壊した愚陀仏庵の再建について、毎日のように多数の観光客から
訊ねられるそうです。地盤調査の結果、建造物は建てられないことで
決定されているのですが、そのことを聞いてがっかりされる観光客の人たちが
子規や漱石を偲ぶことができる庭があれば、どんなに喜ばれることだろう、
というような内容です。

忙しい人ほど、頭がよく働いて、直感的に即決されるのですね。
ついでに、私は八木さんがなさっている俳句の番組に出ることに(^_^;)
こちらは、俳句歴の浅い一般市民が出演しているのだそうですが
子規の庭や、私達が計画している講演会の宣伝もさせてくださるということで
短歌しかやったことのない、俳句などただの1句も詠んだことの無い私が
出演することになりました。
八木さんが言われるには、見た目の美貌や、俳句の力ではなく
見ている人にとって好印象な人がいいのだそうで・・・
私って、好印象なんでしょうかねぇ・・・・
ギブアンドテイクですかね(^_^;)というとテイクテイクだよ~と言われました。

八木さんは、廣澤虎造の虎造節保存会の創立名誉会長だそうで
今年の12月25日に浅草で予定されている会は3か月前から満席だそうで
私達との面会中もなんとか入れないか、というお願いの電話が2本も入っていました。
滑稽俳句協会会長もされていて、八木さん曰く、「滑稽」が大事なんだそうです。

俳句のハの字もかすってない私が、いきなり八木さんと一緒に俳句、って
ありえないのですが・・・・

帰途、ご紹介くださった福井さんと、「こっちが巻き込まれましたねぇ」
「完全に持っていかれましたねぇ」と話しながら、でも私にとって八木さん
画面を通して拝見していたときは、苦手なタイプかと思っていましたが
お会いして、お話を進めていくと、とっても好印象、大好きなタイプです~
恐るべし八木健さん・・・でした。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する