メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
ハーブにできること
NHK文化センター松山三越教室 「ベイシックハーブ」

今が旬のハイビスカスローゼルとスダチをテーマにお話させていただきました。



その時に、4日に行われたカルスポカレッジでお話した内容も少しお伝えしました。
単発の講座の受講者は、いわゆる「一見さん」
内容も、最初で最後になってもいいように、なるべくハーブについて一般的なことを
網羅してお伝えするようにしています。

それを、「常連さん」にお伝えしないのは失礼、と思い少し時間をいただきました。

なぜ、ハーブにできること、の画像が「正岡子規」なのか?
植物を愛した子規のイメージをオリジナルで絵本作家「しらかたみお」さんに
描いていただいたものです。
民間療法に携わる者としての私のスタンスがここにあるのです。

正岡子規は根岸の庭に、西洋イチゴやナスタチウムなどの洋風ハーブや
香りのある和のハーブも沢山植えていました。
きっと、律さんがそれらを子規の食卓にも調えたことでしょう。

それでも子規は脊髄カリエスで、40歳にもならず、この世を去ることになりました。
今なら結核や脊髄カリエスに罹患しても命を落とすことは少なくなりました。
他にも様々な不治と言われた病や大けがから進化を続ける医薬品により生還できるようになりました。

ハーブやアロマが果たす役割、どの部分でどんな時期に役に立つのか、
そういうことを大切にしたいと思っています。

また、植物の力は一般に思われているように、安全で優しいわけではありません。
そして、植物が作り出す有用成分は人のためにではなく、自らを守るためのものですから
植物の一生の中で、そのバランスも違っています。
良く知られているものを使って、ハーブティーや濃度の低いアロマテラピーとして個人が使用することは
おすすめしますが、医薬品の代わりとなるような濃度や使い方を、私はおすすめしません。
そのような使い方をするときは、その植物がどのような時期にどこで育ったものか
その成分分析を正しくできる機関で確認してから使用した方がいいと思っています。

そのあたりのことを、忘れて過信しないよう、侮らないよう、
正岡子規さんはそんなところまで私の先生であるのです。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する