メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
ちょっと重い・・・日
今私に会った人は、きっと不機嫌そうに見えるでしょうね。
何か失礼なことしたかしら?とか
私のこと嫌いなのかしら?と。

人はその場に来るまでに、いろいろな出来事がありますから
特に思い当たるフシがなければ、気にしなくていいと思いますよ。

以前、勤務した高校の同窓会に行ってきました。
楽しく話せる人もいましたし、また、高校のとき校則違反の靴下とられた
と文句言う子もいました。
それはそれで楽しかったし、今「靴下を取り上げる」稼業をしてない自分が
すごくうれしかったのですが・・・・
ショックだったのは、元同僚の再婚の話題でした。

彼の亡くなった奥さんは、私の小学校の同級生でした。
転校してきて、少ししてまた転校していったので、親しい友達は少なかったと思いますが
体格が同じくらいだったので、朝礼や体育の時は、前後だったり、隣だったりと
いつも近いところに居たような気がします。

ご主人と職場が一緒になったとき、出身小学校を尋ねられ、石○小学校、というと
「やっぱり!家内が同級生だったそうです」と言われました。
お互い小さい頃だったので、覚えていることは少ないのですが
彼女の記憶では、私は正義感に燃えていたそうです。

ある時、学級会で、突然私が立ち上がったそうです。
昼休みのドッジボールについて、仲間に入れる人と入れない人がいるのは、
入れてもらえない子がかわいそうだ
そんなことを続けるのなら、私はしない、みんなはどう?と
問いかけたそうです。暫く誰も反応が無くて
彼の妻になった洋子さんが、私もそう思う、と立ち上がったそうです。

結局、賛成2名という多数決なら却下になる提案が
翌日からは、来た人は誰でも参加できる遊びに変わったそうです。
私はまったく記憶がないので、人違いではないかといまだに思っているのですが
洋子さんは、それから親しくなったから間違いない、と言っていました。

独身の私はご自宅に呼んでもらうたびに、仲睦まじい二人の姿をみせつけられ
結婚しろと勧められ・・・彼女の強いプッシュで
「そこらへんに居た」夫と結婚したのですが、
彼女は5年前に乳がんで帰らぬ人となりました。
亡くなってから、彼女が毎日折っていた折鶴の中に
願い事が書かれていたことがわかったそうです。
葬儀の時に、ご主人が披露して涙を誘いました。

再婚されることについては、洋子さんも空の上でほっとしていることでしょう。
当時、お嫁入り前だった娘さんと大学生の息子さんには
まだまだ親が必要で、心残りだったことでしょう。
代わって世話をしてくれる人ができて、きっと喜んでいるでしょう。

でも、私はなんとなく寂しいのです。
なんだか素直におめでとうと言えないのです。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する