メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
時雨心地
島村麻里 写真

今にも泣き出しそうな雨空になぞらえて
涙が出そうになる気持ちを表す言葉です。
「恋する日本語」にも紹介されています。

子どもたちに明るい未来をNET」という大仰な名前の
小さな活動をしています。
次回イベントの賛助会員を募るためにHPの手入れをしていて
島村麻里さんの講演会以降更新していないことに気付きました。


当時一緒にイベントを作った、島村麻里さんの留学仲間である片上雅仁さん、
主として講演会を計画した愛媛大学の池貞姫さん、に当時の資料を送っていただきました。

当時の写真や新聞記事を見ていると、もっと彼女と話したかったという
残念な思いで、涙が出そうになりました。

ページの下に片上さんからのメールの一部を「追悼文」として掲載し
自分の思いも一番下に添えました。

人と人が惹かれあうことに、時間の長さや会う回数、
立場や年齢、性別はあまり関係ないように思います。
麻里さんとツーショットを撮ろうよ、と話したのですが
酒宴が盛り上がり、写真はまたいつでも撮れるよ、と
次回にしたのですが、それっきり、彼女とのツーショットは
撮れないまま、もう会えなくなってしまいました。

暫くは、彼女からの「あと5分で着きます」
「改札で待っていて」と何通も届いたメールが残っていましたが
保護をしていなかったので、消えてしまいました。

頑張ってね、応援しているわ、という友達より
本を一冊買ってくれる赤の他人がありがたい、とも言っていたなあ、と
思いつつ、彼女の本を買い集めています。
古い本は1円だったりするのですが、読んでいると、
もっと早く知り合って、友達になりたかったなあと思います。
他の人から見れば、全くタイプの違う私たちですが、
私は好きでしたけど、彼女はどうだったのでしょう?
訊いてみる術も無いので彼女も私のこときっと気に入ってくれたから
焼き鳥奢ってくれたのよね・・・と一人納得しています。

******************
追悼文 メリッサ

主催とは名ばかり、主に愛媛大学文学部の事業でしたので、当日は遠慮がちに講演会に参加しました。
翌日、担当者が対応できないということで
片上氏と共に松山を案内し、空港へは、島村さんと二人で向かいました。
フライト時間まで、暫く二人で話し、上京の折には連絡する約束をしました。
5月に少し余裕があったので、連絡をして新宿の焼き鳥屋で
自称「ワーキングプア」の島村さんから奢って頂きました。
ご両親を既に亡くし、独り身の島村さんと、家族を持つ私の悩みは正反対でした。
遠く離れて暮らす気楽さから、心の内を全て話し、
島村さんも大泣きに泣いて将来への不安や、苦しい恋の話をしてくれました。
そして、お互い、乗り越えて、報告し合おうと約束をしました。
新宿駅のホームで、どちらからともなく抱き合いました。
再会を約束しながらも、何故か別れが辛く、ホームに残った島村さんは
いつまでも手を振って送ってくれました。
それが最後でした。

島村さんは、約束どおり、急逝という形で全ての不安を払拭しました。
私はまだ彼女との約束を果たしていません。
でも、彼女の声はいつも私の心にあり、くじけそうな時には必ず励ましてくれます。
実現不可能と思われた希望は、今小さな光を放ち始めています。

******************


この記事に対するコメント

島村麻里さんのことは、「麻里ちゃんがね…」と
片上氏からよく伺っていました。

この講演会にもお誘いいただいたのですが、
病気がちの息子を預ける先がなかったもので、
麻里さんにお会いしてみたいな~と思いながらも
実現しませんでした。

麻里さんのことは、片上氏のお話からと
彼女の本を通してしか知らない私ですが、
一度もお会いしたことがない彼女の
突然の訃報を耳にして、涙がこぼれてきました。

麻里さんの本を集めて読んでいる先生の姿を
天国から眺めて喜んでいらっしゃるでしょうね。
この写真のような素敵な笑顔で。
【2010/10/16 11:06】 URL | MEILIN #- [ 編集]

Re: タイトルなし
MEILIN さん

そうなんですか、あのころからご存知だったのですね。
お会いできなくて残念でしたね。
当日のお写真はたくさんあるので、またご覧くださいね。

その人が見ていないところで、その人に誠実に、と
いつも父が言っていました。
報われなくてもいいんだ、と。
そうすることで、自分が育つ、って。
育ってるのかどうか腹囲は確かに育ってますけどね~

またお時間できましたら、お貸ししますよ!
【2010/10/16 11:32】 URL | メリッサ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する