メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
ハンガリアンウォーター考察
P1060114.jpg

今月は、いろいろな教室で、ハンガリアンウォーターを作っています。
リクエストが多かったのは、NHK「香り学」で紹介されたからだと思います。

ハンガリアンウォーターには、リウマチの痛みに苦しむ70歳の
ハンガリー王女が、このウォーターで若返り、50歳年下の
ポーランドの王子に求婚されたというエピソードがあります。

私の生徒さんたちは、50歳若返ると、生まれてない人が多いのですが
それでも、「若返り」と聞くと是非、作ってみたい!と思われるようです。

そこで、かなりマユツバですが
百歩譲って、リウマチの痛みが取れる、若返る・・・という理由を考えてみました。
経皮からの作用でそのようなドラマチックな変化が得られるとは思いません。
ということは、一番直接的で有効な嗅覚からの脳への刺激ではないかと思うのです。

当時は、現代のように、様々な薬があるわけではないので
有効成分が体内に入ってくれば、効果は高かったと思いますが
「良い香り」が脳内で幸福感を感じる脳内ホルモンの分泌を刺激したということ
ではないかと思っていました。

メナード化粧品の研究チームが、ローズ、オレンジフラワー、バイオレットなどの
精油を嗅ぐと、脳から「オキシトシン」というホルモンが分泌され、
肌の幹細胞の活性に関わる成長因子の産生を高めるということを発見したそうです。

このオキシトシンは、血液を通って全身に運ばれ、肌にも届けられます。
オキシトシンの肌の表皮の細胞と真皮の細胞に対する作用を調べたところ、
幹細胞の増殖、遊走、分化に関わる「IGF-1」と呼ばれる
成長因子の産生が高まる、つまり美肌になるということがわかったそうです。

ハンガリアンウォーターにはローズが使用されています。
今も昔も「オキシトシン」は存在したはずですよね。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する