メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
朝鮮半島とヒロシマ
愛媛大学文学部公開講座に
池貞姫先生からお誘いいただき、参加しました。

講座のテーマは韓国にいらっしゃる被爆者の援護でした。
講演会に先立ち「ピョンヤン・ヒロシマ―棄てられた被爆者」
という映画があったのですが、他の予定があり
講演会にのみ参加させていただきました。

「韓国併合100年目の朝鮮半島の被爆者たち」
  市場 淳子 氏
(神戸女学院大学非常勤講師・「韓国の原爆被害者を救援する市民の会」会長)

P1060142.jpg


市場氏は、長きにわたり、韓国、北朝鮮在住の被爆者支援を行っておられます。
お金を送るとか、制度を変えるとか、そういうことはとても難しいそうですが
日本に強制連行されて、労働を強いられ、そこで被爆すると
本国に送り返されたまま、何の援助もなく暮らしている人たちの傷みに寄り添い
忘れ去られてはいない、と勇気付けることに心血を注いでいらっしゃるようです。
この問題を風化させず、顕在化させることが大切なのだそうです。

お話をうかがっているうちに、私が日々悩んでいることなど
なんてちっぽけなんだろう、と思いました。

池先生とは、映画の公開講座で、知り合いになり、
その後はお互いのイベントに参加しあったり、ランチやお茶をしたりと
仲良くさせてもらっていますが
それまで朝鮮半島の問題については、あまり知識も関心もありませんでしたので
いろいろと考える機会になりました。

また、原爆については、海を挟んで向かいに住んでいながら
なんとなく、過去の不幸な出来事・・・程度の認識しかありませんでしたが
学生時代の4年間をヒロシマで暮らし、原爆の悲惨さ、理不尽さに
恐怖や怒りを感じるようになりました。

知ること、関心を持つことは、他人を思いやるだけでなく
自らの生きる時代、世界の問題として、とても大切なことではないかと思います。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する