メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
賢者の贈り物?
P1060153.jpg

今日はお休みでしたが
午前中はお茶の稽古、午後から、大洲、夕方は教会と
忙しいけれどとっても幸せいっぱいの一日でした。

P1060151.jpgP1060152.jpg
ランチをいただいた「ひまわり」の時は土砂降りで撮影できませんでした。
楽しみなお出かけはいつも雨です(涙)

そして沢山の「贈り物」をいただきました。

P1060168.jpg


写真にはない、食べてしまった手作りのスイートポテトも含めて
どれも、「喜ぶ顔」を想像して用意してくださったものでした。
今までこちらに、いただきものを紹介しなかったのは、ご覧になった皆さんが
何かあげた方がいいのかな・・?と無用のご心配をされてはいけないと思ったからです。
モノも嬉しいですけど、嬉しい言葉や笑顔も素敵な「贈り物」です。
今日は朝から、いろいろな所に出かけ、
行く先々で贈り物をいただいたので、特別な日としてご紹介しました。

ふと「賢者の贈り物」というとても美しい思いを描いた作品を思い出しました。
貧しい者が心をこめて相手に贈る気持ちを讃えるお話ですが
そこまで貧しくなくても、相手を思う気持ちのこもった贈り物は
まさに「賢者の贈り物」

夕方からは、三番町教会の夕べのミサで、母のために祈っていただきました。
母と会ったこともない、そこに集うみなさんが、母のために祈ってくださるのです。
本当に素敵な「贈り物」です。

病気で入院してから、叔母の勧めでカトリックの洗礼を受けた母は
教会でお葬式をしてほしい、とよく言っていました。
教会のお葬式は、そこに集える人たちによって、送っていただける。
無駄な戒名も、派手な飾りもないけれど、本当に心がこもっていて温かく、清清しいと。
また、死んで滅びるのではなく、神に召されるという前向きな感じがいい、と。

仏式での葬儀を終えてからでも、祈ってくださるというので
母の骨を持って教会へ行き、ミサをあげていただきました。
それから、毎年この頃の夕べのミサで母のために祈っていただきます。
信者でない私は、その日だけお邪魔しています。
母が亡くなってから、母の名前を耳にすることはありませんが
フルネームを何度も呼んでいただき、母が確かに存在していたことを
実感して、とても嬉しく思いました。

母の洗礼名は「マリア」母親の代表のような名前をいただきました。
毎日家族に美味しいご飯を作ることが無上の喜びだった
母らしい名前だなあと思いました。
マリア八重子・・・会いたいな・・・・

毎年、降誕祭の準備が始まった御堂に伺えて幸せです。
P1060160.jpgP1060166.jpg


そして、友達が沢山居た母からの贈り物・・・・
私にも、楽しい時間を共有できる友達が沢山います。
きっと母からの贈り物・・・・

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する