メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
心根を育む
上弦下弦


倫理法人研究所が出している「職場の教養」という小冊子が、面白いのです。
経営者が、朝礼で話すヒントが、書かれています。
私は会員ではありませんが、会員の方からいただいて
いつも読ませていただいています。

12月8日の記事に「心根(しんこん)を育む」という言葉がありました。
歴史的建造物を傷つける若者たちについて、、古いか新しいかの価値基準だけではなく
古いものが良いということを教えてこなかったことに問題がある、というようなことが
書かれていました。

古いか新しいか 高いか安いか きれいか汚いか・・・

高校の未履修問題も各教科を受験に「いる」か「いらない」のレッテルを
大人の側から貼り、歴史を学ぶチャンスを奪ってしまいました。
覚えなくても、テストに出なくても、なんとなく聞いて知っていれば
観光地のお寺に名前を彫ったりしないのでは、ないでしょうか?

地学という教科も受験に「いらない」人が多いようです。
進学校では「いらない」からちゃんとやっていないようで
ある時、大学時代のOB会を終えて会場から出ると、きれいな半月が見えました。
ある人が、上弦の月だというので、「あれ?下弦じゃない?」というと
だって、上が減ってる、というのです。有名進学校出身で理系学部の院卒クンが。

え~、ゲンは減るじゃなくて、弦でしょ?というと初耳のように驚くのです・・・
月は昇るときと、沈む時では、向きが逆になるから
見た目だけでは決められないでしょ?というと、
さすがに理系なので、確かにそうだ、と理解は早いのです。

でも今が満月に向かっているか欠けているか、どんな時期がわからない場合は
どうするんだ、というので、沈む時に、弦が上なら上弦だし、下向いてたら下弦・・・
私は高校か、中学か、学校で習ったのですが
習ってないんだか、忘れたんだか、習っているのに聞いてなかったんだか・・・
その場にいた誰も、知らなくて、こちらがびっくりでした。
私も全部覚えていたわけではなく、高校時代に半月は時期によって
呼び方が違う、と聞いたことをぼんやり覚えていて、大人になってから
ふと気になって、確かめてみただけですが、自分で調べたことは
しっかり人にも説明できます。

「いらなくても」月の満ち欠けや、岩石の名前も
なんとなく聞いていたら、自然を大切にする気持ちに繋がるのかも知れません。

私は毎日このサイトをチェックして、今日は輝面比50か・・・って思うのです。
え?それがどうしたって?
どうもしないのですが、ああ今日は月がきっときれいよ、とか
暗い夜になりそうだから、きっと静かね、とか
ただそれだけですけど、なんとなく夜に月を見上げるのが楽しみになるのです。

受験にいらないことも、教養としてやるべし、と言うので
煙たがられている(とご本人が仰っている)、片上さんに
今日は著書にサインを、入れてもらいました。

P1060436.jpg

こちらにお越しのみなさま
著者サイン、受付中です!

ところで、秋山真之は、晩年心霊的なものにのめりこんで行ったようです。
彼についての伝記でそこを書いているものは他にないそうですが、
片上さんは、膨大な資料から晩年の心霊関係者との交流を発見し
この本に紹介しています。
そちらだけでも独立した章として読めます。
子規との交流や、それぞれが独立した章になっていますので、
一気に読まなくても楽しめますよ。






この記事に対するコメント

こんにちは。
私も弦が上なら『上弦の月』、下なら『下弦の月』と思っていましたが、どの時点で言うか、は失念していました。前から気になっていたのですが、メリッサさんのようにちゃんと自分で調べないのが私の欠点です。
沈むときの位置で表現する・・・理解できました。
有難うございます。
【2011/01/26 00:31】 URL | 髭のマスター #- [ 編集]

Re: タイトルなし
髭のマスターさん

いつもありがとうございます。
沈む時の位置が、目安になるだけで、あくまでも満月に向かう時の半月が上弦
欠けていく時が、下弦で、見た目ではなく、時期で呼ぶのですが
なかなか知られていないですよね。

ちゃんとは調べていませんが、調べると覚えているもんですね。
【2011/01/26 15:14】 URL | メリッサ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する