メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
奇蹟と奇跡
ローズマリーリース


↓でご紹介した「四日間の奇蹟」を知るまで、奇跡と奇蹟の違いについて
明確には意識していませんでした。
PCで「キセキ」とタイプすると奇跡が最初に出てきて軌跡、輝石などが
順次出てくると思います。

奇跡は、偶然に思いがけないことが起こることで
奇蹟は、神の意思的な何か隠された必然がこめられている場合に使うようです。
   
「四日間の奇蹟」をご覧になった方の感想は
とても心洗われる映画だった、という人と、「ありえない」という感想を持つ人と
に分かれると思います。
とんでもないありえないこと、が映画になってはいけないのでしたら
SFやホラー、刑事ものも、ありえない、真実ではない、ということに
なってしまいますが、「奇蹟」は実際、私たちの身の回りに本当に起こっているのです。

北海道旅行の夜、普段はなかなかゆっくりお話できない仲間と
いろいろなことを話した中で、「奇蹟」が話題になりました。
県内最大の医療機関に勤める人に、医学の最先端に居る人は信じられないよね、と
言うと、人の生死が日常的にある場所だからこそ、医学的な理解が及ばない
「奇蹟」をたくさん見てきたというのです。
守秘義務があるので、具体的なことには触れませんでしたが
ごく最近起こった「奇蹟」として、こんなことを話してくれました。

ある女性の患者さんの手術の結果が思わしくなく、医療でできる最善を尽くして
後は本人の生命力に望みを託すのみだったそうですが、移植の拒絶反応が強く
皆が諦めていたところ、ある日を境に劇的な回復を見たのだそうです。

その方のお母様は毎朝、お百度を踏んでから付き添いにいらしていたそうですが
ある朝、病院へ向かう途中に交通事故死されてしまったそうです。
その日を境に劇的に回復した本人に、退院のときに、それまで伏せていた
母親の死を告げたところ、なんとなくそんな気がしていた、と答えたそうです。
きっとお母様は、「私が代わってやりたい」と願っていたのでしょう。

私も、「奇蹟」を目の当たりにしたことがあります。
市立宇和島病院・・・病気腎移植で話題になった病院ですが
ここは、本当に「人の心」のある、病院です。
必要な医療を施していればそれでいいのに、患者のみなさんに
「良かれ」と思うことを、みなさん一生懸命なさっているのです。
その一環として、老人病棟の患者さんたちに、さまざまな楽しみを提供しています。
私は、ハーブクラフトを楽しむという活動の講師としてお伺いしていました。

指先を使って、香りを楽しんで、少しでも元気になってもらいたい、という
現場のみなさんの願いでしたので、記憶や意思にかかわる部分に作用するといわれる
ローズマリーを使ってリース作りを計画しました。
ところが、強い香りのローズマリーを「臭い」という人も居て
ある、おじいさん・・・認知症で、頑なに人との接触を避けてほとんど話をしなかった方
が、車椅子で連れて来られていたのですが、ずっと顔を背けていらっしゃいました。

看護師のお一人が、一枝をお顔に近づけて、どう?いい香りでしょ?と
優しく話しかけておられました。顔を背けて嫌がっていたおじいさんが、ふと
「海軍の香りがする」と言われたのです。それからおじいさんは堰を切ったように
海軍に居た頃の話を始められ、ずっと楽しくお喋りをされたのです。
声を聞いたことがなかった、というヘルパーさんたちも、嬉しそうに聞いていました。
その後も、部屋に飾ったリースを見せて、訪れる人に、思い出話をされているそうです。
ローズマリーが記憶を呼び起こす、とか、脳を覚醒させる、ということは
知識としては、知っていましたが、現実に目の当たりにして、とても感激しました。
そして、この奇蹟は、ただ香りではなく、日頃の看護の積み重ねが引き出した
ミラクルだったと思います。
今は精油を使ったアロマテラピーが一般的ですが、人の心や記憶に届く香りは
濃縮された精油の強い香りではなく、本来の植物の香りだと私は思います。

ローズマリーは、もともと白い花だったそうですが、
イエスの母マリアが外套を一晩かけておくと翌朝、
美しい青色になったというエピソードがあります。

植物は突然変異を繰り返して、種類を増やしてきたわけですから、
一夜にして、というのは疑わしいにしても、白い花の咲くローズマリーに
ある日、青い花が咲いても不思議はありません。

私は、こんなエピソードを「想像」しています。
親孝行な子供が、死の床につく母親に、好きな青い花を見せてあげたいけれど
季節は冬、青い花なんてありません。冬に咲く花はローズマリーくらいだったでしょう。
そこで、神様に、どうか庭のローズマリーに青い花を咲かせてください、と
祈るのです。そして、奇蹟が起こり、青い花が咲く・・・・
古今東西、世界のどこかで、きっと実際にあったはず、と思うのです。

私が思う奇蹟とは、
強い思いや、誠実な願い、そしてそのために真摯に努力したことには
いつか神様が応えてくださるのだと思います。
そして神様とは、目に見えない不思議な存在ではなく、
自分の中にある、秘めた力や、身近な人の力や、そういうものが総合的に
働いて、ミラクルが起こることだと思います。

それは本当に現実に起こっているのです!
また、ゆっくりご紹介しますね。作り事ではない、真実の出来事を!







この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2016/11/29 23:25】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する