メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
秋山真之の謎を解く ~約束
P1060342.jpg


片上雅仁さんの新刊 「秋山真之の謎を解く」が上梓されました。
出版にあたって、ご本人からいろいろお話を伺っていました。
本屋に並んだら買ってね、と言われていたので、年の瀬の書店で購入しました。
翌日、片上さんから著者謹呈が届き、2冊になりました(涙)
宛名が夫と連名になっていたので、夫にも読んでね、ということなのでしょう。

もらったから宣伝するわけでは決してありませんが
長い付き合いのある者として、これだけは言いたいのです。
ドラマ「坂の上の雲」の時流に乗っているわけではありません。
彼は、「坂の上の雲」が騒がれるずっと前から、秋山兄弟について
かなり深く研究していました。「坂の上の雲」関連の中では秀逸の著だと私は思います。
P1060343.jpg

ご覧のとおり、文字ばっかりで・・・確か原稿用紙400枚とか・・
書店でパラパラと見たら、正直読む気にならないかも知れません。
ところが、読み始めるとぐいぐい引き込まれ、そして読みやすいのです。
これは、片上さんの尋常ならざる文章力の賜物だと思います。
そして、へ~~~!と思う真実満載です。
まだ読了していませんが・・・

赤の他人ではありますが、生年月日が同じなので、
バイオリズムがおそらく同じであろう人が頑張っているとちょっと嬉しいものです。
興味をお持ちの方は是非、買ってあげてください。
ハードカバーなので2095円、ちょっと高めですが、内容は
精魂こめたすばらしい内容です。著者サイン本ご希望の方はお取次ぎいたします!
アマゾンにアップされるのは、もう少しかかるようです。

嬉しい反面、ちょっと嫉妬もしています。
というのも、拙ブログの2010年10月8日「時雨心地」でご紹介した
島村麻里さんと、彼も約束をしていたのです。
1冊目「秋より高き」を上梓した直後だったのですが、
プロの作家島村さんから、2冊目をなるべく早く出版するように
強く勧められたようです。子どもたちに明るい未来をNETに
追悼文
をいただきましたので、そちらから引用させていただきます。

*******************
追悼文 片上雅仁

彼女の講演が2008年2月でした。 拙著『秋より高き』を出版したのが同年7月。
 8月に東京で彼女に会って、某居酒屋で、出版したばかりの拙著を贈ったのを今も覚えております。 
彼女が亡くなったのがその10日後でした。 
彼女に会ったとき、「2作目が大事なんだからさ、できるだけ早くつぎを書くんだよ」と強く言われて、
「来年12月、NHKのドラマ放映が始まるまでには真之の本出すよ」とエラそうに約束したのでありました。
 浅学非才の身なれば、約束果たせず、心苦しかったのですが、やっと、次の本の原稿が出来上がり、
いま、アトラス出版さんと出版準備を進めています。 
早ければ11月中に、遅くても年内に、真之の本をなんとか出せるつもりでいます。
彼女は、「おそくなったねえ」と苦笑いしているかもしれません。

***********************

関係者3名のうち、未だ「約束」を果たせていないのは
私だけになってしまいました。
生きている間に2回しか会ったことのない島村麻里さんでしたが
彼女との約束は、絶対果たそうと思っています。
新年の志を書きましたが、こちらの約束は果たしたときに
皆さんに「発表」させていただきたいな、と思っています。
頑張ります!(出版ではありませんが)

初めて会った人にとても心惹かれることがあります。
男女の間だけではなく、友人として、敬愛することがあります。
昨秋、京都のベニシアさんのお宅で知り合った春香さんが、ご主人の実家に
帰省されていて、今日は貴重な時間を私と過ごしてくださいました。

もにこど2はお正月バージョンのカレーセットでした。
P1060346.jpg
みちこさんと春香さん
harukamitiko.jpg

島村さんのように・・・少し心配もありましたが
あの新宿で別れる時のような、名残惜しさや胸騒ぎは無く
5月に再会を約束して笑顔で別れました。

春香さんからいただいたお菓子、上品なお味ですごく美味しかったです。
お正月のお遣い物には、ネーミングもいいし、これ、お薦めです。

P1060351.jpg







この記事に対するコメント

メリッサさんへ

昨日は本当に有難うございました。メリッサさんのおもてなし、心使いに感動しながら幸せな時間を過ごすことが出来ました。私もメリッサさんのような素敵な女性になれたら良いなとつくづく思います。

愛媛の風景を見ながら日本の良き風景を改めて感じました。大阪や神戸に居ると街が主役になってしまいますが、愛媛に居ると常に美しい風景に見入ってしまいます。それは街も人も愛媛の風景を敬愛しているから残せるものだと思いました。これからも、ずっと日本一美しい風景を維持してほしいと思います。メリッサさんの見せてくれた景色、それはきっとメリッサさんの美しい心の風景だと思います。私の頭のアルバムにファイルしています。

それから写真送って下さり有難うございます。それと今日早速、頂いたコーヒーカップ使わしてもらいました。とても美味しいコーヒーが飲めました。有難うございます。では、またメールします。本当に有難うございました。
【2011/01/04 21:27】 URL | シエル #- [ 編集]

Re: タイトルなし
シエルさん

お会いしたらいろいろお見せしたいと思っていたのに
手ぶらで出かけてしまって・・・
でも、おしゃべりだけでも十分でしたね!

村上春樹も、苦手なのは私だけかと思っていたので、共感できてよかったです。
1Q84が爆発的に売れたようですが、私は読もうと思いませんでした。
素敵な女性なんて・・・私の身近な人は笑いますよ~

家からほんの10分15分走れば、静かな自然があるって、
当たり前みたいに思っていましたが、都会の人の感想をお聞きして
改めて、恵まれた環境で暮らしていることを実感しました。

今夜は、塾から帰ってきた娘が庭先で立ち止まってしまって
オリオン座に見とれていました。
今は空気が乾燥しているので、特に空や景色がクリアに見えて美しいですね。
そういえば、景色の写真は撮りませんでしたね。
心に刻まれた愛媛の里山をどうぞ可愛がってやってくださいね!

またお会いしましょうね。
【2011/01/05 01:10】 URL | メリッサ #- [ 編集]


私も今のブームの何年も前に「坂の上の雲」を読みました。現代の日本人には、もうないと思う、心の深い温かさ・無欲の向学心・本当の意味の教養・・・。私の拙い表現では、うまく言い表せません。秋山兄弟の司馬遼太郎以外の視点からも知りたいと思います。
【2011/01/05 08:53】 URL | star  sinnsinn #- [ 編集]

Re: タイトルなし
star  sinnsinnさん

私は、松山市民でありながら、まだ読んでいません。
男性が読む作家、というイメージがありましたし、
あの「長さ」に圧倒されて、いつも他に読みたい本の方に行ってしまいます。
坂の上の雲は読んでいませんが、秋山兄弟に関する本は斜め読みしています。
坂の上の雲は、もっと自由な時間がたくさんできたときの、一番の楽しみ、と
思っています。
片上さんの本、ぜひ買ってあげてくださいね!
【2011/01/06 01:28】 URL | メリッサ #- [ 編集]


昨年はありがとうございました。
本の紹介ありがとうございます。
秋山さんは大好きなおさむらいさんで、
侍好きの私にとっては
彼はまさに、武士で、尊敬していましたから、ぜひとも読みたいです。

今年もよろしくおねがいします。


【2011/01/08 08:53】 URL | みけ #- [ 編集]

Re: タイトルなし
みけさん

こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。
今日は、八幡浜保健センター教室で、ハンガリアンウオーターを作りました。
みけさんの香水壜、持参してお見せしたんですよ!

片上さんによると、秋山好古さんがお亡くなりになったときに
最後のサムライが亡くなったと言われたそうですね。

片上さんの本、どうぞお店でもご紹介くださいね!

【2011/01/09 02:11】 URL | メリッサ #- [ 編集]

サムライのこと
みけ様
 
 『秋山真之の謎を解く』『秋より高き・・・晩年の秋山好古と周辺の人々』の著者であります片上です。
 「秋山さんは大好きなおさむらいさん」なのですね。 好古は江戸時代の生まれで、藩校で教育も受けました。好古が亡くなったときには、「最後の武士が亡くなった」と言われたものであったそうです。そういう風貌であり雰囲気の人だったのでしょうね。
 真之は、慶応4年=明治元年の生まれで、「自分は新時代の生まれだから・・・」としばしば言っていたようです。「武士道」というようなことを口にすることもあまりなかったようですが、江戸時代の武家の精神を色濃く受け継いだ人ではあったと思います。
 秋山兄弟の母上は、いかにも武家の女性らしい面を見せています。
 できましたら、拙著お読みになっていただけますと、そのあたりのこと、より詳しくわかっていただけるかと思います。
【2011/01/10 22:32】 URL | 片上雅仁 #- [ 編集]


片上さん
はじめまして、みけ、です。
感激です。ありがとうございました。
じつは、昔から侍になぜか心ひかれていました。
秋山兄弟もだいすきです。

私は、松山北高出身ですが、実家もすぐ近くです。
その前身の北豫中学の校長を、好古氏はされていたのも、なんだか誇らしいです。
陸軍の大将という国の最高軍人の地位まで登りつめたのに、潔くて、なんだかそんな
身の処し方までが、武士だなって勝手に思っています。(笑)

メリッサさま、御本の紹介本当にありがとうございました。
ブログ、いつも楽しませていただいています。

【2011/01/11 10:21】 URL | みけ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する