メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
たゆみなく・・・・
立脇バレエ研究所の河野自由美先生に
公演にお招きいただいたお礼と、ご成功のお祝いをメールでお送りしたところ
公演の翌日に、ロシアから先生がお越しになり、3月のコンクールに向けて
レッスンが始まったとうかがいました。
公演で卒業の生徒さんを除いて、誰一人休むことなく夜遅くまでのレッスンが
続いているそうです。

あれほど大掛かりな公演でしたから、しばらくのんびりされるのかと思ったのですが
本当に、すごいです。
私が高校時代にレッスンに通った南城バレエ、社会人になってから
どうしても習いたいという同僚の付き合いで通った八束バレエが
市内では双璧をなしていましたが
後発であった、立脇バレエが、今や押しも押されもしない
トップであり続けるには、このような努力に裏打ちされた「強さ」があったのでしょう。

センター試験前に、また模試の点が下がった・・・
化学が終わっていない・・・とマイナス発言ばかりする娘に
弱気なことばっかり言っていたら、そのとおりなるよ、というと
そんなことわかっている、と敏感な時期だったので
珍しく声を荒げて自室に戻りました。

しまった、と思いました。この大切な時期に・・・・
何を言っても余計怒るだろうな、と思ってしばらく放っておいたのですが
気になって、階下から娘の携帯にメールしました。

「弱気になったら、負けるよ。
頑張った自分を信じて勝ちに行け」と。

普段こういうことを私は言いません。勝ち負けじゃない、って
いつも言っているからです。
恩師五百木先生の口癖は、「勝ってよし、負けてなお良し」でしたから。
でもあえて、普段言わないようなことを書いてみました。

返事は「ありがとう」
能力的に高いものをもっている子ではありませんが
一生懸命努力だけはしていたと傍で見ていて思います。
きっと頑張った自分に胸を張って、試験に向かったことでしょう。

たゆみなく・・・・
何よりも難しく、尊いことだと思います。

20110115m.jpg
この写真は吹奏楽部顧問どいどい先生のブログより、了解をいただいて、拝借しました。

推薦等で合格し、入試が終わった同級生たちが自発的に作ってくれた
応援の横断幕 桜の花びらには、センター試験を受ける全員の名前が書かれているそうです。
一歩一歩・・・それも一人ではなく仲間と一緒に。

この学校は男子21.5Km 女子10Kmのマラソンが名物で
だから避ける受験生も多いと聞きます。
開校当初に勤めていたときに、個人的には反対でした。
理由は、子供にはそれぞれ個人差や秘密にしたい持病もあるので
全員に課して事故に繋がるのを恐れたからです。
しかし、今まで大きな事故も無く、卒業後多くの市民ランナーを排出していますから
生徒が大嫌いな日々の練習も、身体がその意味を覚えていくのでしょう。

部外者になって思うのですが、このマラソンが一種の「踏み絵」になっているかもしれない
と思います。マラソンがあるけど、行く、そういう素直さや
頑張りが、学校全体の質を上げて、進学でも入学当初より高い結果を生む、「底力のある」
学校になっているのでしょう。当時の「反対派」としては脱帽しているところです。



この記事に対するコメント

私もこの10キロマラソンを経験した一人です。

私は、入学するまでマラソンのことを知りませんでした。
というか、マラソンがあるからやめる、なんて、
そんな計算高い賢い生徒でなかったのです。

私が受験した理由は、「英語コース」があったから。
当時、担任の先生や両親には、近くに行ける高校があるのに
わざわざ自転車で1時間近くもかかる所を選ばなくても…と言われました。

マラソン以外にも、往復2時間弱の通学という試練があったわけですが、
若かったというか、素直というか、お馬鹿だったんでしょう(^^;
「英語を勉強したい!」という気持ちが強かったので、
その他のことはあまり見えていませんでした。

そのせいか、通学もマラソンもそれなりにしんどかったけれど、
つらいと思ったことはありませんでした。

比較的自由な校風も私に合っていました。
英語以外、真面目に勉強したことはなかったし、
皆が図書館で試験勉強する中、一人読書にふけっているような
マイペースな生徒でしたが、素晴らしい先生方、仲間たちから
得たものはとても大きかったと思います。

今でも、後輩たちが、仲間のためにこんな素敵な横断幕を
作るようないい高校生活を送っていると知れて、うれしく思います。


【2011/01/24 12:42】 URL | MEILIN #- [ 編集]

Re: タイトルなし
MEILIN さん

コムズのHさん、どこかで会ったような・・・という謎が解けましたよ!
6期生だそうです♪

> 私が受験した理由は、「英語コース」があったから。

そうですよね。本当に目標を持った人は、マラソンごときで
進路変えたりしませんよね。
たぶんみんな言ってるだけ・・・中には、学力的に難しい人の
負け惜しみかも知れません、ここだけの話ですが・・・

本当に、通学の姿も端正で、本当にいい学校ですね。
一番よくわかっているのは、いろんな学校を「渡り歩いている」先生方かも
しれませんんね!
【2011/01/24 20:09】 URL | メリッサ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する