メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
マインドコントロール2
P1060832.jpg


この本は、今かなり話題になっているのではないでしょうか?

出版日が、2011年3月14日 第1刷発行 

つまり大震災の3日後です。 
当然大震災が起こる前に、校了し、印刷も済んでいたはずです。

第3章 地震国家・日本に世界一の原発が存在する理由

  小項目は・・・・
   ・天国と地獄を味わった2010年5月
   ・コマンドによる攻撃が想定されてなかった
   ・万一のために日ごろから研究させておくことが重要
   ・原発は水さえ断てば空炊き釜状態となる
   ・80キロメートルの配管を適宜交換しない限り運転は無理
   等等・・・・・

この事故がなければ、彼を頭がおかしい、と思う人もいたかもしれませんが
今、池田氏の危惧は全て的中しています。
先見の明があったというより、おそらく、本当は多くの識者が知っていることなのでしょう。

こんな記述があります。

ある程度以上の地震、あるいは津波が原発を襲い、たとえハイレベルな耐震設計による
原子炉そのものが損傷をうけなくても、複雑なシステムが破損すれば大事故につながりかねない。
冷却水システムも、そのひとつにすぎないのだ。

地震による想定外の縦揺れが発生した場合、溶接部、特に原子炉との
接合部がギロチン切断されることも、以前から専門家によって指摘されている


第2章は 日常生活は情報と化学物質で汚染される

こちらは、私が常日頃????と思っていたけれど、まさか・・・・と
思っていたことが、そのとおりだったと(少なくとも池田氏によると)肯定できる内容でした。
小さな乳幼児に、これほど異物を注ぎ込んで良いものか・・・と
素朴な疑問を持っていました。しかし、これほど異物(毒物)を注ぎ込むから
乳児死亡率が低いのだ、と言われて、しぶしぶ予防接種を受けました。
受ける受けないを選べなかったからです。
できることなら、生命に関わったり、重篤な後遺症を残す恐れのあるものだけを
選んで接種させたかったです。
これほどの、アレルギーや、大人も子供もキレやすい世の中になったのは
生まれたままの「ヒト」に何かが注ぎ込まれたからに違いないと思っていました。
育て方が悪い、食生活が悪い・・・では、説明がつきません。

???と思っても、「変わり者」と思われるかも知れないと、黙っている人が
多いのではないでしょうか?私もその一人でした。

この本はアマゾンで注文したのですが、書店で見たら、帯の過激さに
買うのをやめたかも知れません。

「日本人家畜化計画が売国奴の手で進行中」ですから・・・過激・・・

しかし、著者の池田整治氏は、愛媛県の南端、長閑な愛南町出身で
4人のお子さんへの愛情に溢れ、「日本一の夕日フォトコンテスト」で
グランプリを受賞されている、心豊かな方です。
お姿を見れば、よくわかりますよね。

p01_450.jpg

私は、この本に書かれていることだけを、鵜呑みにするつもりはありませんが
納得できる部分もたくさんありました。

詳しいことは、いろいろな方が、書評を書かれているので、そちらをご覧ください。
この記事に対するコメント

過激な本のようにみえますが
穏やかな方のようですね。

ますます、読みたくなりました。
本当に、タイムリーな情報ありがとうございました。
自分の中で、取捨選択して、読んでいきます。v-22
お店にもご来店ありがとうございました。
【2011/04/15 08:40】 URL | みけ #- [ 編集]

Re: タイトルなし
みけさん

この人のメルマガは送信できなくなっているようです。
チェーンメールでは無いのに・・・・
この期に及んでも、まだそんなことやってるんですね。

めげずにブログ書かれていますが、ここも見れなくなるかもしれません。
是非、今のうちに見てみてください。

http://www.funaiyukio.com/ikedaseiji/
【2011/04/16 00:23】 URL | メリッサ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する