メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
オーデコロンミントの正体
オーデコロンミント

私がイメージするオーデコロンミントは↑のような姿なのですが、
ネットで画像検索すると、実に様々な姿形のオーデコロンミントがあります。
昨年のNHK三越久万高原ツアーで、オーデコロンミントはどれか?というご質問をいただいてから
1年になりましたが、高橋良孝先生に直接お伺いして、心の霧が晴れました。

M  「先生、オーデコロンミントなんですが、以前はある一種類をさしていたのに
    ある時期、3,4種類の香りの良いミントの総称だったと思うのですが
    今も、その3,4種類のミントの総称なのか、それとも別に独立した
    オーデコロンミントという種類があるのですか?」

良孝先生「それはね、学術と園芸の違いだよ」

M・・・目からウロコ「ああ、チェリーセージなんかと一緒ですね!」

良孝先生「そうそう、園芸の世界で売るためにいろいろネーミングをしてきた。
     で、今は、かなり一種類に確立してきたけど、それは園芸的名称だ」

このやり取り、ジャパンハーブソサエティー総会終了後に交わされたものです。
会場に行くと、外山たら先生に、こっちこっち、と呼んでいただき
畏れ多くも、たら先生と同じ3人がけの席に着いたのですが、
その後来られた、良孝先生を、たら先生がこっちこっちと呼ばれたので
3人がけの机に、外山たら氏、高橋良孝氏、メリッサと、
とんでもないスリーショットになりました。
お二人は「顧問」私は「一会員」

ハーブ関係者は、NHKBSの園芸講座講師や、数多くの著作を持つ外山たら氏を
知らない者はいませんし、高橋良孝先生のお名前は、ほとんどのハーブ関係書に
監修者として刻まれています。

10年前・・・ご本を眺めていた頃は、まさかこんなに気楽にお話できるとは
まして、会の終了後に雑談できるようになるとは・・・思いもしませんでした。

良孝先生「何かあったら、電話しておいでよ、はい名刺」
M   「ご自宅にお電話したけど、出られませんでした」
良孝先生「携帯じゃないと・・・まあいつも話中なんだけど・・」
M   「メールさせてもらっていもいいですか?」
良孝先生「メール・・・う~ん、苦手というか、できないというか・・」
7年前に同じ会話をしたような・・・・
7年間で、ハーブや植物の研究はかなり膨大に増えておられると思うのですが
ネットやメールについては変化なし・・・・
なんだかちょっとカワイイ良孝先生、ありがとうございました。
胸のつかえが下りました。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する