メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
AED ~一人でも多くの人に明日の命を・・・
10top.jpg

先日の記事に書いたように、指導者としての活動はしていませんが
資格維持のための研修には参加しています。

前半はスポーツ障害について、日本のスポーツ医療を牽引する
スポーツドクターの村上先生と、村上整形外科の理学療法士の方のお話がありました。
選手育成をしていなくても、自分自身のことにもとても参考になりました。
体が柔らかくないと、障害が起こりやすい、というのは誰でも知っていますが
どうしてそうなるかのメカニズムのお話に、納得、継続的にストレッチをする意欲がわきました。

午後は、松山市の救急救命士の方の、心肺蘇生法の指導を受けました。
資格取得当時から定期的に研修を受けていますが、今日初めて知ったこともありました。

AEDが導入されてから、ずっとAEDの研修も受けていますが
AEDの本来の目的を知りませんでした。
もちろん知らなくても、アナウンスの通りに実施すれば、初めてAEDを見た人にも
使えるようになっています。

アナウンスに従えばいいのですが、多くの人が、心臓が止まった人に
AEDの電気ショックを行うと、心臓がびっくりして、また動き始める、と
思っておられるのではないでしょうか?実は私もそう思っていました。
そして、強い電気ショックは心臓に良いはずがないと思っていたので、謎が解けました!

AEDは「自動体外式除細動器」が正式名称ですが
心室細動を除く、という意味で、心臓が小さな痙攣をしているような状態で
血液を送り出せなくなっているときに、電気ショックによって、
細動を除く・・・つまり止めて、心肺蘇生法の効果が及ぶようにするものだそうです。
つまり、心臓をびっくりさせて動かすのではなく、止める機械なのです。
まれに、本当にびっくりして動き出すこともあるようですが・・・

でも、こんなことは知っていても知らなくてもアナウンスどおりにすればいいことですし
細動している状態以外・・・心拍があるとか、止まっている場合は作動しないそうです。
つまり、心臓のトラブルに対して、細動が起こっている場合のみ作動するので
AEDを使っても作動しないことの方が断然多いのだそうです。

いずれにしても、電気ショックボタンを押すとき以外は
心肺蘇生法・・・胸骨圧迫(心臓マッサージ)と人工呼吸(こちらは状況によってしなくてもよい)
を救急車が来るまで続ける必要があります。


取り出しただけで電源が入るタイプもありますが、そうでないものでも
見ただけで大きく表示されている電源ボタンを押すと、アナウンスが始まります。

1 電極パッドを装着してください
   パッドに絵がかかれているので間違いようがないです。
   本当は2枚を心臓をはさんでどこに貼ってもいいらしいのですが
   緊急時にどこでも、と言われるとかえって慌てるので、場所を指定しているだけだそうです。
2 コネクターを点滅しているところに挿してください。
   一目でここだな、とわかるように、見やすい場所にあり点滅しています。
   これも間違いようがないです。

3 心電図を解析中です。
    
4 「ショックは不要です」の場合は中止して心肺蘇生法を続行します。
  「ショックが必要です。」「充電中です」「患者から離れてください」

5 数秒後に充電が完了すると「ショックボタンを押してください」
   ここで、患者に誰も触れてないことを確認してからボタンを押します。

使用に関して、以下のような注意事項もあります。が、そんなことはいざというときに
一般人は対応できませんから、気にせず使ってもいいと言われていました。
患者が火傷したり、ペースメーカーが破裂したりする場合があるので、それを
避けるためだそうですが、それよりも心臓を動かす方が最優先だそうです。

「たはみペア」
た・・・体毛が濃い場合は除去(かみそりがケースに入っています)
は・・・貼り薬やマグネットなどが貼られていたら剥がす
み・・・水で濡れていたら拭く
ぺ・・・ペースメーカーが埋め込まれていたら(一目でわかります)そこをよけて貼る
あ・・・アクセサリーははずすかパッドから話す

今までは、7,8人で溺死体のような人形を囲んで、順番にちょっとずつ体験していましたが
最近は、簡単な装置で、体験ができるので、2人に1つずつで、十分な練習ができました。
救急車が来るまでの7分間、も体験しました。なかなかハードでした。
ペアになった、スイミングクラブのコーチの方、
胸骨圧迫の姿勢や角度がすごく良くて、消防関係の方ですか?と思わす訊いてしまいました。

P1080028.jpg



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する