メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
すべては自分しだい ~しあわせの隠れ場所
f7bea5babcf395031a54534969eeadfa.jpg


友人から薦められて観たのですが
すごく幸せな気分になるよ、だけの紹介でしたので
遠い過去の人ではなく、今まさに現役で活躍している人の
実話だったということは、エンディングで知りました。

現在、アメフトの全米代表として活躍中のマイケル・オアーの実話でした。
彼が、もともと持っていた、運動能力や人を大切にする心、などが
種であったとしても、暖かいベッドや美味しい食事、笑顔、など
愛情を注いだリー・アンがいて、大輪の花となったのでしょう。

何かを決めるときは、「すべて自分しだい」という言葉が印象に残りました。
こんな状況では、無理だ、と思う時も、そこからどう這い上がるかは
自分が決め、行動することなんだ、とマイケルも、りー・アンも、
自分を励ますように呟きます。
見ているうちに、人は愛によって育てられるのだということを実感して
誰かが愛してくれるのを待つのではなく、自分がもっと家族や、
周囲の人に愛情を注ごうと思いました。

スラム街で育ち、ドラッグ中毒の母から引き離されて
読み書きすらできなかったマイケルを温かく迎えたリー・アン一家に
素晴らしい幸福が訪れたように、人を生い立ちや過去で差別したり
せず、すぐに見返りのないことでも、誰かのために働くことで
しあわせになれると思いました。
まだご覧になっていらっしゃらない方には是非、お勧めです!

大阪府知事橋下徹さんの、生い立ちがとやかく言われていますが
そういうことを言う者こそ浅ましい、と父から言われたことがあります。

私が子供の頃に、所用で我が家を訪ねてきた人がありました。
母が、どうぞお入りください、と言っても、決して敷居より内に
入ろうとされないことが、とても不思議でした。
父が、折角来られたのですから、お茶を飲んで行ってください、と
声をかけ、渋るその方を招きいれたのですが、
その時の、その方の驚きと嬉しそうな顔を今も覚えています。
なぜ頑なに、外に立っておられたのか、不思議だったので
父に聞いてみると、生まれた場所が違うだけで受け入れない浅ましい人間が
多いから、遠慮されているのだ、といいました。

父は、大して出世もせず、普通のサラリーマンでしたが
晩年は、母と二人でスイミングに通ったり、旅行をしたり
平穏で楽しそうでした。93歳の天寿を全うして、眠るように天国に行きました。
私は修養が足りないので、日々悪戦苦闘していますが、抜けていく近道は
「愛」かな~と思います。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する