メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
100分で名著「武士道」 ~女性も必見!
busidou.jpg

NHK教育「100分で名著」はとてもいい番組だと思います。
名著を25分ずつの4回で解説してくれます。
私は既読本ほど、この番組の魅力を感じています。

今月は「武士道」
新渡戸稲造の名著です。
私もこのブログで幾度となく引用してきました。

今回は第2回目、切腹がテーマでした。
こういう番組の有難いところは、著書に述べられたことがらを
他の角度から、また関連する話題も含めて紹介してもらえることです。
海外からは野蛮な行為と考えられていると思いがちですが
日本を紹介した書物には、それを日本人の美学として
正しく伝えているものもあるそうです。

欧米化が進んで、個人主義が席巻していますが
かつての日本人は、名誉を重んじ、命を賭しても人を守り
個よりも全体を大切にしてきました。

その思いは、美智子皇后、紀子さまがご実家のお母様より
子育てのバイブルとして贈られて熟読された
「おさなごを発見せよ」の著者であり
自由学校を設立された羽仁もと子先生の著書にも見ることができます。

小より大へ
個別より社会へ
孤立より協力へ
家庭は簡素に社会は豊かに
人と人との繋がりによる人間への信頼


「友の会」組織で、家庭生活の大切さを伝える一方で
主婦の社会的貢献もまた、教えておられました。
「武士道」でも女の生き方が述べられています。

新渡戸は、切腹の美学を紹介した上で、些細なことでも切腹によって責任を取ることで
命が軽々しく扱われていると指摘しています。
そして、命を絶つことよりも生きることの方が厳しいときには
生きることを選ぶべきと述べています。

今、日本はリストラで「楽になろう」とする会社が増えていますが
「総力」で困難を打破していくDNAを持っているのですから、
より厳しい道でも、個々の収入を減らして、人を減らさない会社が
いずれ生き残っていくと思います。それは、ここが日本で私たちは日本人だからです。

余談ですが、私は恥ずかしながら新渡戸稲造をよく知らなかったのです。
娘が小学校2年のときに伝記を学校から借りてきていたので
その時に、初めて彼の偉大さを知りました。

メリ なんでこんな本借りてきたの?
うさぎ 良さそうやな~と思って
メリ で、読んだの?
うさぎ ちょっとだけ・・・

こりもせずに娘は「二宮金次郎」などをまた借りてきていましたが・・・・
きっと勧めてくださる、素敵な先生か図書館司書の方がおられたのでしょうね。
この記事に対するコメント

私の勤務校である国際教養大学はすべての講義が英語で行われることもあって、世界中から留学生が来ています

その留学生が必ず読まなければならない本が新渡戸の『武士道』です

『武士道』は、戦後日本の過剰な人権意識や、権利の履き違え、義務に対する忌避感などを再考するには最善のテキストだと思います

よく明治人は偉かったと言いますが、明治をつくった人々の多くは幕末の生まれ、すなわち江戸時代人です

その彼ら(下級武士)の精神の大きな部分を形成していたのは武士道だったでしょう

ところで、台湾の元総統であった李登輝氏は、「日本精神」を礼賛してやまず、日本統治時代を最大限に評価しておられます

私は数年前に台北で李登輝先生にお目にかかり、長い時間、お話をうかがったことがあります

その李登輝先生がお書きになった『武士道』の解説書は、日本人にとっても大変有益だと思います
お時間のあるときに一読をお勧めします
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4093873704/ref=dp_olp_used?ie=UTF8&condition=used
【2012/02/11 00:17】 URL | 金岡秀郎 #- [ 編集]

Re: タイトルなし
金岡秀郎先生

拙文をお読みいただき、恐縮しております。
武士道について、浅学の身でありながら、意見を述べてお恥ずかしい限りです。
先生のご講演の折にもお伺いしましたが、間違いはございませんでしょうか?

講義がすべて英語ということは、先生もご専門分野を英語で
なさっておられるのですね。

武士道は留学生はもちろんのことですが、日本の人に読んでもらいたいですね。
私も読んだからといって、何が変わったというわけではありませんが
折に触れ、思い出し襟を正します。

台湾の元総統であった李登輝氏にお会いになり、直接お話をうかがわれたとは!

> その李登輝先生がお書きになった『武士道』の解説書は、日本人にとっても大変有益だと思います
> お時間のあるときに一読をお勧めします
> http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4093873704/ref=dp_olp_used?ie=UTF8&condition=used

貴重は情報をありがとうございました。
【2012/02/11 16:35】 URL | メリッサ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する