メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
若さとは ~優しい音に包まれて・・・
10年ぶりの青木一男ギターリサイタル

私たち「子どもたちに明るい未来をNET」に惜しみない協力をしてくださっているので
名前だけですけど「後援」を、そして司会と花束受付にスタッフとして参加しました。

私は、客席で聴かせていただきました。
幕が上がって、我らが河野真紀子さんが颯爽と登場。
やっぱり美しいな~姿も声も・・・と思っていたら
いきなり、青木さんと私の関係が本名で紹介され、
そして青木さんの口から満席の市民会館に、実年齢が発表されたのでした!
ガ~~~ン。
ま、別に隠しているわけでもありませんし、実年齢を知られると
いつも、え!メリッサさん、お若い!!と驚いていただけるので
ちょっといい気分ではあります。

ま、それはさておき、手の不調を乗り越えて頑張っている姿は励みになります。
技術的には全盛期の頃には戻っていないかも知れませんが
音色はますます「優しく」なったなあ、と思いました。

ちょうど、こんな、チャラチャラしたタイトルですが
中身にはとても共感し、納得できる良書
「50歳を過ぎても30代に見える生き方」を読んだところでした。
書店でパラパラと中身を見て、とてもいい、と思ったのですが
どうしてもタイトルに引っかかって購入できませんでした。

41O5bq+jU0L__SL500_AA300_.jpg


件の「ハーブ図鑑」の購入の際に、気になっていたこちらも注文しました。
しっかりとした内容なのに、どうしてこういうチャラチャラしたタイトルなんだろう?と
思いましたが、売れることを狙う、のはもちろんだと思いますが
チャラチャラした人にこそ読んで欲しいと思われての命名だったのではないか、と
ふと思いました。
ある程度「チャラチャラしてない人」はここに書かれている内容は
既に知識として持っておられるでしょうし、実践することも難くないと思います。
著者の南雲氏は、マスコミや企業、医学界が物売りのために作り上げた情報を
「チャラチャラして、すぐに鵜呑みにする人たち」に目を覚まし、
生き方を変えるきっかけにして欲しかったのではないか、と思うのです。

実年齢より若く見えるということは、私はあまり歓迎しません。
肉体(血管年齢や、骨年齢、脳年齢など)は老化してない方がいいに決まっていますが
若く見えるということは、それ以外に、話し方、話す内容、行動の仕方など
様々な要因がひとつになって発現するわけですから
精神的、内面的に成熟していない人は若くみられます。
私は、そういう若さは好みません。

あくまでも、健康で活動的でいられるような生き方・・
南雲氏もそれを推奨されていますが、そういうものを目指したいです。
かつて、競技者生活を送っていた私が本能的に
強運動って身体に悪いのでは?と思っていたことも、すっきりと
やっぱりそうだ、と腑に落ちました。

書店でお見かけになったら、是非お手に取ってみてください。
買うのはちょっと・・・と思われる方は、是非図書館で。
無い場合はリクエストされると、入荷後一番に貸していただけますよ。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する