メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
甲斐さんのお櫃
kaiohitu.jpg

娘の「希望を入れる箱」に入れるもう一つの宝物を受け取りに
雨の久万高原へ向かいました。

甲斐工房で生まれる器は、ただ、美しいとか使いやすいとか
それだけではありません。甲斐さんご一家の汗と涙と愛がいっぱいつまっています。

汗と涙と愛は、奥様の芳子さんの3冊のエッセイにも活き活きと描かれています。
515V3Q9JYDL__SL500_AA300_.jpg41-KPNWwgTL__SL500_AA300_.jpg41T44N7YDJL__SL500_AA300_.jpg



何年か前に、ご主人の義孝さんから木地師の仕事や、木のお話
漆の塗りものがいかに良いものであるかを教えていただき感激しました。

ウルシにかぶれた経験から、ウルシ科の植物は大禁物だったのですが
漆が持つ、自然で安全な抗菌力は、夏場でもお櫃の中のご飯が腐らないどころか
炊き立ての美味しさをそのまま保ってくれるのだそうです。

最近ではほとんどのご家庭が、炊飯器からよそったご飯を食べ
残りは冷凍して、チンして召し上がっているようですね。
これからはますます食べ物が、ただ栄養素と便利さで選ばれるように
なるかもしれませんが、願わくば、娘には丁寧に炊き上げたごはんを
甲斐さんのお櫃に移してそこからよそって食べて欲しいと思います。
そしてその美味しいごはんを娘の子供たちにも。

世界には戦火の中で今日食べるものさえままならない子供たちがいる中で
こんな贅沢なこと・・・とも思いますが、
可能な限り、生まれた国の食事を大切にしてほしいとも思います。
世界中で安全や食べ物が無い子供たちがいることを
食事のたびに思い出して祈りたいと思います。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する