メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
すべての山に登れ ~バトンを繋ぐ
201205051.jpg

松山三越アトリウムコート
立錐の余地もないほどの聴衆に見守られて
松山中央高校吹奏楽部の演奏が始まりました。

娘が入学してからの2年間は、やめて行く部員も多く、冬の時代でした。
最後の年、部長となって、顧問の土居先生をお迎えし、
真っ新な気持ちで必死に背中を追いかけましたが、
夢半ばで、母校を巣立つ日がやってきました。
当初は、母校に思いを残し、毎週でも帰って来たいと言っていましたが
今は進学先で、自分の場所を見つけて頑張っています。

そんな娘に代わって、今日は後輩のみなさんの演奏を聴きにきました。
初心者も含めて55人かつかつで、コンクールに挑んだ頃から見ると
70名を超え、一人一人の技術も伸びて、眩しいくらいでした。
我が子は、そこに居なくても、母は、嬉しくて、感激して1曲終わるたびにウルウルしていました。

演奏が終わって保護者の皆さんとも感動を分かち合いました。
みなさんから、「先輩が繋いでくれたから今が有る」と言っていただきました。
皆さんが一様にそういわれるということは、日頃から、そのように話して頂いているのでしょうね。
立派な先輩だったかどうかわかりませんが、
そのように思って頂いている限り、後輩のみなさんと繋がり
また、渡したバトンをこのように見事に守り育てていただけるのでしょうね。

GWの昼下がり、買い物に来られて初めて生の吹奏楽を聴かれた方も多いことでしょう。
本当に良い機会になったことと思います。
松山中央高校吹奏楽部のみなさん、素晴らしい演奏を、ありがとうございました。


先日のミュージックポートレートで聴いた「ローズ」が、ふと心に浮かびました。

冬の最中に
冷たい雪の下に
種は太陽の愛を待ち
春には薔薇を咲かす

植物の種は冬の寒さを経験して、強く美しい芽をだします。
冬を感じさせるために、冷蔵庫にしばらく保管したりすることもあります。
人もきっと同じ、あの冬があったからこそ
元気な芽を出し、親元を離れても臆すること無く伸び伸びと自分の花を咲かせて
いるのでしょう。
70粒の種たち、顧問の土居先生や親御さんの温かい懐の中で
いっぱい苦労して、泣いて、逞しく成長して
いつか人生の花を咲かせてね、と祈りました。
アトリウムコートいっぱいに未来の大輪の花が、見えるようでした。
躓いても、転んでも、苦しくても、やめちゃダメだよ~~~

「すべての山に登れ」1部のオープニングと2部のアンコールで
とても素敵なサウンドを聴かせていただきました。
どんな困難も乗り越えて高みに登って行ってね。応援しています!!

201205053.jpg



この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/05/06 08:23】 | # [ 編集]

Re: 先生ありがとうございます!
一期生kさん

嬉しいコメントありがとうございます。
管理者のみへのコメントは、公開返信しないのがマナーなのですが、
連絡先がわからないので、差し障りのない範囲で、返信させていただきます。

メッセージ大変嬉しく拝見しました。
未熟だった私の事を、時々思い出して下さっていたなんて、
そして当時の私の言葉が、少しはお役にたっている事
お知らせ下さってありがとうございます。
素敵な思いに溢れた大人になられていて、とても嬉しいです。

こちらのブログは、私の独り言ですが、お読み下さってありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

> (追伸)…先日、中ホールにての、シュロスのコンチェルトでお見かけしたような…。

はい。行っていました。開演間に友人が、場内で、大声で私を呼んだので
いろんな人に来てたよね、と言われました(^_^;)
【2012/05/06 12:07】 URL | メリッサ #- [ 編集]


お忙しい中、ご来場いただきありがとうございました。また、いつも応援していただき、心から感謝しています。

娘さんの「あのとき」のがんばりが、私たちの「今」を創ってくれています。特に今の3年生は、そのことをよく分かってバトンを受け継ぎ、熱い心で「3年目の夏」に挑んでいます。これからも現役生と共に「未来」を創造していきたいと思います。今後もどうぞよろしくお願いします。
【2012/05/06 21:19】 URL | どいどい #.2cgsHzE [ 編集]

Re: タイトルなし
土居先生

中央高校の「関係者」であることを誇りに思える、とても素敵なステージをありがとうございました。
3年目の夏は、きっと素晴らしい夏になることでしょう。
楽しみに「追っかけ」させていただきます。

娘は、先生にご指導頂きました進学先でも皆さんに可愛がって頂いているようです。
土居先生のような先生が目標のようです。

お忙しいとは存じますが、翡翠の代の娘たちも、
教え子として末永くご指導宜しくお願い致します。
【2012/05/07 00:13】 URL | メリッサ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する