メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
15年後のタイタニック
前回のタイタニックを劇場で見られなかったので
3Dのタイタニックを劇場に観に行かれた方から、こんな感想うかがいました。

若いころに見たときは、ローズに対して、
ジャックが命を賭して守ったにもかかわらず
その後幸せに生きたことに対して、冷たい人、という印象を持っていたそうです。
ところが、年齢や人生経験を重ねて観てみると、同じストーリーですが
彼の想いを汲んで、精一杯生きたのだな、と思ったそうです。

同じ映画でも、見る人のその時の環境や年齢などで
随分違うものだな、と思いました。

私はタイタニックが公開された頃は、子育てに忙しく
恋愛映画を劇場に観に行く余裕がありませんでしたが
DVDを購入した友人から、是非観て、と貸していただき自宅で観ました。
当時の印象は、なんとなくしっくりこない、というのが正直な感想でした。

というのも、人は、教養や趣味や生活水準を超えて惹かれあうものかどうか?と
疑問に思ったのです。
確かに、火遊び的にハンサムな青年をつまみ食いする上流階級のご婦人は
いらっしゃると思いますが、生涯に渡って生き方に影響を及ぼすような
結びつきがあるのだろうか?と思いました。

おばあちゃんになったローズのシーンが長すぎるという批判もあるようです。
ローズとジャックの恋愛を見たい人にはそうかもしれませんが
私は過去に見たときも、今回改めて見たときも
このシーンがあるから、タイタニックが単なるパニック映画ではなく
映画史に残るヒット作品となったのではないかと思います。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する