メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
イチョウ ~木に宿る魂
201205131.jpg


予定していたバスツアーが参加者不足のため中止になったので
申し込みをしていた人たちと、甲斐さんの工房へ伺いました。

前回お櫃をいただいた時に、とても心惹かれたケヤキのご飯茶碗を
「希望を入れる箱」に入れるものとして購入しました。

芳子さんからいろいろお話を伺っているうちに
箱にしまうのではなく、毎日使おう、と思うようになりました。
漆で仕上げた器は、割れようが欠けようが、塗りなおして
元通りにすることが出来るのだそうです。
でもね、元通りではないのよ、と仰るのです。
使われていたご家庭で、人の手に触れ、家族の話を聞いているうちに
木は育ち、生まれた時のままの新しい器とは違うそうなのです。

あるご家族が使い古したお椀を家族4人分塗り直しされ
新品のようになったお椀を持ち帰ると、
小さな息子さんは、迷わず自分のお椀を手に取ったそうです。

大きな木の固まりから、小さなお椀を1個取るのだそうですが
木地が悪かったりヒビが入っている使えなかった部分も
取るべき「いい部分」を支えていた部分なので、
捨てたのではなく、その木の全てを使っているのと同じことなのだそうです。

そんなお話を聞かせていただいているうちに
しまいこまずに、私たちが使って、子供たちに手渡すときに
塗りなおしたらいい、と思いました。
そして、これからは、その器を伝えるのに恥ずかしくないような
生き方をしたいなと思いました。

そして驚くべきことが芳子さんの口から語られました。
前回、お櫃を受け取りに行ったときは、
雨の中、既に葉桜となっていた法蓮寺のしだれ桜を見てから伺いました。
甲斐さんの工房へよく伺っていますが、初めて立ち寄りました。
P1090387.jpg

そして、いくつか見せていただいた中から
お願いしていたサイズ、形とそれだけが、全く違うイチョウのお櫃を
いただいて帰りました。

そのイチョウは、あの法蓮寺のイチョウだったのです。
イチョウの根が重要文化財であるしだれ桜を傷めるので、
ご住職は泣く泣く切られたそうです。
そして、できるだけ地元の人に生かして欲しいと
甲斐さんのところに持ち込まれたのだそうです。
普段甲斐さんが買われている木よりかなり高価だったそうですが
住職の思いを受け止めて、あのお櫃と、お寺に奉納する鉢を作られたのだそうです。

イチョウの木は水分を多く含むため、火災でも燃えにくいことから
お寺などは、境内の隅に植えて、外からの火災や、自らの火災の延焼を防ぐための
「守り神」にしているそうなのです。

しだれ桜のいわれを読もうと近づいた看板の傍、祠の裏にその切り株はありました。
切られた切り株に新芽が出て新しい命の息吹に心震えました。
そのイチョウだったのです。

私が選んだのではなく、イチョウの木が、
私が持ち帰ることを許してくれたのに違いありません。

我々は、傲慢にも人間だけが意識を持ち魂を持っていると思いがちですが、
野に咲く花や虫や木にもそれぞれの魂が
きっと存在しているに違いないと、そう思える出来事でした。




この記事に対するコメント
木に宿る魂
私もいつか欲しいと思っていた塗りの重箱とお椀を購入しましたが、
結局、ほとんど使わないまま、乾燥の激しいモスクワにはもってこれませんでした。
帰国の折はしっかり使って、あの柔らかい感触を常時味わってみようとおもいます。
【2012/05/17 16:00】 URL | あかもんざか #- [ 編集]

Re: 木に宿る魂
あかもんざかさま

モスクワって、雪に埋れて湿気ているのかと思っていました(^◇^;)
甲斐さんによると軽くて割れにくいので海外に持って行く人も
多いとか。場所によるのですね。
ご帰国、いろいろと楽しみですね。
わたしは、明後日から東京です!
【2012/05/17 22:08】 URL | メリッサ #- [ 編集]

木に宿る魂
今日はモスクワは16度から22度でした。
窓を空けると綿毛が入るためいつも締め切ってます。
只今、時間は7時PM .部屋の中は28度。
私の部屋はクーラーがないので、長くいると軽い熱中症になります。
東京も暑いのでは?。
熱中症に気つけて楽しんできてください。(お仕事ならお疲れが出ませんように。)
【2012/05/17 23:44】 URL | あかもんざか #- [ 編集]

Re: 木に宿る魂
あかもんざかさま

モスクワは夏の気候なのですね。
こちらも例年なら、真夏のように暑い日があってもいいのですが
朝夕は涼しく、日中も暑いほどではありません。

既にご存じと思いますが、大規模な竜巻が起こったり
大きな雹が降ったりと、映画「The Day After Tomorrow」を彷彿とさせられます。

東京は、初日と三日目が会議で座っているだけ
二日目もセミナーで座っているだけ、夜、懇親会の出張ですが
遠出も主婦にとっては家事から解放されるので、気楽です。
【2012/05/18 01:27】 URL | メリッサ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する