メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
その木戸を通って
その木戸を通って

佐々部監督の応援ボードに時々お邪魔しています。
監督のお薦め映画コーナーで紹介されていたこの映画を見ました。

気に入った映画は、なるべく原作を読むようにしているのですが
原作者が「山本周五郎」・・・守備範囲ではありません・・・
ただ、今回、みなさんにお薦めしようと思ってもう一度見てみると
「原作はどう表現しているのだろう?」と気になる部分があり
やっと、原作を読みました。
短編ですので、あっという間に読めました。

映画と原作については、MIEXさんのページなどで、ずいぶん語り尽くしたので
いまさら、また新たな意見もありませんが
佐々部監督は、原作者に敬意をこめて、あまり勝手に変えないと
言われていました。映画から感じる誠実さそのもののお考えでした。

この、「その木戸を通って」はストーリーの細かいことを
あまり気にしなくても、卓越した映像の美しさや
登場人物のふとしたコミカルな演技にぐいっと、引き込まれます。
一度目は、そんな美しさ、面白さ、不思議さに満足しました。
もう一度見ると、実話ではないのに、ふさの行方について
あれこれ推測したくなってきました。

まだご覧になってない方のために、あまり核心的な話題は避けますが
個人的には、映画の方が、ふさの消息に関しては絶望的な感じがしました。
原作は、至近の状況で終わります。
時間的に希望が持てる・・・そんな終わり方でした。

私は「映画と原作」についてオタッキーなところがあるので
あれこれ書きましたが、みなさん、是非、あの美しい竹林や
松山城にとてもよく似た彦根城など、是非是非お楽しみください。
中井喜一や、岸田今日子の、シリアスな中にキラリと光る
コミカルな演技が、極上のスパイスのようにちりばめられています。
今年は、まだあまり映画を見ていませんが、きっとベスト3に入ると
思います!

その木戸を通って 公式サイト
当時、チーフ助監督だった、佐々部監督の舞台挨拶

この記事に対するコメント

お薦めの通り、とても美しく素晴らしい作品でした。

映像の美しさ、特に光の使い方が大好きでした。
ミステリアスで少し緊張感のあるストーリー、
漂う柔らかな空気、とても不思議な気持ちになりました。

原作は読んでいませんが、私はふさのその後には
絶望感は感じませんでしたが、ご覧になった方によって
様々かもしれませんね。

つい最近、彦根城を堪能したばかりでしたので
そのあたりも楽しむことができました。

ずっと印象に残る作品になりますね♪
ご紹介 ありがとうございました。
【2009/08/05 18:06】 URL | yumiko #iQjsIEzE [ 編集]

Re: タイトルなし

> 映像の美しさ、特に光の使い方が大好きでした。
> ミステリアスで少し緊張感のあるストーリー、
> 漂う柔らかな空気、とても不思議な気持ちになりました。

さすが、うまいですね。
私もそう感じたのですが、あんなにダラダラとして書けなくて・・・
>
> 原作は読んでいませんが、私はふさのその後には
> 絶望感は感じませんでしたが、ご覧になった方によって
> 様々かもしれませんね。

私も映画だけを見たときは希望を持ちました。
原作と比べると、とにかく不在の期間が全く違って・・・
後から、ああ、映画の方が可能性、低いな、と思った次第です。

原作、ポストに入れておきましょうか?
短編なのですぐ読めます。

> つい最近、彦根城を堪能したばかりでしたので
> そのあたりも楽しむことができました。

最初、松山城でロケしたのかと思いました。
似てませんか?
【2009/08/05 20:37】 URL | メリッサ #- [ 編集]

読んでみます
原作、興味ありますね。
ついでの時で構いませんから、読んでみたいと思います。

彦根城、確かに松山城に似ています。
つつましやかな天守閣もそうですが、
昔のまま現存している櫓、登り石垣など・・・
だからかな?
彦根城 とても居心地がよかったのです。

最近、歴女入門(爆)してまして・・・
司馬遼太郎さんの本を片手に、歴史探訪にはまってます。
【2009/08/06 10:13】 URL | yumiko #iQjsIEzE [ 編集]

Re: 読んでみます
はい、では、ワンと一緒に持っていきますね。

> 最近、歴女入門(爆)してまして・・・
> 司馬遼太郎さんの本を片手に、歴史探訪にはまってます。

私は人麻呂の暗号にはまりまくっています(笑)
【2009/08/07 00:36】 URL | メリッサ #- [ 編集]

読みました!
早速、読んでみました。

原作読むと・・・
確かに、時間的に希望が持てますね。
でも、映画の印象が強かったせいか、
結局は、同じ場面に行き着くんだろうな~って思いました。

山本周五郎、お初(多分)でしたが、
他の短編もふわんとして不思議で、
過ぎしものに気持ちめぐらせるものが多く
結構好きかもしれません。

しかし、ワンコと一緒とはいえ・・・夜分の散歩はお気をつけて。。。
【2009/08/12 22:23】 URL | yumiko #iQjsIEzE [ 編集]

Re: 読みました!
ね、不在の期間、違うでしょ?
佐々部監督によると、1966年に仲代達矢さんと新珠三千代さん主演で放映された
「その木戸を通って」は原作に忠実だったようです。
参考にご覧になったそうです。

市川監督が、「時期」を変えた意図が、今はもう、ご本人に尋ねることが
できないので残念ですね。
大画面で見たいなあと思いますが、シネマサンシャインの映画祭にリクエスト
してみませんか?

お宅の、いつもおとなしいワンコ・・・ものすごく勇敢でしたよ。
怖かった~
【2009/08/14 17:46】 URL | メリッサ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する