メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
「どうせ」な人は出会えない ~金環日食
201205212kinnkann.jpg

午前7時前 まずは観測スポットを見つけておこうと、
ホテルのエレベーターに乗りました。
朝食のために同乗した中年の女性たちは
「どうせ」天気が悪いから見えない
「どうせ」TVでやるからそれを見ればいい、
と話していました。

ホテルの前には東の方向、駅舎が太陽を隠すように存在していて
見えそうにありません。
駅前をウロウロ歩いて、電話ボックスの横にベストポジションを見つけ
ホテルに戻りました。
その時点では、まだ太陽は雲の中でした。

午前7時20分、再び目星をつけた場所に行ってみると
ちょど雲が切れて欠けていく太陽を、銀座で購入した日食グラスで
見ることができました。
テレビで、過去や他の地方の同じシーンを何度も観ていましたが
それとは全く違うワクワク感が胸の底から湧きあがってきました。
今日のこの太陽を見て、宇宙や天体に興味を持って研究者になる
子どもたちもいるのだろうなと思いました。

電話ボックスの反対側では、会社と学校へ向かうお父さんと高校生くらいの
娘さんが、1つの日食グラスを交互に覗いていました。
こういうワクワクを父娘で楽しめる関係っていいですね。
背後でカシャカシャとシャッター音がするので振り返ってみると
数名の通勤途中のサラリーマン風の方が携帯で撮影していました。

厚い雲に覆われてくると日食グラスでは見えなくなりました。
外してみると、雲が日食グラスの代わりとなって、
肉眼でもくっきりと見え、写真に残すことができました。

ホテルに戻るとホテル前でも沢山の人が日食グラスを片手に
金環を過ぎた太陽を名残惜しそうに眺めていました。

昇りエレベーターでは、私より少し年長の女性が声をかけてくださいました。
日食グラスとデジカメを持った私に「どうせ」ではない共通項を見つけて
くださったのでしょうね。その方は金環日食を見るために
新潟から泊りがけで来られていたのだそうです。

ホテル前で隣にいた感じのいい若い女性にデジカメの写真をお見せしたのですが
この女性とその後、ロビーで再会し、(同じホテルに泊まっているので当たり前ですが)
彼女から、彼女が撮った写真をメールで送っていただきました。
それがこちら。
IMG_1837.jpg

「どうせ」の人と「どうせ」でない人、たった一言ですが
長い人生、随分違うように思います。

私は金環日食を見に上京したわけではないので
ジャパンハーブソサエティー総会にもちゃんと出席しましたよ。
石原憲一郎新理事長と、四国高知、香川、愛媛の支部長で写真を撮りました。

201205211.jpg

徳島には支部も会員もいませんが、四国で協力して頑張ろうね、と励ましあいました。
香川支部宮本支部長は、前日まで行われていた国際バラとガーデニングショウで
宮本さんが植栽したチームが大賞を受賞しました。お仲間の快挙、嬉しいですね。
園芸家 吉谷桂子さんのブログでも紹介されています。
92b06f19-s.jpg


この記事に対するコメント

素晴らしい雲のグラスの金環日食日食を観させて頂きました。

金環フィーバァーはこの地では程遠い感じですが、

テレビの画面にドンドン映し出されるのを観るとやっぱりいいな~~って思いました。
【2012/05/22 19:09】 URL | あかもんざか #- [ 編集]

Re: タイトルなし
あかもんざかさま

きれいな金環になった時は本当に感激しました。
お金をかけて宇宙旅行に行く楽しみの傍らで、空を見上げて
これほどまでに心満たされる楽しみもあることをしみじみ感じました。
次は300年後とか・・・・
どんな姿で見上げているのかな~と想像しています。(笑)
【2012/05/23 00:10】 URL | メリッサ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する