メリッサの庭から
大好きなハーブを中心に人、音楽、映画、本、食べ物など出会いの感動を・・・
草風 ~くさかぜ  自分を磨く力
kuksakaze.jpg

ハーブ教室にお越しになっている生徒さんから宿題をいただいていました。

看護学生の臨地実習指導をなさっているそうですが
学生さんに贈るメッセージを通信のような形で発行されるそうです。
私にちなんで、あるタイトルを使っていいか、と打診いただきました。

それは、私の個人情報に関わるものなので
ちょっと・・・ということで、草風なんか、どう?と提案さえてもらいました。

有難いことに私のハーブ教室で学んだことが、一つにきっかけになったそうで
なんと、タイトルをペン書きでいいので、私の自筆で、
と言ってくださったのですが・・・え~下手くそだし、無理~ 
ということで、友人に何人か書家の方がいるので頼んでみる、
とお返事したのですが、どうも下手でも私の書いたものがいいそうなのです。

何て嬉しいお話でしょう!気持ちは・・・でも、人様に見ていただけるような
文字は書けそうにありません。
しばらく練習の時間をください、といいつつ練習もせずそのままになっていました。

彼女から、できましたか?とメールをいただいて慌てて書いてみました。
下手な字を隠すために、草に葉っぱを突き刺しちゃおう!と思いつき
さっと書いてみました。それを元に何度か書いてみたのですが
結局、最初にささっと書いたのが一番マシ。
下書きのつもりだったので、「工事のお知らせ」のチラシの裏でしたが
どうにか裏写りもなく、スキャンしてお送りしました。

振り返れば、私の言葉足らずから、彼女をがっかりさせたことが
何度かありました。
そのまま疎遠になる人も多いと思いますが、お互いに行き違いを埋め
歩み寄る努力をし、こうして草風という一つの言葉にたどり着いたことを
思うと、世に数多ある啓発本に書かれている、合理的なことが
全てではないな、と思います。

7つの習慣というベストセラーの中に
「刃を研ぐ 自分を磨く力」という小冊子があります。
そこに「インサイド・アウト」という言葉が紹介されています。

hasotogu.jpg


誰かと信頼関係を築きたいのであれば、人に原因を求める
(アウトサイド・イン)のではなく
まず自分自身が信頼される人間になること。

私はまだまだですが、人間関係の貯金をマイナスにしない、という
わかりやすい言葉が励みになっています。
一時的にマイナスになっても、頑張ってプラスにする。

本当にまだまだですが、この「草風」は私にとっても大事なものになりました。
へたっぴぃですが・・・

彼女から届いた「草風」通信。
専門的で私には難しいところもありますが、「学生は未来からの留学生」
と考える彼女の熱い思いに溢れていました。
若い学生にちょっと難しすぎたかも・・・と言われていましたが
私はこれでいい、と思うのです。
学生と同じレベルで話をするのは、「先達」として、意味が無いと思うのです。
指導者としての今の姿を、こういう形で伝えるというのは
とても良いことだと思いました。
教えることは、今の対象者に必要なことや理解できることを。
そして、伝えるメッセージや「見せる姿」は、指導者の今、精一杯の姿を、とそう思います。
若い人たちが、成長していく中で、悩んだり、立ち止まったりしたときに
いつか見た言葉や先輩の姿を思い出し、励みになる日がきっと来ると思います。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
愛媛県松山市のハーブ大好き
メリッサの庭へようこそ!
春から晩秋まではこんな庭です。
メリッサへのご連絡はmelissa.herb.82@gmail.com まで!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する